iPhone8とカバー

4月も結局、たいしてブログを書けずに終了。
心機一転で迎えたこの4月。
昨年度までと変わって、
平日勤務の土日休み(一応)となって
毎日のいろんなサイクルも変わってきて
ブログなんかも書けるようなそんな時間を…
そこまで安定的に産み出せるような
そんな1ヶ月ではなかったなぁ…。

でもまぁ、ほんと心機一転て感じです。

そんな新年度に、
いろんな新アイテムを迎えてたんですが
その一つが、iPhone8。
5sからの機種変(キャリア変え)でしたので
何気にジャンプアップでした。

だって、8ってiPhone Xとやらを除けば
現行機種なわけでしょ。
現行機種だなんて随分久しぶり。
ずっと“周回遅れ”で来てたようなものでね。
家計の見直し的に、私とお嬢(中三長女)の周回遅れは
iPhone6の奥様を追い越してしまったのでした。

でしたが、iPhoneが8になったことには
あまり実感もなく(同じiOSで動くマシンなわけで)
そこでの心機一転はあまり意識してませんでしたが
やはりカバーをね、“持ってる感じ”で
新しさを感じたかったわけです。

この1ヶ月で4つもカバー買った次第w

あまり実感もなく、というのは
実際にはそうではなく、
サイズが大きくなってるわけです。
正直なところ、次に機種変するときは
現行SE、または次期SEと思っていて
つまりサイズを、
そこまでに留めておきたかったのです。
そんな本人の意思はまったく無視された
我が家の今回の見直しだったわけです。

カバーの話。
どのタイプにするか悩んだ私は、
取り急ぎ3つ、タイプ違いでポチりました。
ハズレ覚悟の買い物だったので、
比較的安いのを狙いました。

今まで一度も使ったことのない、
全面覆ってしまうスーツ型?とでも言うのか
薄型のそれを一番楽しみにしていたんですが
一方で一番安いのをポチったせいで
それが一番だめでした…。このタイプのは、
よほど精度の高いのを選ばないとだめだなと思います。

手帳型?とでも言うのか
(すみませんいちいち説明が適当で)
フタのついたそれは、
以前5sでも使ってもののサイズ違いでしたが、
質感そのものは気に入ってたんですが
本体が大きくなった関係か?
フタを閉じたとき若干よれてしまうのと
カメラの部分がペタンとなってるのが許せず…
5sのとき気に入ってたのに裏切られた感じ。

img_5148

でもまぁ、この手帳型と、
背面にカード差し込めるやつは
補助的に持っておくことにして、

やっぱりスリーブケースがいい

てことで、これまた以前も使ってた
皮製のこれを、後になって求めました。

いろいろカバーを試してみて
結局のところにたどり着くのですが、
iPhoneというのは、
やはりとても素晴らしい製品だと思います。
(それ以外の製品も良くなってきていることも認めつつ)

素晴らしい製品、良い製品というのは、
カバーやらフィルムすら、
何も付けずにそのまま使うのがベストの状態、
それが良い製品だと思っています。

いきなりカバーつけて使ってたので
iPhone8の背面がガラスだったってことも
気にせず使ってたんですが、
やっぱり“素な”状態のものを
素手で触ってるのが一番心地良いんですよね。

両面ガラスなのと、
大きくなってまだ持ちなれてないサイズ感から
いつ落としてしまうかもしれないという
危機感を持ちつつ、実際持ったときスベスベしてて
ほんと落とすのが怖いんですけど、
少し持ってると手が汗ばんできて
逆にピタッと手に馴染んでくるのがガラスの感触。
(どっちかというと手はいつも乾燥してるほう)

あぁ、このiPhoneは素で使おう。

そう思ったら、やっぱりケースは
スリーブケースだなと思ったわけでした。

背面ガラスは7世代からでしたでしょうか。そして
自分が始めて手にしたiPhone、4世代もガラスでした。

あれ?白いiPhoneにしたのは初めてかな。
サイズは正直、4世代5世代のが
いいと思っているんですが、
いかんせん老眼が酷くなっているのもあって
小さいiPhoneはもう無理なのかな…と思ったり。
でも次期SEが、Xのような
フルディスプレイになれば
そっちがいいかなと思ったり。
やっぱりこの製品の“次”には
いつも期待しています。

そうね、“今ある満足”より
“次への期待”が、継続への力かと。

スリーブケースについては以前の投稿を…

monooto|スリーブケース(2015/01/26

さて。新年度1ヶ月目終了。
新体制、本番はまだまだこれからですよ。

広告

新しいデスクトップ

unnamed (1)

今年度4月から、社内での転籍がありまして
15・6年ぶりに、デスクのある場所が変わりました。

ちなみに勤め先の建物が変わるのが20年ぶりくらい?
異動という経験が数少なく、1回、2回、3回…
27年の会社勤めの中で、今回が4回め?でしょうか。

ちなみにちなみに、建物で言うと
3月までいた場所と、今回移ってきたというか
戻ってきた場所、この二つの建物、しかも並んで建ってるw
27年務めてきて、ですから通勤ルートはずっと同じw

そんな、会社勤め28年目の春を迎えております。

異動に対する不安?それがあったのかなかったのか
今となってはよくわかりませんがw
単純に“デスクが替わる”ということに
期待感を持ってこの春を迎えました。
そのくらいの楽しみ、前向きさを持たなければ
こんなんやってられっかよ!?ということでしょう。
(いやいや真面目に何事にも前向きに)

デスクが替わっても、
デスクトップのセッティングは以前同様。

・ノートPCとのディアルディスプレイ
・ノートPCのキーボードのところの
 自作トレイが手帳とスマホの居場所
・日常的に使うファイルと文房具はデスクトップ上

この3つが基本となっています。
実は今回の異動で20人近く集められたそのフロアには
真新しい机とイス、そしてデスクトップPCを
用意してもらっていましたが、
自分だけ、以前からのノートPCを持ってきて
我がまま言ってデュアルにしてます。
一人で色も黒いし。

営業マンが集まったフロアなので、そこに
人がいる場合(デスクワーカー)は少ないんですが
自分もその一人なのに、一番長くいますね、机に。

以前から、現場主義者ではありますが
いろいろと産み出す場所として
事務所のデスクはとても大事な場所です。
ここで情報を集めたり、発見したり
それをここで整理して、
こうじゃないかと仮説や提案を起こす…

今回、担当する現場も増えたんですが
現場からではなく、この場所を基点にして
今までどおり、楽しいこと、前向きなことを
考えていこうと思っています。

三春の滝桜

unnamed.jpg

それが日本三大桜だとか、
それが同じ東北にあったとか、
ブログでのお友達付き合いがなかったら
きっと知らないでいたかもしれない、それ。

毎年見に行きたいと思っていたけど、
地元でのお花見すら出来ずにいたここ数年。

今年の春は、ここ数年、いえ、
ここ十数年とは“違う春”を迎えていて、
だから見に行きたかった三春の滝桜も見に行ったし、
地元でのお花見も、しっかり行こうと思ってる。

2月、3月と、忙しさもあったけど
どんな春を迎えられるのか?よくわからずにいた。
4月に入って1週間。
目指すべきところ、あるべき姿は、
見えているかなと思うし、
踏み出すことも出来てると思ってる。

自分だけじゃない。
“保育園4年生”で年小組さんになって
保育園バッグを持っての通園が始まったイヴ子と、
いよいよ受験生、生徒会副会長のお嬢と、
キャリアアップした奥様と。

みんなでステージアップした、この春の我が家。

4人で見た三春の滝桜を、しっかり胸に刻んで、
4人で、毎日を楽しんでいこう…そう願った父でした。

そして、ブログに書きたいことは“わんさか”あるし、
音楽リスナー30周年の
45歳で45曲のプレイリストも、
途中で止まってましたのでね…

再開の4月、リスタートの4月にしますよ。