中学生活の始まりは、バンド生活の始まり。

我が家の新年度、1番の“新しい事”は、お嬢の中学生ライフが始まったことによるあれこれです。本人は、普通に授業も始まってるし、委員会活動とか、宿題も今週は始まったようですが、小学校でのそれらが、中学校でのそれらに変わっただけ?…もしかしたら大して変わってないのかもしれませんね、同じ学校生活。

大きく変わったなーと見えるのは、(どの時点でそうなってるのか知りませんが)家では学校指定の運動着を着て過ごしていることです。見ているこっちも、「お、家の中に中学生がいる」と感じます。それが、小学生のときと1番の変化かもしれません(もちろん通学時の制服着用と)。

さて、授業が始まったり、学校での役割が決まったりと書きましたが、これにもう1つ、部活動が決まれば、中学校生活がしっかり始まったとなるのだと思います。部活をどうするのか?小学校で金管(トロンボーン)始めた頃からずっと考え出していたことです。中学には吹奏楽部がなく、お嬢が中学になっても、継続して楽器を吹ける場を作りたい…という思いで始動した金管クラブです(あえて個人的な書き方をしましたが、実際は違いますよ)。

中学になっても、部活がなくても、トロンボーン吹いてる、音楽活動している、という状況をつくることで、学校内の部活動ではないけれど、外部扱いとして、“部活動をやっている”ということにしてもらおう、というわけなのです。それでも、やっぱり学校の部活動には何かしら属したほうがいいのでは…と親としては悩んでしまったり。

お嬢の1週間のなかで、“トロンボーン活動している”と言うには、1週間で、多くて2回の金管クラブの練習では不足なのでは?という思いと、単純にもっと思い切ったレベルアップを図りたいということで、中学に入ったら、自分が元いたバンドに入ってもらおう、そう思っていました。もちろん本人も望むところであり、中学生活の始まりは、バンド生活の始まりでもあるというのが、本人にとってもモチベーションになっていました(最近違うモチベーションのほうが高かったりしますが…)。

 昨日、以前と変わらぬ火曜日の練習日。いよいよということで、バンドの練習に行ってきました。現在、当バンドはサックスパートを除いてはメンバー不足。トロンボーンが1番不足していて、メンバーとしてたった1人いる姉さんも、仕事の都合で毎週は来れなかったりの状況。昨日も来れないとわかっていながら、お嬢は心細かったと思いますが、これからそういう日もあるというのを、初日から経験してもらいました。

昨日は、優しいサックスの姉さんが、楽器はサックスでパートはトロンボーンで付き合ってくれました。何気にお嬢も幼い頃から出入りしているバンドですから、そういう意味では安心なところ。そして、大人たちの予想に反して、楽譜は追えてるし、音も思ったよりは出せています。なかなか大したもんです。若い子は覚えが早いから、3ヶ月もしたらまぁまぁ吹けるようになるんじゃないだろうか?実に楽しみです。

すっかり便乗ですが、お父さんもバンド生活があっさり再開となりました。しばらくは、付き添い保護者レベルでいいかなー…などと思っています。いや、少し離れていた分、気楽でいたいなと思っています。自分がどうこうというより、お嬢を見守っていくくらいの俯瞰がいいのかなと。

火曜日は、夜の活動となるので生活リズム崩してしまいますが、1週間でのリズムとして整えていかないといけません。それも、父と娘の共通課題です(笑・いやまじで)。

バンド活動、バンドのある生活、ちょっと大変になりますが、かなり楽しい日々が始まりますよ。父もしっかり楽しみたいと思います。

広告

改行式と段落式

新年度の初投稿です。

何度かトライしながら、断念してきた書き方で、また書いてみようと思います。書き方とは、キーボードなどツールのことではなく、また、どこで書くか?といった場所のことでもありません。改行についてです。

私はずっと、1行ずつ改行を入れる書き方でブログを書いてきました。糸井重里さんの書く「今日のダーリン」に習ってという意識も強いですが、糸井さんのそれを読むようになる以前から、ずっと改行してきました。よくメールの書き方で推奨される、1行が長くなりすぎないように、区切りのよい文節で改行しましょう、などと言われるあの書き方です。

自分の書く文は、言いたいことに対して前説みたいな、枕言葉が多すぎてまどろっこしいな…と思うことがしょっちゅうなんですが、端的に言葉を綴って、それによってシンプルな文章を書きたい、そのための改行、のはずがなっていないと自己分析するならば、書き方変えてみるのもいいのかもしれません。

出来たものを見るにも、このように段落書き?するより、改行の入ったもののほうが、ぱっと見読んでもらえるような?読む気をそそるような気がしていたのです。自分自身、そうやって文章を見た目で判断するという、悪い癖がついてしまっているんでしょうね。

さて、そしてツールの話になるのですが、どうやら書くにも読むにも、“改行式”は不都合が多くなってきているものですから、“段落式”に変えてみよう、年度かわったついでに…という目論見でございましてね。

まずワードプレスの投稿、今日はiPhoneでアプリで書いているのですが、ここでは改行を入れるとえらく行間が空いてしまうんです。こうなってしまいます…

あああああ(改行)

いいいいい(改行)

段落書きで書いていると、そこまでの行間にはなりません。あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ、このように。

ワードプレスになってから、1番多くはパソコンの投稿画面を使っていましたが、最近ユーザーインターフェイスと言っていいのでしょうか、それが変わってしまったんです。しばらくは旧タイプと新タイプを選ぶことができたんですが、どうやら最近完全に切り替わってしまいました(操作方法をわかってないだけかもしれません)。

そもそもブログは、どっしりも書きたいけど、どこにいても書きたいものなので、いつも持ってるスマホというか、iPhoneの環境下で書きたい、というのが本意です。でもキーボード問題含め、iPhone持つようになってからというのが、あまり書けなくなった…というのが実情です。

ちなみに、奥手だったフリック入力も、今では随分早く入力できるようになったと思います。もうフリックでも長文作成全然平気!とさえ思っています。でもなんか違うな〜と思ってしまうのです。

改行式の欠点、自分でも納得できずにそうしてきたのは、やはり読むときの問題、読んでもらうにも美しくない状態というのが嫌気となっていました。画面サイズに対して、1行がうまくはまらず、“ちょろっと2行”になってしまうあれです。今この投稿画面(iPhone5sでワードプレスアプリ、画面縦使いによる)で再現しようとするとこうなります(実際には1行で書いています)。

あああああああああああああああああああ

いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

画面を横にすれば十分余裕があるんですけどね。基本、スマホは縦で使うでしょうからね。iPhoneでいうと6世代なら画面が大きく、1行で扱える文字数もやや長くても収まってくれているのかもしれませんが、その、相手によってどうなってしまっているのか予測がつかない改行式は、やっぱりダメだな…と、これはずっと思ってきたことなんですけどね。ですから何度も段落式には挑戦してきたんです。

とにかく新年度、新しいことへの挑戦の1つとして、ブログを段落式で書いてみます。

写真と全く無関係なことを書いてしまいました(笑)娘2人が、可愛さ増したな〜なんて…切なくも愛おしい、この春でございます。

今年度、たくさんいろんなこと書けるよう頑張ります。