5月終わり。

「何事も成果の出にくい停滞運」

とある運勢にあったのを
覚悟にしていた5月が終わります。
実際のところどうだったのか。仕事的には
そんな感じだったかなぁ~と思っています。

一方で、いきなり車買い替えたり、
それを後押しするようなコトが…
そう言うと、こじつけになっちゃいそうだけど、
まだここにははっきり書いていませんが
家庭内的にはおっきいコトがあったりの
5月が終わります。

大変な月でしたね、今月はw

なかなか上手くはできなかったけど
今しかできないコトをやってるかなぁという時です。

今年やろうとしているそれぞれが、
このタイミングでなきゃできないと思って
取り組んでいるわけなんですけど、
今年という年は、ほんと、勝負の年なんだなきっと。

とにかくやりきる。

上手くいかないコト、
上手くできないコトもあるけど、
とにかく前向いていく。

後半はきっと、もっときついぞ。
しょうがない、楽しいコトはつらいのさw

6月は運動会でスタート。
今年前半を、締めくくる6月にせなぁ。

広告

中古車を買うというコト。

20140530-175449-64489957.jpg

まだまだ車の購入記的なコトを。
(まだまだ浮かれ気分ですからw)

今回のトゥーラン購入は、
自身3台目のフォルクスワーゲンであるし、
3台続けての中古車購入でもあります。
それ以前は新車(国産車)購入していましたが、
中古車オーナーとしての醍醐味的なところも、
だいぶ掴んできたかもしれません。

まずそもそもなぜ中古か?
それはハッキリ言って輸入車の新車買うほどの
蓄えも支払い能力も乏しいというコトになります。
私個人的にはそういうコトでして、
それでも、輸入車というかワーゲンに乗りたいのです。

自分が今回購入したゴルフトゥーランのGLiは
(購入した年式ので)当時の販売価格が約325万。
トゥーランがデビューの2004年のGLiで約314万。
原稿のTSiハイラインなら383万超!

そんなん買えないですよ…w

それが中古なら(今回自分は)
車体価格80万で買えちゃうわけです。
いわゆる定価の1/4で買えちゃうってわけです。

じゃあ、3/4の価値観が失われたモノなのか?

そんなコトはまずない。
今回自分は、もう一台のトゥーランと
ゴルフⅤも選択肢にあって、幸いにも
数台の中古車から選ぶコトができました。
(これは本当に幸いなコトです。)

もう一台のトゥーランは車体で50万台でした。
贅沢しないコトを考えれば
そっちでも良かったかもしれません。
(走行距離数はほぼ同じでしたが年式が古い)

年式の違い、価格の違いはもちろん重要ですが、
自分が選んだほうのが、内装がきれいだったんです。

私の中古車選びのポイントその2は
インテリアとエクステリアの状態。
(※その1はさっきの価格のコト)

特にインテリアですかね。外見は
そんなに悪い状態で中古市場に出てこないように思うし
悪ければ値段も安かろうになるでしょうし。

インテリアの状態で、前オーナーがどんなように
その車と向き合っていたか想像できちゃうじゃないですか。

きれいなら大事にされてた車だろうと思うし、
傷や汚れが多い車も、一概に“だから悪い”じゃなくて、
使い込むとこうなるんだぁ、というのが解かる。

匂いでもわかります。
前オーナーがタバコを吸ってたかどうか?も
自分にとっては重要ポイント(その3に上げてもいい)です。
いっくらきれいになってても、いっくら消臭されてても、
タバコの匂いはふっと鼻につくときがあります。

ポロがそうだったんです。
インテリアの汚れとかはほとんどなくて
きれいな車でしたが、ふっと何かの拍子に
タバコの臭いがしたんですよねぇ。

ただ本当にきれいな車でした。
ポロを買ったときというのは選択肢がなくて
ディーラーさんにあったのを「これで」と
あっさり決めてたんですけど、そのあと
何度か中古車というモノを見てみて、自分のポロは
いわゆる「当たり」だったんだなって思いましたね。

中古車を見るときは、
この車にどんな人が乗ってたんだろう?と考えます。

さっき書いた(今回で言えば)3/4のところというのは
前オーナーさんが自分に代わって払ってくれた、
そんなふうに思うのです。
かつ、今の車の状態までにしてもらったって思うんです。

ありがとうございますですよ。

本来(定価で)買えない車のオーナーになれるのは
前オーナーのおかげなんですよね。
その車との縁は、見えないけれど
前オーナーさんとのご縁なのだと思います。

大事にされてお勤めしてた車。
自分も大事に大事に、乗りたいと思うわけです。

なんてコトない白いクツ

20140529-143416-52456371.jpg

いよいよ暑くなってきたようで。
夏用の靴が欲しかったモノですから、
またネットショップで在庫確認からの
リアル店舗で試着~購入でございました。
市内のセレショ、Roostさんにて。

夏なんで、何かとさらっとしたモノが好ましく。

– NATURAL WORLD –

天然素材や再生紙を使用し、
100%環境に優しい靴を製作するために生まれた
“Natural World(ナチュラル ワールド)”。
100年以上の歴史を持つ北スペインオリジナルの
製造過程と最新技術を融合させ、
環境への配慮に拘り続けるスペインのブランドです。
(某所からの転載)

リーズナブルな価格も魅力というコトですが、
リーズナブルといえば、コンバースなら
比較的近場で買えちゃうところなんですけどね、
自分の足、どうもコンバースと相性が悪い。
インソールが平らだとだめ?なのかもしれません。

とかいって今回買ったのもまったいらですけどね。
今のところ(昨日今日で約一日履いてみては)問題なく、
地下足袋?(履いたときないですけど)あんな感じでしょうか。

何かとやわらかくていいです。
オーガニックコットンのおかげ?
ゴム(ソール)も天然だそうで。

かかとつぶしても履きやすそう。
気楽に履ければいいなと思っております。

日曜日の運動会もこれでいっかな。
そんな本格的に走るコトもないのでね。
土ぼこりとか踏まれたりで早速汚しそうだけど、
そしたら早く一回洗いたいな。
洗いざらしの素材感も楽しめそう。

真っ白が、欲しかったんですけど、
真っ白は、どこか気恥ずかしいモノですね。

あ、そういえば運動会が白組というか
ハチマキの色が白でして、今年はお嬢から
「靴下も白で統一だからね!」と言われておりました。

靴が白いから、いいでしょ?w

描けない自分。

20140528-005047-3047075.jpg

デザインゼミの日でした。
デッサンしてみる、の2日目。

写真のは自分が描いたのではありません。
(もちろん…)
こんなふうに描いてみましょう、というのの
奥に見えるのが今日自分が描いたモノ。

描けているかいないか?で言えば、
全然描けていないんですけど、
それ以前に、デッサンというモノの根底について
前回、トイレットペーパーを描いたときのほうが、
理解できていたというか、
今回はそれが出来ていない…との先生からの評価。

うん…デッサンのコト、まだ一回二回では
何も理解できていませんよ、わたくし…。

輪郭を描かずして、光と影…すなわち、
影の部分を描き表していくコトで描く…。

確かに前回トイレットペーパーのときは、
よくわからずも描きながら、こういうコト?とか
なんとなく解かってきて、
途中いい感じで描けていました。
ただしその時先生に言われたのが、

「描くが7割になってしまっている」

理想は、見るを7割、描くを3割。
見るコトが大事と言われ、
とかく陥りやすいのだそうですが
見ずに描けてしまう…頭の中の残像をイメージに
描くほうに集中してしまうのだと。

大事なのは「描く」じゃなく「見る」

そう思って今日は見てたつもりが
今度は描くほうができてなかったらしい。

だいたいね、描く技術なんて持ってないんですからw
(そこ教えてくださいよ!w)

中学の美術の授業。というか美術の先生。

今でも忘れていませんが、
授業のはじめの5分だったか10分、
かならず自分の手をスケッチ…
当時はデッサンではなく
スケッチという捉え方だったと思います、
それをはじめの時間にやって、
それから授業に入っていくというのがお決まりでした。

手のポージングは毎回違えて。
だから週1回?最低でもそのくらい、
自分の手を描いていました。
それがいつも楽しかったなぁと。
うまく描けてましたしね。
(当時はとにかくね…描くコトに関しては自信持ってた。)

今は描くコトの術を持っていないですからね、
(昔も持ってはいない…持ってたのは自信だけw)
別に歯がゆさとかも感じませんけど、
どうしたらもっと描けるんだろう?と思っています。

ま、デッサンを習得するためのゼミではないのでね。
そこはしっかりわきまえて。

もうやめた。

20140526-234944-85784474.jpg

毎日更新なんてもうとっくに出来ていないし、
毎日分更新ももうやめます。

さかのぼってる暇があるんなら
その分前に進まないと!

そう思ったのであります。

5月の運勢が良くないというのを
以前に書いてたはずですが、
いいコトもあったし、おっきい買いモノまでして
調子にのってたのか、
その分やるコトやってなかったというか…
低迷気味な感じが
あの運勢当たってたなと思うもう5月も終盤です。

仕事と家庭と。
学校関係、スクールバンドと。
そして朝活とゼミという、自分のための時間。

よくばり過ぎているのかもしれないけど、
今(当面)はこれらの場と時間をそれぞれ大事にしたい。

ただそれによって、
仕事や家庭に支障を来たすようなら無意味。
何かをあきらめなければいけない。

あきらめたくはない。

仕事や家庭に支障を来たさぬよう、
仕事や家庭のコトをしっかりやって、
あるいは、しっかりやるために
それらの時間を有意義なものにしたい。

ブログを書く時間もだ。

書く時間をしっかり確保する。
それを毎日欠かさずやるコトを目指していたけど
どこか本末転倒になっていたかもしれない。

気付いたら、そっからリスタートでいい。

出来なかったコトにもちろん反省は必要だけど、
何より“前に進む”を先にしよう。

そう決めた。

思い立ったらリスタートだ。

写真と投稿内容も無関係でいいw

デッサンの2時間。

20140522-001621-981454.jpg

連勤明けでしたが、
念願の半日寝入りもせず予定だったゼミへ。
職場で早朝作業もあって、
朝から何気に出勤でしたし…
いや、でも朝仕事、朝の作業は
勤務うんぬん置いといても、なんとなく
気持ちいいので、それはそれであり。
出勤日+朝仕事より良かったでしょう。
(6時から8時半くらいまでの早朝作業)

ただ、ゼミがある日、休みだったし、
ゼミに集中できる時間調整が必要だったよなぁ…と。
時間の使い方が、このところ上手くないなぁ…と。

自分のための時間。

仕事にあてるべき時間と家庭にあてるべき時間を
ちょっとちょっともらって
自分のための時間にしているのだから、
周辺に迷惑かけないようにしなければならないですよね。
休みなんだから全部自分の時間だろ!
じゃあないんですよね…。

とはいえ、楽しみにしていた今週のゼミは、
4回目でしたっけ?にして、いよいよデッサンでした。

いよいよ、絵的なモノを描くのですが。

デッサンてなんだろう?
スケッチと何が違うの?

ここで明かすようですが、
私が通っているのはデザインに関するゼミなんです。

先生は、美大とかを目指す学生向けに
デザインを教えてこられた方で、
自分が受講しているのも、
その学生向けのカリキュラムなんです。

あ、美大を今から目指しているわけではありません。

それと、絵を描きたくてやるというのも少し違います。

デザインてなんだろう?
デザイン思考ってなんだろう?
デザイン思考を身につけるとどうなるんだろう?

そんなコトを思ってのデザインゼミ通いなんです。

ただ、デッサンがあったり、
何かしら絵を描くというのは
カリキュラムにあるコトは知っていましたので、
それが出来るコトへの楽しみはありましたよ。

絵を描くというコト。
唯一と言っていいのだけれど、唯一、
自分自身の得意なコト、だと思ってた(過去形)コト。
一番負けん気を持っていたコト(小学中学時代の話…)。

それを今まで長年なんにもしてこなくて、
今どのくらい描けるのか?素養はあるのか?
いや、だから素養はないのだ、何にもしてきてないんだから。

ただ、えんぴつを持つ手に、妙な自信と、
どうしていいかわからない無力感が入り混じって
変な感じでした(ほぼ2時間描きっぱなしの中)

でも楽しかった。
描くってやっぱり楽しかった。
描けているかどうかは置いといても楽しかった。

でも本質は描くコトにあらず。
デッサン、デザイン…やはり奥が深い。

余裕だったり無駄だったりほろけだったり。

週が明けても、しばらく車にほろけていたい。

と思うのは、そうもいかない週だから…
なんだけど、そういう“ほろけ”も、
何かモノゴトの余裕につながれば…と思っております。

本当は、本当に、
余裕なんてかましていられない状況が
続いているんですけどねぇ。
ほんと、こんなんでいいんだろうか?

でも、車を乗り換えて、
新しい環境に自分を適応させていくようなコトを
絶えず自分に与えていくというのは、
新しいストレスを与えるという意味でも
良いコトなのではないかと思います。

話を遠まわしにしようとしていますが、
要は、車にほろけておりますw
で、ほろけてるというのは、
気持ちがそっちに行きがちというコトであって
そうじゃなくてもっとどっぷり向き合いたい!
というコトなんですよ。
(「ほろける」の正しい解釈ではないでしょうが)

例えば、
マニュアル読んで、メーターの見方とか
しっかり理解したいわけですよ。

数ある収納ボックス類に、
それぞれ何を入れようかを決めて
入れていきたいわけですよ。

シートアレンジを全部試してみたいわけですよ。

何より、家族3人で、走りなれたところでいいんで
ちょっとドライブに行きたいわけですよ。

そんなに、叶えるのが難しいコトじゃない。
時間が作れればいいだけの話。
もっと時間管理できないといけないな~と。

そういう一方で、もし半日時間があったら
どっぷり寝ていたいとも思っています。
睡眠時間が少ないわけではないのですが、
なんか無駄に寝ていたい気分…。

実は連続勤務が続いた9日間でした。
通常7日以上の連勤はないようにシフト作成
されているんですけど、締め15日を境に、
9日間連なってたという、事故のようなものです。
なーんか休みないなぁ、最近…と思ったら
そんなコトだったという。

実際、9連勤だろうがそれ以上だろうが
それ以下だろうがというのは、
大して問題ではないのですが、
この投稿に何度か使った言葉でいえば、
ちょっと何かにほろけていたいんでしょうな、自分。

ほろけるためには、自己管理、時間管理。

1週間、上手く乗り切らなくては。