月別アーカイブ: 2014年4月

4月を終えて。

さて、4月30日分の投稿です。

実は5日分くらいたまったのを
このあいだの休日につらつら書き上げて、
ここ3日くらいで一日2本づつとか上げてました。
これ書いている今日現在、5月に食い込んでますので
まだ貯金のような?違うな、借金返済のような
投稿をしなければw

4月の最終日分のは、
4月を振り返った内容にしたいなと思い、書きます。

4月、年度のスタート。
一年なら3分の1が消化、新年度も1ヶ月が終わり。

ぼーっとしてるとどんどん一日一日が経過しますね。

手帳を見て振り返ると
結構ハードな一ヶ月だったと思う反面、
手帳はずいぶん整然とした感じ…そんなふうに
ハードな日々をすんなり出来ていた?
のならいいのですが。
もちろんそうでもなかったわけです。

自分の納得のいく仕事っぷり、生活っぷりには
まだまだ程遠いですが、
でも出来てきているコトもしっかりあるし、
「程遠い」の程というレベルを
どんどん自分で上げていくのが理想なのでは?
と思っています。

4月は、出来なかったコトもいろいろあるけれど
悔やまれるのは、
公園の桜を少しも見ていないというコトでしょうか。

自分自身見ていないし、
家族でお花見にも行けなかった…

そういう、もう少しの余裕が欲しかったかな、4月。

さて、4月というスタートを終えて
一番に考えている、思っているのは、

「前途多難」が始まったというコト。

やはり、今年、今年度は、
自分にとって尋常ではないというコト。
その覚悟は、絶えず忘れてはいけない。
その上で、

いかに整然と、モノゴトを楽しんでいけるか?

これに尽きると思います。
もっと自分に厳しく!ですね。
あまあまですからね、基本的にw

あ、あとモノオト的に考えると、モノ買ってない最近。
やっぱりモノを買ってレポートする、
音楽聴いて感じたコト書く、
それがこのブログ「モノオト」の肝なので、
そこしっかり、ブレないようにしないとw

本も読めていないなぁ…

整然とか言ってるわりに
机の上も鞄の中も、相変わらず片付いてないなぁ…

反省事ならいっくらでもあるなぁ…w

さー、5月!と行きたいところですが、
まずGW、早く終わってw

広告

詰め込み過ぎが良くなかったのか?

詰め込み過ぎているのかもしれません。

仕事以外のコト、
・PTAのコト
・スクールバンドのコト
・朝活のコト
・ゼミに通うコト

どれも仕事と、家庭に支障をきたさない程度というか
そういう時間を利用してのコトガラを、
それぞれ充実させていきたいという…結局のところ、
自己満足を得ようとしてのコトなのかもしれません。

そして仕事を一つのコトガラとして見ても
その中で、十分な身のこなし?がやはり出来ていない。

調整。自分の仕事の大半がそれなのでは?
と思うときがある。事実そうなのではないか。

【調整】
ある基準に合わせて正しく整えること。
過不足などを正してつりあいのとれた状態にすること。

なるほど、意味にすればそういう説明になるのか。

「正しく」「正して」という文字が目に飛び込んでくる。

何事も「正しく」が大事なのだと思う。
「正しく」こそが、基本であり、安心安全であり、
快適性や信頼性が高くなり、
その後の継続性につながるモノ、だと思う。

「正しく」できなければ、誰かに不快を与えたり
お互いに信頼できない状況を作り、次はない。
ないか、危うくなる。

全てを納得や満足を得られるようにするのは難しい
などと言うコト、自分自身思うコトもあるけれど、
でも全体の満足や納得を求めていくのが自分の仕事。
極限まで努力しなければ、妥協点も生まれてこない。
(自分はこれを、妥当、適当、適切と思っている。)

「人間として何が正しいか」を判断基準にする。
稲盛和夫氏の教え(直接は何も教わっていませんが)。

稲盛和夫オフィシャルサイト|正しい判断を行うには

生活の中で詰め込み過ぎているコト、
仕事の中で詰め込み過ぎているコト、
でも問題は、詰め込み過ぎているコトではない。

もっとしっかり調整できれば問題は回避できる。

問題は、調整できていないコトなのだ。

もっとしっかり調整できていれば起きなかった問題だったのだ。
自分のコト、しっかり調整できなければ、
人のコト、周りのコトなんてきっと調整なんてできないんだと思う。

楽しいイベントだったのに
ある残念なコトもあったという話。
ぼやっと書いたけど。

30周年

20140502-133953.jpg

リリース日の、いまどき「フラゲ」と言うんですか?
したかったんですが、後発のを待ったり、
買いに行くタイミングを逃したりして、リリース週明けに購入。

4月21日で、デビュー満30周年となった
TM NETWORKのシングルとアルバム。
そして、来年が30周年というコトで
アニバーサリーイヤーに突入した渡辺美里のニューシングル。
このシングルは、大江千里が作詞作曲。

今回、TM NETWORKのリリースが
自分にとってメインではあったのだけれど、
こうして、美里や千里をからめてというか、
大よそデビュー30年を迎えている3アーティストの
今に立ち会えているコトがとてもうれしいのです。
※ちなみに千里のデビューは1983年でTMより一年先。

自分にとっては、(敬称略で失礼します)
TM、美里、千里というのは、切り離すコトができません。

中学でTMを知って、その派生的に
美里、千里を好きになって行ったから、
TMが何かと一番の存在ではあったけど、
美里を聴くコトで、千里を聴くコトで、
3アーティストそれぞれを深掘りしてたんですよね。

当時、EPICの中だったり、音楽業界の中で
美里の存在て大きかったと思うんです。
小室も、千里も、TMで言えば木根も、
美里への提供曲には力が入っただろうし、
美里を通して、名を上げるというか
ちょっとそういう言い方好きではないけれど
事実そうだったと思うのです。
(もう一人、忘れちゃいけない岡村靖幸と)

ところで、小室と千里の曲っていうのは、
まるで違うようですけど、自分にとっては
昔っからイコールな感じがあります。
そのコトにも触れている、このエントリーが好きなんですが↓

hiroshima-fm 食卓ON楽|十人十色/大江千里

同じレコード会社というのが大きいですけど
とにかく、それぞれ刺激し合う存在だったんですね。

今こうして、TMの今の音(EDM)、
美里の声、千里の作るPOPSを聴くと、
ごめんなさい、それぞれの“今の”がどうしたというコトより
ただただ、こうしてそれぞれ活動している今に、
「ありがとう!」自分もがんばってます…て言いたいw
ただそれだけだったりします。
(作品への敬意がないようでごめんなさい、でもそうじゃないw)

自分自身も、変わってないところと変わったところを持っている。
それぞれを肯定できる今でありたいですよね。

イベント

20140502-021221.jpg

今年、今年度は、面白いイベントを
たくさん仕込んでいこうと思っています。
他にはできない面白いコト(イベント)。
あ、仕事の話です。

他にはできない面白いコト。

今までもやってきたとは思っているんですが、
面白いコトって、何度か同じようにやっていると
やっている自分らが面白くなってきては
同時にそのイベント自体さほど面白いコトでなくなったり、
あと、他にはできないの「他」に真似されたりすると
もうこっちとしてはやりたくなくなるモノです。

なんかそう考えると、イベントって熾烈。
自分らの中に熾烈さがないとやっていけない。
面白いコトをやろうと楽しそうにいろいろ考えるけど
実際かなり熾烈なモノです。

あと、何事もですが
出来るだけ準備に時間をかけたほうが成功するけど、
時間をかけたわりにはかなく終わるのもイベントの性。
イベントて、単発なモノが多いから、
準備、後片付けのコトなんかも考えると
なんでこんなんにこんなに時間かけたんだろう…
て、成功したイベントでもそう思っちゃうモノです。

でもイベントには、やる側にも受ける側にも
なかなか目には見えないけれども、
そして熾烈でハードな仕事内容になるけれども、
それをやる、単発でもそれを継続する意義には
計り知れないモノがある、と思っています。

とかなんとか言ってるわりに、基本的に考えるのは
どうしたらこのイベントもっと面白くなるか?
どうせやるならこのほうが面白いよね?
と、判断基準は面白いかどうか?ってコト。

ここで言う「面白い」って、笑えるってコトではない。

なんでしょうね、ワクワクするか?ってコトでしょうか。

やってるほうがワクワクしないと受けるほうもワクワクしない。
受ける側にワクワクしてもらえるには
どうしたらいいだろう?ってもちろんそこが一番大事、
そう考える手法の一つとして、
自分らがワクワクできるコトって?と考える。

やっぱり基本は相手。

ただ、相手のコトと自分らのコトをイコールにできるくらい
面白いコト、ワクワクできるコトを考えられたら、
最高に楽しいイベント、記憶に残っていくイベント、
できれば記録(売上とか)に残るイベント、にできると
自分は思っています。

そんなイベントの、今年度第一発目の
初日分のエントリーでした。

Mac購入に向けての朝活?

20140501-133056.jpg

朝活曜日でした。

今になって思うわけでもありませんが、
土曜の前の日は金曜なわけで、
土日休みでない自分ですが、
朝活の前日金曜の夜は
飲み会とか会食とかに当たるコトが多く、
帰宅が遅かったりで睡眠時間短い後の朝活…
になりがちだったりします。

あと、一応主催者なんで
本来いろいろ考え準備したうえで
朝活に臨むべきなんでしょうけど、
ほとんどできていません。

それでも毎週定期的に開催できるのは、
毎週お付き合いいただいている常連メンバーがいるから。

なかなか、仕事とか家庭以外で、
(そっちは逆に毎日顔を合わせるわけですが…)
週に一度必ず会う関係て、ないと思うんですけど
朝活にはそれがあります。
その必要性て何なんだろう?とも思うし、
いまどきソーシャルとかあるから会わなくても?
と思ったりするんですけど、良いモノですよw

さて、今年度中に私、Macを買います、
買いたい!のです。
買わなければならない理由があるのです…?w

Apple Store|学生・教職員価格で最新のMacなどを購入できます。

PTA役職員にも適用されるという
Apple Storeの学生・教職員価格。
昨年度もその対象ではあったわけですが
今年度内に、是非とも利用したいのです。

利用したい?w

ちょっと動機が不純な気もしますが、
これを機に、しっかりMac購入を考えてみたいと思うのです。
何度となく、朝活常連のお二人にはMacの話を聞いていますが
今後徹底的に聞いていくコトになると思いますw
(常連お二人はMacユーザー)

CDのスロットないとダメだ!なんて
いまどきそんなコトを言っている自分ですw
でもMacは今は、潔くCDスロットなんてつけてないし
そういう時流への対応というのも、自分にとって
Mac購入が意味するところになると思っています。

今年度内という期限もですが、
Mac新機種投入のタイミングとかも
しっかり見定めて行きたいですしね。

Mac購入に向けての話が
毎週の一テーマになってしまうかもしれませんw
そんな朝活でございますよw

会話の空間。

仕事あがりに珍しくというか、
ちょっと最近減ってきたなーと思う接待的な会食へ。
(そもそも多くもないのだが)

場所は、社会人的に失礼なコトだと認識しながらも
自分も行ったコトのない店に初めて行くというね。
(実はこれ、よくやっちゃうんですよね。)

中学の先輩がやっているお店に行ったんですけど
途中中学の後輩もたまたま入ってきまして、
お連れした客人以外が同窓会状態でしたが
そんなコト関係なしに、店内全員で
楽しい時間を過ごすコトができました。
(店主入れて4人の時間が長かったというコト)

お連れした方は経営者の方なので
先輩も飲食店経営だから二人に経営的な話を振ったり、
同窓生どうし中学時代とか地元の話になっても、
お連れした方も東北人なので、
学校の統廃合とか少子化の話とか
一般的な話題ではあるけれど、
リアルに感じている身近なコトがそれぞれ話せるし。

他にも、車の話、タバコの話、
誰かがその話題からもれたとしても
共通した話題が持てるのも、
別に当たり前のようなコトですが、
会話の空間が心地よい時間を過ごせていました。

最近、人の話を聞きたいというか、
あんまり自分しゃべんなくていいから、
誰かの話を聞いていたいんです(本当ですw)。
相手の話を引き出すためにしゃべる行為はしますけど。

あと、自分の話を極力したくないというのがあって。
一応、気をつけているコトではあります…。

会話しているときって、その場にいる誰もが
会話を楽しんでいるのが理想だと思います。
そういう会話を、出来るお友達を持つコト、
そういう会話が楽しめるお店とか場所を持つコト、
もちろん時間と。

ジャズのインプロゼーションのコトのよう。

各プレーヤーが、いわゆる即興、アドリブで
一つの音楽をつないでいくというモノ。

それぞれの個性があって当たり前なんだけれども、
そのグループにあった演奏、その曲にあった音でないと
一曲の音楽として聴いたときしっくりこない。
自己主張ばかりするプレーヤーがいると、
その音楽が台無しになってしまうのです。

だから仕事なんかも、同じ職場内や
取引関係業者さんとも、そういうつき合い方?
お互いのコト理解しながら、逆に高め合う関係が
築けていたら最高だと思いますね。

たくさんのお店が集まる商業施設もそう。

新しいショップのオープン前日分のエントリーでした。

大人の事情。

24日のコトというコトで。

その前に。もうすっかり
毎日更新が途絶えたコトを開き直りつつも
“毎日分投稿”にこだわっております。
今週は追いつきそうだったのにな…
やはり仕事のほうに重きを置いた一週間でした。
(というコトで日曜日に書いております。)

この日は、スクールバンドの授業のがある日だったのですが、
行けなかったんです、大人の事情?により。

出勤日でしたので、途中職場から抜けて行くつもりでした。
そんなコトができるコト自体、かなり融通利いてそうですが、
朝から晩までの勤務(残業じゃなく)シフトがあって、
その場合2回休憩とるわけで、その分を
学校へと抜け出すための時間にあてているわけです。
まぁ、融通利くのは確かだと思います。

ただ抜けるにも条件揃わなければ抜けられません。
この日は遅番で出勤予定のスタッフが、
緊急事態で出勤できなかったのです。
日中に火事があり、消防団として出動したのでした。

大人の事情というか、住む地区の事情。

消防団に入っていると、日中であろうと
火事が発生し、出動要請があれば(自宅にいたら)
出動しなければならないのですね?
(自分、消防団経験がなく…)

方や消防団で火事、
方や小学校でスクールバンドの指導、
そして、どちらか職場に居なければならない状況。
となれば緊急事態の火事の事情を優先というか、
自分が職場を離れて学校に行くわけには
いかなかったわけです(当たり前です)。

それより何より思ったんですが、
誰しも、職場、仕事以外の大人の事情、
住む地区の事情とでもいいますか、
それぞれ持っているモノなんですよね。

自分の場合は、今は学校を通しての地区との関わり
消防団に入っている人なら、消防団を通しての関わり
神事を通しての人もいるだろうし、
女性の方なら、婦人会とかもあるかもしれない。

何かしら、仕事以外における地区とのコミュニティ、
大人の事情を持ちながら、暮らしているわけですよね。

さて、こういう日もあるというコトで学習したうえで
木曜日の授業に参加する時間を、
しっかり確保しなければと思った次第です。

やっぱり毎週木曜を休みにすべきかなぁと。

20140425-090913.jpg

今週のスクールバンドは、
通常通り水木金の朝練と木曜日の授業。
朝練には、その後すぐ仕事に行く日は
出勤できる状態で車で学校へ。
そうでない、遅番や休みの日は
子供達と一緒に登校します。

学校坂登るのが、まんざらじゃないからw

この日は少し花曇りでしたが、
でも花曇りも、言ってみれば光の柔らかい感じというか
いいもんだなぁ~とか思いながら登校。

今年は桜もたくさん咲いたように見えてならない。
(事実そうだと思うのだが)

今週から、スクールバンドの朝練は
個別に二人くらいをピックアップして
個々の課題を確認と克服していこうと思っておりまして
この日はアルトホルン。
(あ、先週トロンボーンからスタートしていますね、これ。)

アルトホルン…未知なる楽器。
でも吹いてみると、
非常にトランペットに近い楽器だと理解しました。
ピストンの感覚、マウスピースも
トロンボーン、ユーフォニアム大きくない。
ただ、調が違う。E♭の楽器。

金管バンド内では、他は全部B♭なので
アルトホルンだけ、音階とか別の解釈になってしまうので
何かと大変です。

自分、そもそも苦手なんです、調のコト…。

自分の苦手を克服するためにも、
アルトホルン二人とはじっくり向き合っていかなければ
と思っています。
ここの二人は師弟関係はっきりしてるから、
師匠(6年)に教え込んでおくと心強いですw

ところで、調のコトもだし、
金管楽器の倍音のコト、
(どこからか聴こえてくる難しい倍音ではなく)
それを理解してもらって練習してもらえれば
シャープやフラットのつく音の運指も覚えられるし、
トレーニングとしてもリップスラーの練習につながるし
そこに踏み込んでみようと思うのだが…

もう限られた時間、期間のなかで
そこまでやる必要ないのかなって思ってみたり。

いや、自分の認識からすれば
そのくらいのコトは絶対必要、なんですけどね。
だいたい、小学校5・6年の音楽の授業程度じゃ
楽譜って読めないんでしたっけ?

楽譜が読めさえすれば、
もっといっぱい曲演奏できるのに。

現状、かなり音は出る、出るけど出るだけ…。
楽器から音は出るけど音楽が出来ないって感じ?

これを、今年度で終わってしまうスクールバンドで
どこまでやればいいのか?

その先に、新たな活動があるならば…

思い切って踏み込んじゃうんだけどな。
などと思った朝練の日でした。

20140423-223631.jpg

通っていますと言っといて、
ふとゼミナールって?と思って意味を調べると

「専門性の高い授業を少人数で行う形態」

なのだと。
なるほど、納得理解です。
その通りのに通い始めました。
まだ2回目です。

とりあえず、楽しいですw

自分が、まだ子供(学生)だった頃に
もしかしたら勉強したいと思っていたコト。
そして今、仕事をしていて
自分に必要なんじゃないか?と思っているコト。
たまたまかもしれませんが、
その二つがイコールだったので、
一応大人になった今、勉強するコトにしました。
(今でしょ…的にw)

今年一つのテーマである「勉強」。
一つ目は、マーケティングの勉強でした。
週1回のを4回の単発でしたが、
今回のはどうなんだろ?半年サイクル?
期間は短くても1年は続くものです。

時間を自分で作っていけるか?というのも
課題のひとつになりますね。

あと、宿題があるんですよ…w
子供に宿題しろ!って生半可に言えなくなりました。
(1回目に出された宿題を、
 すでに2回目でやっていかなったという…w)

何かを得るための努力。
時間を作るコト、費用をかけるコトというのを
「忙しい」というのにかまけて、
今まで怠っていたと思っています。

その「忙しい」というのも事実どうだったのか?

精一杯やってたつもりですが、
全然精一杯じゃなかったんだと思うし、
ただそれを悔やんでばかりいれないし、
今からでも遅くないという思いと、
多分今やっとかないと!このタイミングしかないかも!
という思いで、このゼミ通いを決断しました。

ただ、とにかくやりたかったコトなので、
それが出来て今とても楽しい、のです。

楽しんでばかりいると足元をすくわれますからねw
そこんとこも注意して、しっかり学んで
目的を見失わず、自分のモノにしていきたいと思います。

何のゼミなのか?っていうのは
追い追いというか、書いていくうちに
お解りいただけるかと存じますw

とりあえず、次は宿題ちゃんとやっていきますw

自分の仕事、再確認。

お祭事(神事)やら、PTA事やら終わり、
ほっと一息なはずでしたが、
合わせたように仕事全開モードの今週です。

週末には、新しいお店のオープンと、
イベントがいくつか。そう、GWなんですよね、もう。

イベントのいくつか、といっても
それらも“お店”に関わるコトなので、
オープンする新しいお店含め、
やはり自分の本業は「お店に関わるコト」なんだなと
あらためて感じているこの頃です。

でもその、「関わる」ってなんだろう?て思うんです。

自分がお店をやるのとは違うのです。
ときどき自分らも、売場に立ったり
レジを打ったりする機会もありますが、
自分らの仕事は、自分達でモノを売るコトではないんです。

モノを売るのはお店、
そのお店を売るわけじゃないですけど
お店のコト、しっかりお知らせするのが自分達の仕事。
しっかりお知らせして、お店にお客様が来てもらうようにする。
それが自分達の仕事です。

私たちは自分達のコトを「デベ」と呼びます。

デベとは、「デベロッパー」のコト。
デベロッパーとは、デベロプメント、
もともとは不動産開発のコトを指すわけですが、
開発する(開業させてしまう)までの仕事では留まらず、
その後の施設運営も引き続きするわけです。
なので商業施設のデベのコトは商業デベロッパーといい、
不動産開発とは全く(やや?)違う職種として扱われます。

開発したら終わりじゃないというのは、
その後も新しいお店に入ってもらったり、その手段としての
比較的大規模なリニューアルというのがあったりするわけです。
リニューアルというのは施設の活性化であり、
行ってみれば“プチ開発”なわけです。

プチでも開発がずーっと続くから、デベと言われるのでしょう。

泳ぐのをやめたら死ぬという、マグロのような仕事です。

なんか仕事のコト書いちゃいましたが…
今週も、仕事以外のコトもありますが、
基本仕事に、お店に捧ぐ一週間です。

そういう意味でのゴールデンな一週間にしなければ。