部活どうする?

3月、プライベートでは
長女“お嬢”の小学卒業式があり、
そのことなどはたくさん書きたいこともあります。
(それが、学校の統廃合を振り返ることでもあり。)
そのあたりはまたいずれ…

ということでお嬢は春休み中。
入学式というか、始まる中学校ライフのことを
どんなふうに考えているのやら。

家族としても、まだ決めかねていることがある。
部活動のことだ。

小学校が統廃合するほどの地区にある中学ですから
中学も人数が多いとは言えない。
自分も通った中学であり、その頃は
1学年2クラスあったが今は1クラスしかない。

何かと深刻なのが、部活動の数が少ないということ。
さらには、団体種目でメンバーが組めないということから
女子だと、辛うじてバスケがあるが、あとはテニス。
以前なら、運動能力の高い子がやってるイメージの陸上部が
未だと消去法的にメンバーが集まりやすくなっているのだという…。
あとは芸術部。自分らの頃は文化系部活は何もなかったが、
運動が不向きな子らの受け皿になっているのがそれだ。

今も昔も、吹奏楽部はない(大昔あったらしい)。

さてうちのお嬢、どうしましょうかということだ。

実は決意がすでにあって、
だから自分も重い腰を起こして
金管クラブを発足させている。

小学主体の金管クラブだが、
これを中学も参加できるものとし、外部の活動だが
その活動をしていれば部活動をしているという
ことにならないか?

外部の水泳教室に通っている子たちが
そういうことらしく、同様に
金管クラブも適用してもらえないか?

という、中学校側との調整も実は済んでいて
お嬢だけでなく、友達も学校の部活ではなく
金管クラブの活動を続けたいと言ってくれてる子もいる。

何も戸惑うことはないのだが、
本当に学校の部活を何もせずに?それがいいのか?
というのが、今父親の悩みどころである。

学校生活の中で、部活動という団体行動って
大事だと思っていて。それが大して好きでもない、
むしろ嫌いであっても、それでも必要なことじゃないかと。

嫌いなこと、不向きなこと、かつ団体行動。
そういうストレスなことも、どんどん経験してほしいなと。
そんなことを思っている父親です。

なんにしろ、楽器を吹くことは
精一杯頑張ってほしいと思います。
本人もその気は十分みたいだから。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
close-alt close collapse comment ellipsis expand gallery heart lock menu next pinned previous reply search share star