「知的生産の技術」を読み終えて。

IMG_8162-3

日々、ブログも書け(アウトプットでき)ず、
読書(インプット)も出来ていない今年が、
残り一ヶ月となりました。

繰り返して言うようですが、この2015年は
書評のようなものをまるで書けずに
終わりに近づいていっている…ということです。

そんな1年だったな…と振り返る一方で、
どうしても読みたい、今読むべき本だ…
そう思って向かい合った一冊が、
梅棹忠夫著「知的生産の技術」でした。

あまりにも有名な一冊であり、
こういう本があるというのは認識ありましたが
今回はじめて読んでみました。

初版が1969年。
自分が生まれる3年前です。
今からだと40年以上も前の、
“知的”なことについて書かれた本。

知的。

そう書いたり、発音してみると、何か高尚な?
感じにとれるような気がするんですけど、
本の中身である(ざっくり言うと)
“読み書き”というのは、1969年の頃
高尚なものだったのだろうか?ではないですよね。
読み書きが高尚な時代なんて
歴史の教科書に出てくるような頃ですよね。

今現在も、“クリエイティブ”
なんて言葉に代わっては、やっぱりそれも
どこか高尚な?感じがすると思うんですけど、
“知的”とか“クリエイティブ”とかって
ちっとも高尚じゃないというか
誰にでも出来る、広く一般的なコトだと思います。

この「知的生産の技術」に書かれていることは
だいたいが、学校で習っているはずの、
“読み書き”について、なのです。

もう一つ、今の言葉で言えば“ライフハック”。

これについて興味を持つ人が読むと、
とても楽しめるし、参考になる本だと思います。
いかに効率よく、正しく、知的に、
仕事を成し得たい人にオススメです。

私自身(もちろんできていませんが)、
いかに効率よく、正しく、知的に、
仕事を成し得たいと思っている人間なので
とても参考になりましたし、
今後もちょいちょい開いて読みたいと思います。

今までそれといえば、自分にとっては
野口悠紀雄著「『超』整理法」がありました。
こちらも、今からだと20年以上前の本。

情報の移り変わりが速いと言われるなかで
(かなり時代を先読みした人達の考え方とはいえ)
根底で変わらない物事の捉え方、
考え方に触れられるという点で、さらに
昔の環境からの発見、新たな着想が生まれる、
本当に面白い本でした。

そういうことを学校教育では教えてくれない…
というようなことをここに書きたかったのですが、
それは本の中にもたくさん書いてありますので
是非こちら「知的生産の技術」、オススメです。

広告

一つのバンド。

  

11月21日(土)という日を目指して
金管バンドの活動をしてきた2015年。
先日、無事にその日を向かえ、
そして無事に、というか現時点での
“自分たちの納得いく演奏”が出来たかな…
と思ってはほっとしているここ数日です。

今年4月に活動を始めた金管バンド。
閉校となった学校活動から
継続してくれた経験者は6年生の女子4人。
あとは全員初心者の2年生から5年生。
途中、メンバーは減ったり増えたりで14名に。

週1回の練習日。実質週1.5時間の練習量。
この練習量では一向に
初心者たちが吹けるようになれない…とか、
仕事の都合で、その週1回の練習日も
削らなければならなかったり…とか。
なかなか思うように練習できなかった夏が過ぎ、
この本番にいよいよ!と向き合えたのは
10月に入ってからだったかと。

11月に入ってからは、練習日を増やした。
ラストの一週間は火曜日から毎日練習した。
にしてもだ。7ヶ月ほどの練習で、
たった2曲の演奏とはいえ、よくやったと思う。

そう思える“納得のいく演奏”ができた。

もちろん課題も残ったし、
節目となる大本番だったから、
この後、数名やめてしまうのかな?
とも思っているし、逆に新しいメンバーを
迎え入れる準備をしなければならない。

何にしろだ、閉校したスクールバンドが
19年絶やさず出演したステージに、
そして20周年となった節目のステージに、
活動初年度の金管バンドとして
参加できたことを少し誇らしげに思いたい。

次はなんの曲やろうか?とか、
今回金管楽器ではデビューできなかった子たちを
次は曲吹けるようにしないと、とか。
思い浮かぶのは次のことばかりだ。

こうやって続いていく。

本番前日に、音楽室の黒板に
子供らに書いてもらった寄せ書き。
一つの目標に向かって、
みんなが一つになれたかな。
一つのバンドになれたかな。

青い手帳達

  

10月、ブログの投稿一つもありませんでしたね…
こっからですよこっから!って、
今年も残り2ヶ月切ってるというね…。

何気に、手帳の準備は整っています。

これと言って、新しいタイプの手帳は買っていませんが、
何気に、2016は新しい布陣という気がしています。
(2016年を待たずに、すぐにも始めるつもりです。)

意図した結果ではありますが、
カバー、表紙が全部青いというね。
うん、意図した結果です(笑)

2016年も、スケジューラーは
リドミニプランナーです。
先日東京出張の際、立ち寄れた
銀座伊東屋さんで、その場で購入。
いつもは予約の電話入れてから
11月入ってからの購入でした。
売れ筋でないのか?青いカバーのは
店頭になくて、ストックの在庫から。
すんなり買えて良かったです。

もう一つ買ったモノとしては、
ほぼ日手帳カズンのカバー
SSACK(ザック)の新型です。
先日家族で新潟に行った際、ロフトで購入。
機能的にも新型となり気に入っていますが
何より、ネイビーとなった新色がいいですね。

スケジューラーのリドミニプランナーと
会社デスクダイアリーのほぼ日手帳カズン
ということで、基本は引き続きです。
(カズンは4月はじまり)

写真にあるあとの2冊は、
動機が不純なようですが、
購入したはいいがほぼ未使用品の、
かつ中身というよりは、
カバーとして欲しかった2つ。
トラベラーズノートのブルーエディションと
品川のPORTER STANDで購入の
B6サイズの手帳カバー。

PORTERのは、最近お気に入りの
ライフの方眼ノートを入れてあって、
メモ機能を持たせていないリドと
一緒に持ち歩くようにしています。
ほぼ日手帳オリジナルみたいな感じですね。
それより十分薄いです。

問題は、トラベラーズノートのブルー。
ですが、子供達との金管クラブが
いよいよマネジメントを要してきており、
何か一冊手帳持たないとダメだな…
と思っているところでして、それになるのかと。

各用途はさておき、若干というかもろに?
青いモノ収集癖が出てしまっていますが、
気持ちよく2016を迎える準備が、
ある程度早い段階でできました。

仕事でも他でも、いろいろ課題が
見えているところなので、
自分を改善するのに、しっかり
手帳と向き合いたいと思っている、
すでに始まっている年末年始です。