雑誌を断捨離しました。少し。

  

また家の机の上が、積ん読本やらでちらかってるので、少し断捨離して収納スペースを確保しようと思ったのでした。そのためには要らない雑誌を捨てるのが手っ取り早いのですが、あまり“要らない雑誌を持っているという感覚”がなくてですね。

よく雑誌を買っているようで、買う際かなり吟味して買っておりまして、その吟味というのが“出来るだけ長く持っていられるような内容のモノ”を買うようにしているんです。雑誌なのに。

捨てるというのが前提にないんですが、またそうはいっても内容(情報というモノ)は、いずれ陳腐化してしまうので捨てるときが必ず訪れるわけですが、それでも極力持っていたい…つまりは捨てられない人だってわけです(笑)

定期購読している雑誌はないのですが、比較的冊数の多い「クーリエ」と「プレジデント」を中心に少し捨てることにしました。ですが、冊数で減らすのではなく、特集記事だけ全部残して他の部分を全部捨てる、という作業をしました。写真の、左が捨てる部分、右が残す部分です。だいぶスペース削減です。

そのスペースとはまた別なのですが、よく見る雑誌は机の下にあるスペースに置いてあります。このスペースも基本的にこれ以上増やすつもりはなく、上手く断捨離しながらメンテナンスしていきたいと思っています(下の写真)。

雑誌なんで、見せる収納もありだと思うので、書斎デスクまわりをいじっていきたい、それが細やかな家での自分時間になるかもしれません。

  

広告