2017年のベストバイ

もうこれは揺るぎない気がするので発表です。

今年の買い物は、正直言って万単位のものは
ほとんど買ってないかな?と記憶しているんですが
“小物をぽろぽろ買ってた1年”だったなと思っています。

そういう意味でも象徴的だったのが
このブルートゥーススピーカーのお買い物。

もともと、この手のスピーカーで
ずっと欲しくていたのが BOSE SoundLink Mini です。
今年は新機種というか代替わりもしたかと。
家族で定期なお買い物のコストコに行くたび
売価2万を切っているのをいつも欲しいと思いつつ、
“いや買うなら絶対直販のネット通販だ”と
得意の拘りもあったため、買えずにいました。

そんなでしたが、とある東京出張の際、
ステーショナリーショップ「Smith」で
ばったり見つけてしまったわけです。

てな具合でございましたよ。
買ってすぐホテルに戻ってデスクで開封の儀。
その時点で思ったんです。

BOSEのは、出張なり持ち歩くのはやはり重い。
買ったタオトロニクスのくらいがきっとちょうどいい。
実際、毎日の常備品のひとつになりました。
手帳やスマホと同じ扱いってわけです。
それにはもってこいのスピーカーだと思います。

もっと小さいのもあるでしょうが、
何よりデザインに一目ぼれでしたし、
文房具屋さんで売ってて、それを買ったというのが
買い物としてとても気分が良かったわけですw
スミス(デルフォニクス)の商品セレクト素晴らしい!

肝心の音については、正直、万単位のものには
劣るでしょうけど、問題ないレベルどころか、
きっと良いほうだと思います。
比較対象のをたくさん聴いたこともないのでわかりませんし
なにせiPhoneのスピーカーから
シャカシャカ聴いていたのに比べれば雲泥の差なわけです。

電池は内臓の充電式ですが連続8時間かな。
十分ですし、家でも会社でもときどき
パソコンのUSBで充電してます。

せっかくのワイヤレスですが、
家ではノートパソコンのイヤホンジャックで
有線接続してます(写真もその状態)。
まぁ、どっちでもいいんですけどねw

防水ってことなんですが
お風呂に持っていったことはありません。
ただ家では台所に立つときが一番使ってます。
とはいえ濡れるようなところにはおきません。

あとは会社で事務所に一人になったり、
その他作業場で一人になったら、
作業用BGMを聴けるようになりました。
(台所のも、洗い物のときのBGM)

こんなふうに、音楽を聴く機会が倍増どころでないです。
それがわかってたから早く買いたいと思っていたんですが
本当に、Bluetoothスピーカー買ってよかったなって、
しかもそれが3,000円もしないで!ということで
とっても満足してます。

IMG_3743
  
こっちが家で再度の開封の儀したときの写真ですね。
CDが行方不明になってるマイルスの
カインド・オブ・ブルーをYou Tubeで聴いてみたという。

逆にというか、
家ではやはりどっしり音楽を聴きたいなって
思わせてくれたのもこのスピーカーのおかげかな。
これは若い頃からの夢ですが、
やっぱりオーディオルームと、
それなりのオーディオが欲しいなぁ…
なんて、思う今日この頃です。

TaoTronics |TT-SK09Bluetooth スピーカー
デルフォニクスショップ|Smith

広告

手帳の準備完了。

12月です。師走です。誕生月です。

1月より、4月より、
気持ちがピシっと、キリっとなるのが12月です。

その割に、コタツのせいでだらっとするのも12月です。
もとい、コタツのせいではありませんね、
それもこれも自分のせい…。

さて、先日の東京出張で、
無事、来年のリドミニプランナーを
銀座「伊東屋」さんにて購入してきました。
無事というのも、毎年それにしている
青いカバーのが店頭に置いてなくて、
もしかして買えない?とやや焦ったのもありまして。

そして、今日12月1日は、
ほぼ日手帳2018での新ラインナップ、
「ほぼ日5年手帳」の発売開始日でしたので
ネットでの注文を、こちらも無事滞りなく終了。

とりあえず2018年の手帳の、
新年を迎える分のは準備完了でございます。

使い始めは新年元旦からです。
あと1ヶ月は、今年1年をしっかり振り返り
来年の方向性を定めていきたいと思います。

そして、忙しい師走の1ヶ月になりますが、
ブログを書く時間をしっかり作っていきたいと思います。

一年間、ためにためたネタがたくさんありますのでね…

リドミニプランナー|伊東屋オンラインストア
ほぼ日5年手帳|ほぼ日刊イトイ新聞

渋谷にあるレコード屋さん。

IMG_4467
 
東京出張(年内最後だと思いますが)行ってきました。

このタイミングで行く東京出張では、
銀座「伊東屋」での手帳の買い物が恒例ですが、
(それも行ってきましたが)今回は夜時間があったので
タワーレコード渋谷店に行ってきました。

2時間ちょっと居ました。

日本最大のCDショップです。
2時間でも全てを見尽くすには十分な時間ではないです。
でも、もう何年もしていなかったその
“2時間もCDショップに入り浸る”という行為ができて
有意義な時間でした。

こうやってショップで
目にした、耳にした音楽から情報を得ては、
自分の好きな音楽を、深めたり、
広げていたんだな、若い頃は…なんて思いました。

日本最大のCDショップに行くには
渋谷まで行かなければならない。または、
渋谷に行ける人でなければ、そのショップには行けない。

でも今はインターネットがあるから、
渋谷に行かなくても、日本最大のショップに行かなくても
ビル一棟の店内にある在庫商品よりも
遥かに多い在庫の中から商品を求めることができる。

こういうの、音楽に限らずなことですけど
どっちも(リアルショップもネットも)ある今を、
うまく使い分けて、楽しむことができたらなって思います。

ところで、今年は去年よりCD買いました。
自分で買うCDの量は、CDの業界的推移と同様に、
年々減ってしまっていましたが、もしや?
業界も自分も底を打ったか…?w

さて、買ったCDについてはまた後日。

シヤチハタ データネーム EX


 
今気づいたんですが、「シヤチハタ」って、
“シャ”チハタでなかったんですね?
カナ表記の場合、シ・ヤ・チハタだったんですね。
ということは読みも、シ・ヤ・チハタってこと?

さておき。

20年とかぶりでしょうか?
データネームを買い換えたというか、前に買ったのが
2000年問題に対応できなかった?かで使わなくなって
ずっと使ってなかったのを、思うところありまして購入。

まだまだ書類の多い職場だというのも
どうにかしないといけないとも思いつつ、
回ってきた書面にはしっかり目を通していかないと…
ということでして。

前から買わないとと思っていたんですが、
益々しっかりしないといけない立場になったものですから
決意表明的に買いました。

ボディーは赤で。その前に、
持ち歩かず職場のデスク限定なのでスタンド式にしました。
そして、スタンプの色は青です。
私は、手書きのメモ書き等、基本「青」のペンでして、
ハンコでも、そんなところで自己主張というか自己表現。

今回は、ネットで買いました。
(前回は地元のハンコ屋さんに頼んでたかも)
こういうお買い物はネットかなと。

年度下期スタートの、
“気を引き締めアイテム” その1でした。
(しばらく、10月あたりからの振り返り投稿が続きます。)

● シヤチハタ データネーム EX
https://www.shachihata.co.jp/products/new_item/dataname_ex/index.php

B印 YOSHIDA PORTER×B印 YOSHIDA / 別注“able SECRETARY” EXECUTIVE 手帳カバー

写真が、手帳カバーじゃなくてイヴ子に焦点合っちゃってますが(笑)、新調した手帳カバーが届いた日のワンショット。ということで、「B印 YOSHIDA」の手帳カバー、開封の儀でございます。これも7月早々に買ってましたので、使用してもう1ヵ月は経過しております。

まず、ビームスの通販にお世話になったのがはじめてでございました。最寄のビームス、仙台とか新潟行ったとしても、買えるかどうかわからない代物ですので、通販でぽちっとなーでした。

普通に、丁寧な梱包でございましたよ。

出ました、青い手帳カバー。青く見えるかもしれませんが、ネイビーです。青のは在庫なしでした。ネイビーもなかったら買ってなかったかもしれません。今も在庫見てみたら、黒とカーキが「残りわずか」と在庫があるだけで、他の色は「在庫なし」。ネイビーもなくなってたってことは、自分のもギリギリだったみたいですね。もう発売されてどのくらいの商品なんでしょう?去年も12月に追加入荷されているようですし、定期的に販売されている人気の商品のようです。

吉田の商品はいろいろ購入してきましたが、はじめての「B印 YOSHIDA」でした。代官山にあるショップにもまだ行ったことないので、今度行ってみようと思います。

さて、クオヴァディスを差し込んでみました。手帳本体も使い始めたばかりでしたので、扱いが慣れてなかっただけだと思いますが、けっこう入れるの大変でした。まぁ、年に一度のことですからね、気にするほどのことでありませんでしたが。公式ので、こんな映像がございます、ご参考まで。

どうも写真が青く見えますが、ネイビーです。

B印であろうとなんであろうと…というとブランドに失礼ですが、製品は「吉田」であり、個人的には、作りに対して疑いの目を向けるようなことはしません。この手帳カバーも、とてもしっかりしたモノですが、おかげで薄めの手帳が、表も裏も分厚い表紙に挟まれて、手帳そのものが随分分厚くなっています(それでも「ほぼ日手帳カズン」より薄いですけどね)。

それと、スエード地なんですけど、夏場にこれ買うのにちょっと抵抗はありました。今使っていること自体、なんか夏っぽくないな…なんて思っていますが、スエードは汚れを落としたりのメンテナンスが容易な素材でもあるので、手帳カバーには向いているのではないかと思っています。だいたいが、ブラッシングで事足りますので。

こちらの手帳カバー、お値段7,600円に消費税でしたから、お手頃プライスだなと思います(ですから、デルデにそんなにお金かけてしまったのがね…笑)。もちろん長く付き合いたいと思っての購入でした。手帳カバーを長く使うということは、手帳自体を長く使うということにしなければならないわけです(他の手帳で使えるサイズでありませんし)。考えてみると、久しぶりに手帳カバーに投資したかもしれません。手帳本体クオバディス・エグゼクティブは、現状仕事メインでの使用となっていますが、カバーの持つ機能性を活用するためにも、もっと使用場面を増やしていければ…そう思っています。

新調の手帳+カバー、使い始めての1ヶ月が経過しました。今のところ、2016のベストバイかなと。

B印 YOSHIDA

 

デルデを買ったときの話。

はいはい、書くたびご無沙汰でございます。このところは連日オリンピック観戦で夜更かし生活なんですが、どうもブログには向かう気に…そう、向かう気がないんですねハッキリ言って(笑)

いやいや、「アレのコト書かないと…」と思ってるコトや、ちょこまか買い物もしているんで、写真のストックと一緒に、ネタになるコトは溜まっている日々を過ごしています。

お盆休みとなり、もちろん仕事は休みではないのですが、個人的にそんなに忙しくないのがこの時期でして、あれこれ整理ついてきたのもありまして、ようやくブログ…てなわけでございます。

書けてない言い訳はいいとして、今日は文具好きの皆さんならよくご存知の「デルデ」のコトを。7月に購入して1ヶ月の使用感でも…そこまでいかないかもの購入記を。

人気の商品だと聞いていましたが、人気とか何より、バッグの中に縦に収納できる筆入れが欲しくていたんです。以前のがデルフォニクスの、外にポケットがたくさんついてて、そこにモノ入れると“縦使い”できなかったもんですから。それと何気に大きくて、大きいと不要なモノも入れてしまう性分なので、とにかくカバンの中で場所をとらない筆入れが欲しかったんです。

とにかく人気で、入手困難と聞いていたんですが、仙台行ってロフトとかで見かけたりもしてました。ただ、事実色がそろってなかったりで、購入には至ってませんでした。いい加減買おうと思って、結果的にはアマゾンでぽちったわけですが、このデルデ、1200円に消費税でしたっけ?(たしか。)

これ買うのに、送料とか含めて2800円も出費しました。いや、そのことに関してはどうってことないんです。わかってぽちってるわけですから。近場でデルデ売ってないし、仙台とか行って欲しい青のが見つけられなくて、いつまでたっても買えないんなら、ネットで買う、それがネット通販の利点だし、それが定価度返しプライスだろうがいいんです。その時点で一番早い方法で、一番安く購入したわけですから。

ところがです…。

“近場で買えない”…そう思ってたデルデでしたが、ぽちったその頃とほぼ同時期だったんだと思います、買えないと思ってたし、まさか職場内書店の文房具コーナーなんて(“なんて”なんて失礼ですが)ノーチェックだったわけです。

そのまさかの事態で、自分の最寄りの売場にあったんだなー、デルデの、欲しかった青の、定価の値札ついたのが…。

そうなったときの価格差…たかだか千いくらでしょうが、これって大きいのよね(涙)1ヶ月経過して、少し笑えるようになりましたし、モノ自体は気に入ってますが、買い物としてはダメダメな買い方だったなぁ…と、反省してしまっていたわけです。

でもま、気に入ってるんで大丈夫です(笑)今じゃデスクワークの際、手帳を開くより、デルデのファスナー開けて、両手でシュっ!てスライドさせる行為が、自分にスイッチ!入れてくれてる気がします。

ペンケース「DELDE(デルデ)」|サンスター文具

粋なお買い物。

自分の職場での催事(期間限定ショップ)で、手ぬぐいとハンカチ、それと普段巻くことのなかったストールを買いました。家族も、がま口の印鑑ケースや手ぬぐいタオルを購入。1週間の会期中に何度もお見えになるお客様も多くいらっしゃいましたが、(自分は仕事なので毎日出入りして当然でしたが)自分も買い足し買い足しでちょこまかとでしたが、楽しいお買い物ができて良かったです。

季節がら手ぬぐいが欲しかったので、そういった類の買い物になりましたが、売り場内には倉敷デニムのトートバッグ、小物とか、他にも欲しいモノがたくさんありました。あまり、日ごろ地元ではお目にかかれない品々がほとんどで、見ているだけでも楽しかったです。店主さんが粋で人柄もよく、初めての土地での催事販売でしたが、店側もお客様もずいぶん和んだ“お店空間”になっていました。

粋なモノ。和のテイスト。なんかそういうのもいいなぁ、普通に洋服だけでなくて、日頃から少しでも取り入れられたらいいなぁ、そんなことを思った今回の催事(自分のお買い物)でした。

買った手ぬぐいの柄は「鯔背(いなせ)」。威勢がよく粋であるという意味もあるみたい。江戸町人の美意識を表す言葉でもあったそうです。

さて、この夏は“鯔背に”まいりますかねw