月別アーカイブ: 2014年10月

9月に聴いた26枚。

改めまして、9月にフェイスブックに投稿した
「棚から一掴み」(←山下達郎さんのあれのようなもの)です。

実際フェイスブックに書いたのは、
そのCDのレコメンドというよりは、ていうか
ほとんどアルバムの紹介にはなってませんでしたねw

そのアルバムを選ぶのも“その日気分”でしたし、
書いてるコトも、“その日の気分”でしたね。

ここでは足早に…

24

初日は米米クラブ。
若い頃に聴いてた“大人な音楽”は
大人になってからももちろん聴ける。
むしろ今のほうが解かる。

23

洋楽一発目のXTC。
ベスト版なのもあるけど、長年の愛聴盤の一つ。

22

FB投稿したことで、お亡くなりになっているコトを知りました…
英珠さんのご冥福をお祈りいたします。

21

好きな女性アーティストモードに入っていったわけですね。
まずは原田知世さん。

20

続きまして鈴木祥子さん。
彼女に関しては1ヶ月で3作は上げようという
この時点からの想定。

195

9月、秋になったら一番に引っ張り出すのがこれ。
かの香織さん「エクストラブライト」

19

1ヶ月間、音楽を聴く時間を持とう!とはいえ
やはりその時間のほとんどが通勤帰宅の車内でした。
どこで聴いたか?もわかるような写真撮りをしたつもり。
シカゴは帰宅の際。
投稿後のコメントやりとり多かったですね。

18

9月は結婚記念日がある月でもありまして。
その日の一枚にお目出度い一枚を。
米米クラブ「オクターブ」

17

出張に出たので聴く媒体がCDではなくて
iPhone(iPod利用)の中にあるアルバムに。
出張行く前に準備したんですけどねw
「楓」が聴きたくて。

16

出張中に高校の同級生が亡くなったという訃報を受け…

15

その彼に捧ぐ。

14

自分が死んだら、これは棺に入れてください。

13

家族で東京車ツアーも行った9月でした。
旅のスタートはいつもこれ。

12

冬も新潟まで家族で行きますぜw

11

オザケンモードに突入。
祝リリース20周年

10

地元の海に見えなくもない。

095

高瀬さんが顔面の麻痺に見舞われたという…
フェイスブックでそういうコト知れるのはいいのですが、
まずは復帰をお待ちしております。

09

月も後半に入りジャズモードになってましたね。
やってるジャンルは違えども、子供らと合奏するコト
をイメージするにはこの一枚を聴いときたかった。
子供らにも聴かせたいな。

08

2作目出るそうですね。

07

これもコメントやりとり多かったですね。
実は自分はあんまり聴いてなかった一作です。
奥様の、棚から一掴み。

06

アルバム「鈴木祥子」のジャケ写(青空とかもめ)も
地元のに見えちゃうんだなぁ。

05

秋に限らず、オールシーズン聴いてるかも。

04

これもね。
青にこだわる今年は特にか?

03

サッチモのムーンリバーがとても好き。

02

単純に好きな祥子さんのこれですが。
今の、女性の社会進出?それだって
今になって騒がれてることじゃないけど、
国を挙げてそうしようってコトに今なっている。
なんとなく、アンチテーゼなんですよね…
っていう、そういう投稿をしたかった。

01

もう始める当初から
最後はこれと決めてた「カインド・オブ・ブルー」でしたが
そのCD現物がどこにいったか行方不明という締りの悪さ…

だいたい、30枚分(毎日)書けませんでしたしねぇ。

ですが、楽しかったですね。
目的にしていた、モードチェンジにはなったし、
自分なりの表現ができたと思うし、
たくさん音楽聴けたし。

表現に関してだと、
実はあえて長めの文章にしてました。
このくらい書いてもちゃんと読んでもらえるか?
そのうえで「いいね!」してもらえるか。

やっぱり伝えたい本質は、
自分の場合テキストにこそ込められる
と思っているので。

ということで、つまりですね、
ブログ書きますよー!というコトなんですよ。

広告

9月に音楽を聴き、それをFBに投稿したかった理由。

ご無沙汰しておりました、そして
ようやくブログに帰ってきたという心境です。

別に休むつもりはなかったのですが、
“いろいろ思うところ”があって、
9月はフェイスブックに連日投稿しよう!と思ってて、
ある程度、9月にブログを休むのは覚悟してました。
ところがちょっと締めくくりが悪くて…もう10月も半ば。

その、“いろいろ思うところ”についてはこっちに書こうかなと。

● モードチェンジ

まず、9月、季節も秋に替わる頃、
着るモノを替える様に、自分の中で何かモードチェンジしたかった。
9月といえどまだ暑さも残る。そこんところをぐいぐいと
自分自身次の季節に移行したかったんですよね。
(というこれは、実は仕事のうえでの気持ちの切り替えのためでした。)

● タイムラインへの違和感

次に、毎日目にする自分のfacebookのタイムラインに、
やっぱりちょっと違和感を感じちゃってたんですよね…。

違和感て言っちゃうとね…
自分のタイムラインに流れているのは
自分のお友達の内容ですから、
それに違和感て言っちゃうのは
「君らつまんないよ」って言うんじゃなくて、
本当にお友達のはいいんです、ただ
やっぱfacebookって、大してお友達でもないのに
お友達になってしまったりしてるんで、その人達の投稿って
やっぱりぐっと来なかったり、なんで俺この人の見てるんだろ?
とか思っちゃうんですよね。
(結局この人は宣伝行為か…とか
 なのでそういう方々のは非表示にしてるし、
 SNSってそういうもんだと思ってやっています。)

SNSで知り合って、興味を持てる人もたくさんいるし、
反面教師で、自戒になることも多いので
それはそれで、大事にできる部分ってあるんですけど。

ただそういうタイムライン上で、
自分自身はどんなふうに発信とか存在していたら、
見ている人に少しでも楽しんでもらえるか?
というのを思ったりなんかしてて、
連日投稿でいろいろ試してみたいと思ったんです。

● 個人が発信できるコト・発信していいコト

一つ上に書いたのと近いんですけど、
やっぱりソーシャルで何を書くか?発信するか?
って、誰か教えてくれるものでもないし、会社員の立場で、
発信しちゃいけないコトっていろいろあるわけですけど、
いわゆる愚痴っぽいコトをFBだけじゃなくツイッターとか、
SNS上に上げちゃってる、とくに若い世代が気になってて。

自分もかつてブログでそうだったからです。

でも、負なコトってやっぱり書かないほうが周りのためだし、
本人のためでもあると思うんですよね。

“リア充”を無理に書こうっていうんじゃなくて
ときに気分を紛らすための書き方っていうのもあると思って。

実際、書いてた9月、とても悲しいコトもありましたしね。
それをもどう書くか?っていう、自分自身ももう一度
“どうやって書くか?”を問いただしたかったんです。

● 音楽を聴きたかった。

小難しいコトばかり言ってますが…w

とにかく音楽を聴きたかったのが一番ですよ。

もっと言えば、音楽を聴く時間、
アルバム1枚聴く程度の時間を、
一日の中に持ちたかったんですね。

時間を無理に作らないと、
生まないような生活が続いていますからね。

さて、これが前文…w
一ヶ月間FBで投稿した「棚から一掴み」を
全部紹介しようと思いましたが、
長くなったので一旦きりますw