お店

ひとり打ち上げ

仕事の“ひとやま”を越えたタイミングで、1人で(家族で行くのとは別に)職場から近いカフェに行って、時間を過ごすようにしています。

それが(ひとり打ち上げ)。

今回のひとやまとは、2月から3月、そして4月1日までにあった、一山どころかいくつもの山を乗り越えて、ようやく一息つけるタイミングを得た…という感じです。

長い道のりというか、連日長い夜を過ごしてたなと…。

方やお邪魔したカフェのほうも、春休みの繁忙期から一段落し、今週は休暇をとられるご予定。リセット、大事ですよね。

正直、今回についてほ少し長い、1週間とか、そのくらいの休みが欲しいけど、そうはいかない状況。

でも、“ちょっとした”時間が、ちょこちょこ産まれ初めているので、それを余裕にしていきたいと思っている今日この頃です。

それにしても、うちもどっか旅行いきたいなー。

広告

お店を作る仕事。

この年度末。
今自分が持っている能力のようなものがあれば
それら全てを出し切りたい…“自分の”と言うと
どこかエゴのようだけど、自分だけでなく
チームとして持ってる力を出し切りたい…
もちろんいつもそういう思いだけど、
年度を締め括るにあたっての必須条件、
それが“出し切りたい”であり、結果
かなりの内容を“詰め込んだ年度末”でした。

この1年間の集大成。
やってきたことを形にすることであり、
もちろん上手くいかなかったこともあったから
それらを挽回したい、ツーペイにしたい、
その一心でした。

平成27年度は“リカバリーな一年”でした。

まず問題が先に起きてしまい、
それをカバーする、フォローするための行動の日々。
理想は問題が起きる前に察知し“先手を打つ”であり、
そのための行動と比較すると
疲労感、疲弊感もだいぶ違ってきます。

それに加えて、前年度に比べてマンパワーの不足。
こうして過ぎてしまえば、やればできるもんだ…
などと自分でも錯覚してしまいますが、実際には
出来なかったから削減した物事も多くあります。

つまり、前年度の日々の行動をあらゆる面で見直し、
精査し、変化、進化させる行動は出来たと思いますが
前年度を大きく上回るだけの何かを起す、かつ先手で、
というのは出来ていなかったと言わざるを得ない、
です。

書こうと思ったことと裏腹に、
年度の総括になってしまっていますが、
何にしろ、今年度も
新しいいくつかのお店のオープンに
立ち会えたことを嬉しく思っています。

それこそが、自分の本業、実業であり、
新しいお店、そこが提供する商品、サービスが
この地域への新しい情報発信であるということ。

(大好きな)モノが売れにくい時代となりました。
売れにくい、=買う人たちが買いにくい、
またはそれほど欲しくない時代と言えます。

じゃあどうするか?
走りながら考える日々は続きます。

そう、苦しくも、続いていることに謙虚になって
日々を邁進していこうと思います。

STANDBY TOKYO

  

都内へ出張でした。日帰りの。
日帰りでも一泊であっても
時間の使い方は同様に、
無駄のないよう動きたいものですが、
日帰りの場合やはりその意識は高まります。

今日は訪問先の移動にも無理もなく
スムーズに動けていましたが、
駅以外のところに無駄に出歩かなかったのも
時間を有効に使えた要因かもしれません。

というか、駅の中で過ごしてる時間が
長かったのかもしれません。

本当は行きたいお店もあったのですが
今回は駅近くや、いわゆる「エキナカ」
で済ませました。新幹線から降りては、
いつも横目にしてたこちらに
今日初めて店内に入ってみました。

⚫︎ STANDBY TOKYO|エキナカポータル

エキナカということで、トラベル用品が
充実というかコンセプトのお店。
PORTERがそれなりに品揃えしてあるし。

コーヒースタンド(テイクアウト)と
物販のお店という認識で、
店内で飲めると思ってなかったのですが
カフェスペースもあったのでした。
ここで時間過ごせばよかったと後悔したり。

で、今回の出張、どこかでノート買えたら…
と思っていたのですが、こちらで、こちらのを購入。

⚫︎ ライフ株式会社

そして、食後でもあったので
帰りの新幹線の中で飲むコーヒーを。
すっきりした味わいで美味しかったです。

⚫︎ 猿田彦珈琲

小さくて、文房具あり、PORTERあり、
スペシャリティーコーヒーが飲めて。

個人的に大好きなお店要素満載。

今度はカフェスペースを利用してみよう。

ようやくのクールビズ。

  

書くたびの…お久しぶりでございます。

相変わらず物事に整理つけることが
できない日々というか、
梅雨なのに雨も降らず、
じめじめではないけど
暑さは十分夏でただ鬱陶しい…
そんな(どんな?)日々が続いております。
今日は降っていましたが、
雨が恋しい梅雨シーズン…
皆様いかがお過ごしでしょう?みたいな。
(だからどんな?)

ところでようやく、
この夏のクールビズの準備を整えました。

毎日暑い日が続いておりますが、
スーツの日は必ずネクタイして通勤してます。
というのも、“クールビズな”シャツ?を、
持ち合わせていなかったものですから、
だからのネクタイでございます。

というのも、“ネクタイ外すだけ”の
クールビズというのが嫌いでして。それ以前に
クールビズ自体どうかと思っていますが…。

クールビズって結局だらしない感じしません?
むしろ暑苦しそうに見えてしまったり…。

半袖というのも、結果暑い気がします。
だいたいYシャツというのはシャツなんで
肌を覆うためのモノですよね?
カフスは上着の袖口を汚さないためのモノだし。
“上着を着なければならないのなら”
その下は長袖でしょう。夏でも。夏ゆえ。

ということで私のクールビズは長袖シャツ。
(上着を着なければならないのなら)

あと襟ですけど、クールビズなシャツは、
やはり襟もとが一番主張してると思うんですが、
男性的なデザインが施されているモノも
個人的にはあまり好きでありません。

とまぁ、毎度品定めが面倒な男です(笑)
今回は、カジュアルめでもいける2着。
(というかどっちもカジュアルか。)
ギンガムチェックのボタンダウンは麻地。
白シャツはワイドスプレッドカラーを。

購入したお店に行く前に、別のお店で
3枚で1万円のを買おうと
3枚選ぼうとしていたんですが、
やっぱりシャツは少しでも良さげを…
と思い、以前から行きたかった
“山形七日町店”に行って来ました。

メーカーズシャツ鎌倉 山形七日町店

「鎌倉シャツ」というと、都内出張の際
いつでも立ち寄れるんですが、
小さいお店にいつもお客さんが数人いらして、
こっちも時間なかったりするわけですが
ゆっくりお店で接客を受けるのが難しそうで
いつも入店できずに諦めていました。

その「鎌倉シャツ」のフランチャイズ店でしょうね、
それが住んでる県内に、東北唯一であるんです。

「鶴岡から来ました~」と声がけさせてもらい、
お話させていただきながら楽しくお買い物できました。
今回は短時間でちゃちゃっと2着でしたが、
またゆっくり、ここで買い物しようと思いました。

この投稿、書き出した日から数日が経過。
梅雨が明けた日に書き終えました。
暑さはまだまだこれからでしょうかね~。
夏本番、長袖シャツで爽やかに?
いきたいと思っております!

試着のみ。

  

先日、新潟に出張がありまして。

久しぶりに古町に用事があったので、
お昼にはタレカツを食べ、その後
以前から行きたかったショップへ行ってきました。

ショップにも行きたいと思っていましたが
その店で試着したいパンツがあったからです。

鎌倉にショップがある James & Co.

そこで展開されるブランドの一つ STUDIO ORIBE

そのラインナップの一つ L POCKET PANTS

鎌倉にショップがあるとはいえ、
その商品を扱うショップは全国あちこちあるわけですが
そもそもオーナーさんが新潟ご出身なんですかね。

新潟のショップの名前が JAMES ですから、
新潟発祥なのか?とか、そんなモノオモイにふけてみたり。
(実際そうみたいです)

さて念願の試着。
念願て…いや、本当に楽しみにはしてたモノ。
店員さんには、

「スミマセン、今日は試着(のみ)です。」

と断言しといての試着。
もちろん気持ちよく応対してもらいましたが、
もし後日ネットで買うとしても、
このショップから買おうと思ってたので
こちらも気持ちよく試着させていただきました。
気持ちよくというのは負い目なくという(笑)

でも、通販じゃなく
また新潟古町に来て買いたいなと思いました。

JAMESさん、とても素敵なショップでした。
買いモノしたい、リアルショップでした。

20140719-184731-67651535.jpg

先日、品川に立ち寄り(「品達」に行きましたさ)、
吉田カバンの新しいコンセプトショップ、
「PORTER STAND」に行ってきました。
買いモノもしてきました。

PORTER STAND

品川のエキュートに出来たと聞き、
勝手にエキュートの2Fの、
「スミス」(文房具)、「ペーパーウォール」(本)と
近くとかだと思って直行したんですが違ってて、
同じ駅構内の「品川サウス」だったという(下調べのなさ)。
(単に「スミス」と「ペーパーウォール」の並びが好きで
 そこにあって欲しい…と勝手に思ってただけです。)

スタンドですもんね、人が行き交うロケーション、
目的を持って来店してもらうというより、
ふらっと立ち寄ってもらう、のお店スタイルなわけですよね。

ところで、久しぶりの東京出張だったのですが、
ちょっと感じたのは(エキュートのような駅構内SCでなくてもの話)
駅構内にあるショップのスタイルというか、
役割が多様化しているなと感じました。

「PORTER STAND」だけでなく、スタンドと名乗る店、
“スタンドという方向性”のショップが増えてますよね。

都内なら、駅ナカが超一等地なのでしょう。

さて、駅の中で欲しくなるカバン、または
カバンが必要となるシチュエーションてどんなでしょう?
きっとそんなコトを考えられて、
「PORTER STAND」というお店は作られたのだと思います。

大きなトランクをかたどった什器がおもしろかったです。
考えて見れば、カバンと駅は分けて考えるコトができない、
それぞれモノと場所ですからね。

一方で、品川という場所柄、
ビジネスでの利用者が多いでしょうから
品揃え的には、(トラベル向けだけでなく)
ビジネス向けとのバランスをとっていたと感じました。

ま、もし自分が毎日使う駅なら、
ほぼ毎日行くというか、ショップの前を通行するでしょうけどw

あ、何を買ったかはまた別投稿にて。

20140717-182338-66218687.jpg

久しぶりに東京に出張でした。

久しぶりというコトで正直に楽しみでしたが
以前のように、事前の準備…
もちろん用務優先ですが、その用務先近辺で
どこか行きたい店がないか?とか、
(主にラーメン屋だったりするわけですがw)
調べる行為を全くせずしての今回出張でした。

用務(アポ)の数も多かった出張でしたが
うまくこなせたというか、それが当たり前なんでしょうが
自分も都内の移動には随分慣れて来たんだなと。

iPad miniのおかげですけどねw

それと、久しぶりだったんで、
新規開拓(冒険する)より、
行き慣れてるところに行きたかったという。

ラーメンは、品達で「なんつッ亭」と
原宿で「AFURI」を。美味しかった。

一息つくのもいつもの「THE TERMINAL
もうターミナルに行くのはお決まりなんで。
一息つくと言ってもそこでメールの返信とか
用務のレポート書いたりなんで、
しっかり仕事なんですけどね。

そのターミナルのすぐそばに、
以前から行きたかったお店があったのです。

近いのは認識していましたが、
まさかすぐそば…隣の地下だったとは。

看板一つないお店でした。

覗いても商品も見えないし…
いえ、ちろっと靴が見えたんで
間違いないとは思いましたが、
洋服が見えないと自信が持てずw

あ、洋服屋さんです。

けっこう前に買ってあった
「ふだん着」という雑誌があって、
その雑誌自体ベーシックなアイテムを
綴っていた雑誌で、だからいつも
パラパラ見てる一冊なんですが、それに
このお店「nisica」の洋服が載っています。

全国のセレクトショップなど
ネットでも買える洋服なんですが、
商品の質感、どんなお店なのか?
もちろんサイズ感も確かめたかったので
行ってみたかったのです。

店主さんなのか?オーナーさんなのか?
そこまで聞かなかったですが、
商品のコト、しっかり伝えてくれるおじさま?
がいらっしゃいました。

思ってたより小さなお店でしたし、
そういうところに慣れていないと
おっかなびっくりなお店かもしれませんが、
居心地がとても良かったです、自分には。

一枚、シャツを買いました。

シャツは一通り欲しかったな…。
サイズ感確認できたし、
今度はネットでも買えるけど、
またターミナルに来たときに買いたい。

もうすっかり、原宿大好き人間ですw

⚫︎ nisica

新発田市で古道具屋さん「ハチミツ」との出会い。

20140329-071340.jpg

3連休最終日もよその商業施設へ行ってきました。
今日はお嬢を連れて、2人のドライブ。
お嬢も、前日買った服を着て出かけたかったので
なんだか娘とデートな?休日でした。

今日は、車で2時間弱かかる、新潟県新発田市へ。
通常なら、そこからさらに足を伸ばして新潟市内の、
特に万代エリアというのは、外さず足を運ぶところ
今日はあえての新発田までと決めていました。

夕暮れ時に笹川流れを走りたかったもので。
(早めに帰宅しようというただそれだけ)

新潟市内まで行けない、行かないという、
若干のフラストレーションを味わって?
おきたかったというのもありまして。

ですが、新発田に行くのに
全国展開しているSCだけ見に行くのも
“つまらない行為”だと思ったので、
前日に行きたいショップをチェックしていました。

「新発田に良い雑貨屋がある」と記憶してて
「新発田 雑貨屋」とだけでググったら
その店はすぐに出てきてくれました。

⚫︎ 古道具ハチミツ

雑貨じゃなくて古道具か。
ところがこれがとても素敵なお店で、

自分の生涯の着地点?

を見てしまったかのように思いました。
納屋だったとおっしゃってましたが、
古い建物をリユースしての、
並んでいる品物もどれも素敵な古いモノたち。

20140329-073145.jpg

欲しいモノがたくさんあったのは言うまでもなく。
ていうか、家の蔵を漁れば出てきそうなモノたち。
これが我が家にあるモノは、ここにあるのとは
ちょっと違うんだな…こっちのほうがそそるのだ。

でも、蔵をどうするか?というのに
ほんとにいいアイディアをもらえたお店でした。
古物の買い取りもされるというコトだったので
真面目にうちに来てもらって、
相談にのってもらおうかなぁ…?

支店やらせてもらえませんか?なんてw

大型SC見るよりずっと楽しかったです。
(これはお嬢も)
街の中には、面白いお店があって
それを見つけられずにいたり、
知らずに楽しんでいなかったりするんだろうな。

大型商業施設があろうがなかろうが、それは関係ない。

むしろ、あってくれたほうが際立ってくる。

素敵なお店に出会えるとほんと嬉しい。
自宅から、ちょっと2時間かかるけど、
ドライブして新発田の「ハチミツ」さんに行って、
という休日の過ごし方が出来た喜び。
今度は何か美味しい食べ物屋さんを探してみようw