節約がテーマの機種変。

我が家の携帯環境を見直しまして、今回は、ワイモバイルで「iPhone5s」を2台購入しました。自分の分と、お嬢(中学1年)の分です。

我が家というか、自分と奥様は、長きに渡りPHSユーザーです。「ワイモバイル」に合併される前の「ウィルコム」、その前身である「DDIポケット」時代からずっとです。途中、「au」を使用したときがありますが、それも同じKDDI系のキャリアだったからと言えます。

そして「iPhone」ユーザーになるべく「ソフトバンク」ユーザーになり今に至ります。当時はまだ1社独占でしたから。なんの因果か、かつてKDDI系のサービスだったPHSは、ソフトバンク系の「ワイモバイル」が引き継いでいる…ということになりますが、この短期間(5年〜10年?)での通信キャリア業界の移り変わりを、我が家はPHSサービスを通して見てきました。

さてさて。小難しい話から入らせていただきましたが、要は、家族それぞれ、iPhoneとPHS端末の2台持ちだったものを、iPhone1台に集約することができた、ということです。物理的にもですし、お支払いもスッキリとなりますのでとても良かったなと思っています。

それでもまだ、ソフトバンクとワイモバイルの2社に支払いが生じていますので、まだスッキリさせられる要素があります。図解のとおりですが、奥様のがまだソフトバンクですので、いずれこれもワイモバイルに替える、そうすると月々の料金も下がる…そう、今回の我が家の取り組みは、はっきり言って“節約”、目的はそこに尽きます。

アップルから「iPhone SE」の発表があって、あ、これで次の2年しばりが終わったらSEに買い換えよう、アップルさん、小さいスマホも出してくれてありがとう!個人的にはそう思っていました。個人的に、時代に乗り遅れているな…と思っているのが、どうしても大きいスマホに興味が持てないというところ。スマホは、今使っているiPhone5sやSEのサイズが限界…自分はそう決め付けてしまっています。

そう思っていなければ、今回の自分の機種変(契約上は奥様のPHSからの機種変)、5s→5sなんて何の魅力も感じなかったでしょう。せめて色だけでも変えようと、「白にする」って言ったら奥様とお嬢から総スカンくらいw それには少しがっかりしていますが、今回の機種変は、個人的にはとても納得しています。機種代金残存支払ってまでの機種変でしたけど。

しかも、64Gだったのを16Gまで落としました。コースも、最低料金の2980円てやつです。これに関してはお嬢の分も、本人もちろん大容量、高い料金コースを望みましたが、最低容量、最低料金コースにしました。なぜならば、今回の機種変のテーマが節約だったからです。

節約がテーマなら、iPhone持つこと自体をやめたほうがいいw

そうじゃなくて、持ちたいiPhoneを持てるわけだから、それ以上の贅沢はいいでしょ?ってわけです。自分に対して、お嬢に対しての戒めですw

それは冗談ではなく、これを機に、スマホとの向き合い方をしっかり見直したい、少しスマホと距離を置いてみようと思っている自分と、中学生のお嬢にスマホが必要なのか?なぜ今買い与えるのか?そこをしっかり自分でも考え、お嬢にも、ちゃんとした使い方を教え込んでいこう…そう思っています。

ハード(端末)やキャリアの整理の話になっていますが、今回の見直しに至るのは、やはりLINEの存在が大きいです。家族間のやりとりは、ほとんどLINEになっていますし、電話しないことから考えると、キャリア各社は通信料では食っていけないだろうな?と思います。国がそれを安くしろと言ってくれてるわけですし。

話が我が家のことだったり業界大筋の話に行ったり来たりですが、要するにそれイコールなんでね。これからも業界の動きを見ながら、家計だったり、家族とのコミュニケーションについて考えていきたいですね。

なんたって大事なのは、一緒にいる時間をいかに大事にできるか。節約よりも根底にあるテーマはそこなんだと思います。

「子供にスマホ」な話は、また改めて書いてみたいと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中