リド ミニプランナーの使い方 01

20140202-234510.jpg

さて2月。

今月は手帳ネタをしっかり書いていこうと思います。
今年も一ヶ月が経過し、手帳も一ヶ月使ってみたわけですから、
ここでチェックしておく必要があると思います。

特に今年から初めて使用している「リドミニプランナー」は、
まるで記入方法が定まっていませんw
そんなもんでしょう、そんな私の使い方ですが
もしかしたら誰かのためになるかもしれないので
この使い出しの自分の手帳の姿を、
出来るだけレポートしていきたいと思います。

このブログへの検索ワードも多いんですよね「リド」。
私も購入する際、いくつかのブログを拝見しましたけど、
まだまだ情報源が少ないなと思っていました。
何か自分が、情報源になれればなとも思っています。

さて、今日は時間軸についてコメントしておきたいと思います。

見開いて、左右に一本の帯のように
一日一日があるわけなんですけど、
そこに時間軸(数字表記)が7時~19時まであるんですね。
あるんですねっていうか19時までしかないんですよ。

自分は、シフト制勤務で、具体的に言うと
早番[9:00→17:30]と、
遅番[12:15→20:45](こまいでしょ)の二つがあるんです。
仕事じゃなくても夜の予定ってありますし、
でも仕事終業時刻までは記入欄欲しかったわけなんです。

だったので、
当初はこの時間軸は無視しようと思っていました。
上に書いてある数字を無視しちゃって、
一日を午前・午後・夜の3ブロックにわけて使おう。
以前使っていた「超」整理手帳でも、大して広くないスペースを、
午前・午後・夜の3つにわけて書いていましたから問題ないだろう…
と思っていたんですね。

それや、例えばスケジュールは右ページだけに書くコトにして
左ページはプロジェクトの工程管理的なものにしよう、とか。
当初は、この手帳が持っている枠に収まらないように使おう、
と思っていたんですね。最初っから崩していこうと。

と思っていたんですが、初めて使う手帳だし、
まずは用意されているように使ってみよう!と思い直したのでした。

考えてみれば、遅番の日というのは
単に夜職場内にいなければならない日であり、
それ以上(アポ入れたり外出したり)の予定はまずない
というコトなんで、19時以降のスペースはなくてもいいコトに
気づかされた?というコトでございます。

ドイツの手帳ですから。

ドイツの人は残業とかしないそうですね。
このリドミニプランナーを使うコトで、
ドイツ人の働き方も習慣づけられたら…
そう、まじめに思っていますよ。

広告

投稿者:

kortermonooto

山形県鶴岡市に住むビジネスマンの好きなモノと音楽のコト。

One thought on “リド ミニプランナーの使い方 01”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中