ブログを毎日書いてる一方でしてなかったコト。

20140228-223530.jpg

2月も最終日。
この後のなごり雪にももちろん覚悟はあるけど
終わってみれば、ほんと雪の少なかった(ここ庄内の)冬。
3月、明日からは春を迎える準備をしなければと思っています。

さて、今月もブログを毎日書くコトができました。
ちょっとまだ、「その日投稿」の調整が出来ていませんが、
3月からは定時投稿にしていきたいと思っています。

ブログを毎日書いていた一方で、
実は出来ていなかったコトがあります。
それは日々の出納管理と、日記(手書きの)です。

出納管理については、
言い訳からすると、それ用(今年)の手帳を用意していない。
去年まで、週間で管理していましたが、
今年はマンスリーのでしたいと思ってて、それを買っていない。
日記につかっているMDダイアリーのマンスリーページが
空いているんですが、なんかそれには使いたくない…

去年、奥様にマンスリーページのみの手帳を一冊
買ってあげたんですが、それを家計簿に使ってて、
その使い方がいいなって思ってて。
結局月締めですしね、お金関係は(給料日の関係)。

そのうちマンスリーの手帳買うだろう…
と思いながら2月終わりました。

続いて日記(MDダイアリー)。

ブログが日記といえばそうなんだけど、
日記ってオープンなモノじゃないですからね…
日記にしか書けないコトってやっぱりありますから、
それをまるっきり書いていませんね。
数えたら、2ヶ月の間で15日分しか書いていません。
これはいけませんね。
明日、3月から修正しないといけません。

さっき3月は春を迎える準備って書きましたが、
年度末ですからね、「仕事の年末」でもあります。

しっかり締めくくらなければなりません。

その覚悟は、しっかりありますから。
ただ、ただね…とにかくがむしゃらに!みたいなのって
もう違うんじゃないか?って思うんですよね。

これからの時流の遮二無二で、行きたい覚悟…

あれあれ、そんな話じゃなかったはずがw

広告

トラベラーズノートを整えた。

20140227-230539.jpg

整えたんですけどね。
まずどういう状態だったか?という話ですが、
もともと去年まで、
「超」整理手帳のシートをトラベラーズノートカバーに挟む
「超」トラベラーズ手帳としての使い方でしたから、
それが今年から挟む手帳が
リドミニプランナーに変わっただけのはずでした。

はずでしたが、先日クラッチバッグを手に入れてから
事情が変わってしまったのです。

リドを挟むというか、入れるモノが
トラベラーズノートからクラッチバッグになってしまい、
トラベラーズの役割がいまいちなくなってしまったのです。

ロディアのノートも、
クラッチバッグにはブロックメモを入れてみたら
そっちのが良くなってしまったのです…

移り気の激しさといったら相変わらずです…w

ただ、トラベラーズに挟むモノが他にもあるわけで、
それらがとっちらかっていたので今回整えたのです。

それはPTAとか学校関係の案内文書、
仕事関係もですがA4サイズのプリント物です。

それらには主に開催日時が書いてあって、
それっていうのは手帳に記しているわけなんですが、
用事が済むまでは一応持っているわけです。

だいたい学校からは、
A4のが三つ折りで届く(封筒に入ってくる)ので
そのまま挟めるトラベラーズは重宝するんですよね。

重宝というか、ぼんぼん挟んじゃう…w

以前加工した、インデックス付の
クリアフォルダーをしっかり使えば分別もできるし、
まずはトラベラーズノートの役割は、
何かを記録するモノというより、
まだ手持ちしていないといけないモノを挟むモノ、
なのかなと。

トラベラーズノート純正のジッパーポケットも
入れておきたいモノとかありますしね。
煩雑になりそうなモノを「ポケット一つ原則」として
トラベラーズに一極集中させるといったとこでしょうか。
そうすればカバンの中も片付くはず。

メイン手帳、リド ミニプランナーが
とにかく小さくて薄いもんだから、
余計なモノを挟んだりしたくない、
その余計なモノを、
トラベラーズさん、よろしくお願いしますw

平成26年度のサードプレイスと任務。

今週のスクールバンドは、
水木金と朝練だけの参加です。
木曜日の授業に参加できないのが残念ですが、
卒業式に向けて曲を仕上げるのが優先、
自分に課せられたのは朝のトレーニング、
まずはそこの型を作らねば。

正直まだ方向性定まっていないんですね。

卒業式が終わって、
少しみんなにも余裕が出てきたら始められるように
準備していかなければならなりません。
そんな探ってる感じの朝練がしばし続くかと。

あ、あと卒業式終わったら、というか新年度に入ったら
音楽鑑賞会したいなと思っています。
考えただけでワクワクしますねw
バンドとか、金管楽器の格好良さを
存分に味わってもらうための音楽鑑賞会を準備しますよ!
もちろんどっぷり自分の好きな世界に入り込むというww
楽しいですねw

一方で、今週は閉校記念事業の委員会もありました。
記念式典、記念誌、記念品といった内容を
部会に分けて準備が進められています。
まだ大枠予算決めなんで、全体でコトが進んでいますが
新年度に入ったら、より具体的に進んでいきます。

学校と地域住民が一緒になって取り組むプロジェクトです。

そこでの自分はというと、
現役PTAの代表という立場でもあり、
全体仕切りの「副」な役職でありまして、
で、実際のところ学校主体で進めてもらっているので
正直、非常に中途半端なポジションで…
特にやるコトなかったりしますよ。

それも今のところの話だとは思いますが、
一応の自分の立場を踏まえたうえで、
それぞれ部会の会議に顔出したり、
会議では必ず何か意見質問するようにしております。

スクールバンド、閉校事業、そして通常のPTA。

これらは、今の、来年度の自分にとっての
サードプレイスになるでしょう。

仕事と家庭の次にくる場、サードプレイス。
本当は、そこは朝活だと思っていましたが、
来年度はとにかく学校関係ですね。
そのサードプレイスの中を一環させるための活動が、

<閉校記念事業でのスクールバンド父兄合同演奏>

これを成し遂げるコトを、
平成26年度 自分への大きな任務として課していきます。

ウルフルズ復活

main

朝一番に飛び込んできたニュースに
ヤッサヤッサ!した一日でした…w

4年半ぶりの復活というコトで、
中途半端なブランク(期間自体)だったなぁ…なんて思いつつも、
早いに越したことはないとも思うわけです。

ウルフルズに関して言えば、
復活とか再結成とか、前提とはいいませんけど、
もちろんあるだろうなっていう解散でしたから、あとはタイミング…
ていうか、キーマンのキモチ次第でしたでしょうから。

またやりたくなったんでしょうから、
そのキモチの変化が素直にうれしいです。

今、音楽業界は(いちいち経済話に持っていくのもなんですが…)、
CDを作って売るより、ライブで全国旅したほうが儲かるそうです。
(儲からなきゃ続かないんだから、もちろん儲けてほしい。)

ここにも、
世の中がモノからコトへの移り変わっているのを感じます。

でもなんかそれって、
以前に戻っているという現象にも見えます。
よく言う、「あの頃は良かったよね」という時代に、
逆戻りという言葉は使いたくありませんが、
あの頃楽しんでいた価値観に、もう一度触れられるっていう
ドキドキ、ワクワク感が得るコトができますよね。

“あの頃”を経験している人たちを喚起する、今はその手しかない、
それが、一番の活性化なんだと思います。

カバー作品しか売れないとか、
再結成がビジネス的に成功するとか、そういうコトですよね。

だからですね…ウルフルズ、やりましょうよw
まだ再結成してないバンド、やりましょうよ。

ウルフルズのアンコール定番曲「いい女」
ステージを去るトータスを何度も呼び戻すお決まり。
ギター、ウルフルケイスケが観客に呼びかける…

 トータスに会いたいか!?
 俺らに(トータス他メンバーバンドに)、力を貸してくれ!!

今、みんなの力が必要なんだと思います(世の中に)。

“なんちゃって経済アナリスト”みたくなってるけど、
そうじゃなくても、素直にうれしいウルフルズの復活です。

娘の、というか家族揃ってのライブ初体験は、
絶対にウルフルズ!って思っていました。
今年、それが叶いそうです。

ウルフルズ

iPad miniのアイコンを整えた。

20140225-063154.jpg

ちょうど、iOS7.0.6のアプデもあったので、
それも済ませました。

ページ数って言っていいんでしたっけ?
それが現状3ページ使っています。
ただ、1ページにフルフルに並べていないので
実質2ページに全部並ぶくらいのアイコン(アプリ)
しかありません。

特に1ページ目は3段に収めました。

たぶんプロパーで使っているのはこのくらいなんじゃ?
と思っていますし、とにかく全部並べたくない。
iPhoneのも、上から3段しか使っていません。
(未だに一段少ないiPhone4ですが…)

毎日スライドせずに操作するのを理想、としたとき
たぶんこれらがあれば十分か?というのが
1ページ目においてあります。

2ページ目は、たまに使っているモノ。
3ページ目は、たしか使ってないモノ…といった感じ。

1ページ目には、もう一段は並べてもいいと思っていて、
2ページ目で思ったより使っているモノ、
もしくはもっと有効に使うべきアプリ
を移動できる余力を持たせています。

3ページ目は、もし本当に使っていなかったら
アプリ削除してもいいというレベル。
そんなに容量上、場所とってるものでもないから
いちいち削除する行為のほうが面倒なコトかもしれませんが
落としたアプリはクラウドにも残っているわけだし、
とにかく少ないアイコン、少ないページ数に収めて
少ない操作数でガジェットを使っていたいと思っています。

なんかそれってガジェットの機能を
引き出していない使い方と言えますけどね…。

よく、「全然使いこなせていなくて」とおっしゃる方いますが
(昔からパソコンとかの話でも)、そんなもんだと思います。
脳みそだって、ほとんど使わず死んじゃうわけでしょ。

フルに活かそうと思わずに、
自分の信じた使い道を、
極めなくてもいいとも思っていますが、
突き詰めていくような使い方のほうがいいんじゃないか?
と思っています。

今日のお昼、“仕事のお相手”(ざっくり…)と
ガジェットやら手帳談義になってとても楽しい時間を過ごしました。
その方は青山にオフィスを構え、実質個人事業主さんで、
話のなかでワークスタイルの話もたくさんしたんですけど、
タブレットや、それからクラウドの利用に
ちょっと二の足を踏んでおられるようでした。
(お年は自分よりけっこう上なんですけど)

かなり熱心に、iPadとGmailの利用をオススメしましたw
春に向けて、何か変えていこうかなと仰っていました。

自分も、iPadの使い方とか
少し落ち着いてしまった感があるので、
シンプルに、スマートに使いたいという一方で、
“新しい画期的”も探し当てたいと思ったのでした。

いろいろで楽しむ。

20140224-063637.jpg

そういえば、デロンギの使用感のコトとか
全然レポートしてなかったかもしれませんね。

いずれしたいと思っていますが、言えるコトは
以前よりコーヒーを美味しく飲んでいるというコトです。

それを安易にメーカーのおかげ、とするのは
ちょっと違うんだと思っています。
メーカーを替えるコトで、
豆も美味しいのを求めるようになったからです。

何にしろ、デロンギのおかげではあります。

さて、今日はお店で美味しい珈琲を飲みながら、
いろいろと珈琲談義させていただきました。
聞けば聞くほど、(自分の性格上)深みにはまりそうなんですが
正直まだそこにいかないようにと思っています。

すっごい美味しい珈琲は、お店で飲みたいからです。

究極、個人でも自宅で
珈琲をすっごく美味しく飲めると思っていますが、
今は自宅で自分でドリップするほど
時間に余裕を持てていないし、
そういうのを楽しむのは、
もっと年とってからでいいと思っています。

自宅でそこそこ、というレベルを今は楽しみたいのです。

最近コンビニのは飲まなくなっていますが、
それでさえ、飲んでいたいと思っていますし、
コーヒーチェーン店のも、それはそれで楽しみたい。

頑固にこれじゃなきゃだめ!に、今はなりたくないのです。

美味しいお店で美味しいって思えるのには、
コンビニコーヒーの存在も必要だと思うわけです。

さてさて、そんな“自宅でのそこそこ”にも
バリエーションを楽しみたいと思い、
金属フィルターではなくペーパーフィルターにしてみたり、
豆の種類もいくつか楽しんでみたりしてみます(今後)。

フィルター替えるだけでも全然違うという、
珈琲って面白いですね。

街に何か新しいお店がやってくる。

前日に、facebookのメッセージで、
どこどこ(住む街市内)に新しくできるのって何?
という、“教えてメッセージ”?が入っていました。

そういうのは、職業柄よく聞かれるコトが多いですし、
自分もそういう情報集めるのは好きでいます。
うん、やっぱり仕事だからでしょう、
それは職務として情報を集めています。

その問いかけの内容については自分もわからなくて、
場所すらどこのこと言ってるんだろう?というような話でした。
その後場所は認識できたのですが、
やはりそこに何ができるのか?建設中なのか?
は、自分もだし職場内でもわかる人はいませんでした。

あ、何ができるの?というのは、
“何のお店ができるの”?というコトのだいたいです。

土曜だったので朝活を終えてから、
その場所に行き何ができるのかはすぐに確認でき、
メッセージをもらった方にすぐさま返事もしました。

逆に教えてもらわなければ、
その情報を知らないでいたと思うので
こちらのほうがありがたかったです。

自分の住む街に何(どんな新しいお店)ができるか。

そのコトに、単なる地域住民として喜ぶときもありますが、
けっこうな場合で怯えているんです、オーバーな言い方ですが。

街にある、既存のお店が新しくなる、大きくなる
までの話なら、お~景気のいい話だな~で済みますが
新しいお店の出現というのは、
商業、小売業、流通業者(どれも同じだが)にとっては
手放しに喜べる話でもないのです。(と私は思っています。)

お店を出すほうは、少なからず
その街での商売の可能性を感じているわけで、
または、その街にすでにある“お買い上げ”を
奪うためにやってくるわけです。

そして、私らのような小さな地方都市では
住む人が増えているわけでもなく。

だから、シェアという言葉がよく使われますが、
今ある状態から、どんどん奪われてしまうわけです。
いえ、必ずというわけではありません、
新しいお店が必ずしも良い店、
住む街の人たちに受け入れられるとは限りませんから。

でも奪う可能性のあるお店が来るということに、
私はいつもびくびくしているのかもしれません。
(いやしているんですけどちょっと客観視)

そう言う自分自身の仕事も、
街に新しいモノを根付かせるためのお手伝いです。
市場を変える仕事でもあります。

でもどうやったら、いろんなモノが共存共栄できるか?

それをイメージしています。
おどおどしながら、びくびくしながらも、いつも
どうしたら楽しくなるかな?豊かになるかな?
って考えています。

そうやって、これからも
街の移り変わりを見ていたいです。