春のリニューアル、もといリフォーム。

一応春なんで、またリビングの模様替えをイメージしています。
(外は冬景色ですけど、もう3月ですから)

本屋行ってはイメージを求めて雑誌を見るわけですが、
どうしても目が行ってしまうのは、まず
【ナチュラル系】なイメージなモノ。
それというのは、白の基調と木の材質が
組み合わさっていて、小物なども同様“素地な”感じ。

もう一つ目が行くのが、【古民家】なモノ。
これに関しては後述します。

また、【お店やカフェの内装】が見れる雑誌。
この3つをいつもイメージしているんです。

実際、自分の家は古民家なので、
何かリフォームを考えたとき、
避けて通れないのが「家が古い」というコト。
もうこれはどうしようもないことなんですが、
その古い家を、これまでもちょこちょこと
前の世代の方々がいじっておられるわけです。
そこんところに、古民家に合わない要素も
組み合わさってきて今の我が家があります。

今の自分なんかからすると、
(子供の頃はそうは思っていませんでしたが)
どうせなら古いまんま残ってくれていれば良かったのに…
と思ってしまうわけです。
あちこちがちぐはぐなんですよね。

そこに、自分達でDIYでやるならイメージしやすい、
ナチュラルテイストというのが、どうも(イメージ上)
組み合わせるコトができないでいます。

実際自分らも、この居間の床を、
比較的最近に張り替えましたけど、そのとき
材料を無料で入手できたのでそれにしたんですが、
けっこう明るめの木目フローリングでして、
それが古くからある戸板(こういうのって漆塗り?)と
イメージ合ってなかったりするわけです。

とても気に入っている北欧系の大柄のカーテンも、その
古い戸板のある箇所とは一緒の視界に入らないので、
同時には見えないんですけど
お部屋全体のコーディネイトが出来ていないとか、
とにかくこの「ちぐはぐ感」を解消していくのが、
次にやらなければならないリフォームのテーマだと思います。

あと、しばらく雪だったからしのげましたけど、
雨漏りするところがあるのでそれはリフォーム以前の話。

それと照明。これはライティングレール張り巡らしたい。
これはどっちかというと部屋というよりお店のようにしたい。

とにかく問題は、一部むき出しになっている古い戸板だな。
それがないと古民家要素はまるでなくなってしまいますけどね。

でもなんか、
今こうして書いてみたら整理がついたぞ、イメージの。

リフォームじゃないな、やっぱり。
仕事で得意のリニューアルをしようw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中