平成27年度、最大のモチベーション。

平成27年度分として、最後の投稿です。
ここ数日分の投稿は、どれも同じように
27年度を総括するように書いたつもりです。
家庭内(地域内)の振り返りとして
お嬢の卒業式(6年生での1年間)があり、
仕事の振り返りとして、
この3月の行動・活動がありました。

家庭内、仕事においてもということにして
27年度を象徴するというか…
もっとも自分のモチベーションが高まったこと
というのが、お嬢の夏休みの自由研究でした。

6年間、娘と父とで取り組んできた
夏休みの課題である自由研究。
1年のとき、市の社会科展に
出展してもらったことをきっかけに、
これを毎年のモチベーションにしよう、
さらに、市の社会科展での入選を目指そう、
そうして取り組んできた夏休みの自由研究でした。

達成できたのは、6年間欠かさず
市の社会科展に学校の代表として
出展してもらうことができたこと。
残念ながら、6年間で一度でいいので
入選したいという目標は、達成できませんでした。

ちょっと流れを割愛しますが、
最終年度となった6年での自由研究を
全国のコンクールに出そうということになりました。
担任の先生の計らいでした。

全国のコンクールというのは、旺文社さんが
主催されているコンクールで、
理系の研究のほうが応募総数が多いのですが、
社会科自由研究部門においても、この年度
1,877件(小学生の部)の応募があった
大きなコンクールです。
6年間自由研究をやってきて、
その存在をはじめて知りましたし、
もちろん初めての応募でした。

4年5年6年で行った研究は、テーマとして
“商業”ということで一環した中味であり、
6年の内容では、4年5年での研究内容についても
盛り込んだ内容(総まとめ)としていました。
応募にあたり、全国コンクールということで、
少し手を加える時間ももらって
肉付けした内容にもしていたのですが…

実はこの出展において、
全国3位となる「銅賞」を頂くことができました。

全国学芸サイエンスコンクール(第59回サイエンスジャンル受賞者)

こんな、華々しいところに
名前を載せてもらうこともでき
受賞の事実を知ったときは、
お嬢本人もだし、家族全員で大喜びでした。

割愛した部分など、このことに関しては
書きたいことたくさんあるのですが、
先日ようやく出展したファイルが戻ってきたので
はっきり言って自慢の投稿にてお知らせでしたw
(賞状も2月の終わりにいただきました。)

4年5年6年での、テーマ“商業”については
きっかけが「パパの仕事について調べたい」
という、娘お嬢の言葉でした。

あまり直接的に、携わっている仕事
そのもののことを研究課題にはしませんでしたが、
“地域の商業のことを考える、知る”という点で
日頃自分が調べたり、考えていることを
研究課題にすることができたと思います。

低学年で調べたことも地域のことでしたし、
6年間一貫して、自分達が生活する
地域、身の回りのことを調べてきました。

それは自分達の生活、身の回りのことに
とにかく“興味を持つ”ということを
徹底して教え込もうというか、
興味を持って欲しいな…という親の思いでした。

その結果が全国3位!

やってきたことが認められるって
こんなにうれしいことなんだなと
本当に誇らしいです。

こういう思いを、仕事でも得たい!w
次年度はそれが自分自身への課題だなと
今回の受賞を、モチベーションにして
仕事にも取り組んでいこうと思います。

広告

夏休みといえば自由研究。

IMG_2230.JPG

半分くらい消化しちゃったんですかね、夏休み。
ってタイミングで今年の自由研究スタートです。
去年のブログ見たら「ラスト一週間で本格始動」
って書いてあったから始動は早められました…w

構想も早かったんですけどねぇ…
あ、あと現時点で自由研究以外の宿題が
全て終わっているという、お嬢の準備は万端。

親父が相変わらず面倒くさいのである…。

まぁ、始めたんだからあとは終わりに向かってまっしぐらw

5年の今年は、
4年のに引き続きのテーマであり、
6年で完結を目指すものである…すなわち
3年間で取り組もうと思っているテーマ。

1年からずっと、学年での優秀作に選ばれていて、
その先の、市の作品展?に出していただいているんですが、
それが毎年なものですからね、そこだけは外したくない!
というモチベーションが、親父にもあるし
もちろんお嬢にもあって。

学年のとは言え、
一クラスかつ10人しかいない中から
選ばれる校内選考ですから、
そこは正直なところハードルが低いんですけど
その上の、市の作品展で賞を取りたい、
取らせて上げたいんですよね。

“賞を取りたい”がためとなると
ちょっと動機が不純になっちゃうと思うんですが
自分の小学生時代、運動がまるでだめで、
もちろん学年でとか、学校から
何か代表に選ばれるなんて経験がなくて、
そういう劣等感てすごく持ってたんですよね。

そんな自分に、すごく自信を植え付けてくれたのが
夏休みの課題で取り組んだ工作の、
市の作品展で受賞したという経験でした。

今、わが子にもそれを…みたいなねw

親より本人がその気にならないといけないというか、
親がそんな一生懸命になってどうすんの?と思うんですが、
夏休みの、自由研究に付き合うというのは、
本来なら、夏休みは家族で旅行とかね、
そういう思い出作りのほうが有りなんだと思うんですけど、
それがなかなか出来ませんからね…という。

子供と一緒に何か勉強する、
それが一番のPTA活動なのかなって思ったり。
その時間を使って、地域のコトを学ぶというのも、
有意義なコトなんじゃないかなって思っています。

子供に、自分が住む街に興味を持ってらうという意味でも。

何にしろ、巻きが入っている夏休み中盤ですw

描けない自分。

20140528-005047-3047075.jpg

デザインゼミの日でした。
デッサンしてみる、の2日目。

写真のは自分が描いたのではありません。
(もちろん…)
こんなふうに描いてみましょう、というのの
奥に見えるのが今日自分が描いたモノ。

描けているかいないか?で言えば、
全然描けていないんですけど、
それ以前に、デッサンというモノの根底について
前回、トイレットペーパーを描いたときのほうが、
理解できていたというか、
今回はそれが出来ていない…との先生からの評価。

うん…デッサンのコト、まだ一回二回では
何も理解できていませんよ、わたくし…。

輪郭を描かずして、光と影…すなわち、
影の部分を描き表していくコトで描く…。

確かに前回トイレットペーパーのときは、
よくわからずも描きながら、こういうコト?とか
なんとなく解かってきて、
途中いい感じで描けていました。
ただしその時先生に言われたのが、

「描くが7割になってしまっている」

理想は、見るを7割、描くを3割。
見るコトが大事と言われ、
とかく陥りやすいのだそうですが
見ずに描けてしまう…頭の中の残像をイメージに
描くほうに集中してしまうのだと。

大事なのは「描く」じゃなく「見る」

そう思って今日は見てたつもりが
今度は描くほうができてなかったらしい。

だいたいね、描く技術なんて持ってないんですからw
(そこ教えてくださいよ!w)

中学の美術の授業。というか美術の先生。

今でも忘れていませんが、
授業のはじめの5分だったか10分、
かならず自分の手をスケッチ…
当時はデッサンではなく
スケッチという捉え方だったと思います、
それをはじめの時間にやって、
それから授業に入っていくというのがお決まりでした。

手のポージングは毎回違えて。
だから週1回?最低でもそのくらい、
自分の手を描いていました。
それがいつも楽しかったなぁと。
うまく描けてましたしね。
(当時はとにかくね…描くコトに関しては自信持ってた。)

今は描くコトの術を持っていないですからね、
(昔も持ってはいない…持ってたのは自信だけw)
別に歯がゆさとかも感じませんけど、
どうしたらもっと描けるんだろう?と思っています。

ま、デッサンを習得するためのゼミではないのでね。
そこはしっかりわきまえて。

デッサンの2時間。

20140522-001621-981454.jpg

連勤明けでしたが、
念願の半日寝入りもせず予定だったゼミへ。
職場で早朝作業もあって、
朝から何気に出勤でしたし…
いや、でも朝仕事、朝の作業は
勤務うんぬん置いといても、なんとなく
気持ちいいので、それはそれであり。
出勤日+朝仕事より良かったでしょう。
(6時から8時半くらいまでの早朝作業)

ただ、ゼミがある日、休みだったし、
ゼミに集中できる時間調整が必要だったよなぁ…と。
時間の使い方が、このところ上手くないなぁ…と。

自分のための時間。

仕事にあてるべき時間と家庭にあてるべき時間を
ちょっとちょっともらって
自分のための時間にしているのだから、
周辺に迷惑かけないようにしなければならないですよね。
休みなんだから全部自分の時間だろ!
じゃあないんですよね…。

とはいえ、楽しみにしていた今週のゼミは、
4回目でしたっけ?にして、いよいよデッサンでした。

いよいよ、絵的なモノを描くのですが。

デッサンてなんだろう?
スケッチと何が違うの?

ここで明かすようですが、
私が通っているのはデザインに関するゼミなんです。

先生は、美大とかを目指す学生向けに
デザインを教えてこられた方で、
自分が受講しているのも、
その学生向けのカリキュラムなんです。

あ、美大を今から目指しているわけではありません。

それと、絵を描きたくてやるというのも少し違います。

デザインてなんだろう?
デザイン思考ってなんだろう?
デザイン思考を身につけるとどうなるんだろう?

そんなコトを思ってのデザインゼミ通いなんです。

ただ、デッサンがあったり、
何かしら絵を描くというのは
カリキュラムにあるコトは知っていましたので、
それが出来るコトへの楽しみはありましたよ。

絵を描くというコト。
唯一と言っていいのだけれど、唯一、
自分自身の得意なコト、だと思ってた(過去形)コト。
一番負けん気を持っていたコト(小学中学時代の話…)。

それを今まで長年なんにもしてこなくて、
今どのくらい描けるのか?素養はあるのか?
いや、だから素養はないのだ、何にもしてきてないんだから。

ただ、えんぴつを持つ手に、妙な自信と、
どうしていいかわからない無力感が入り混じって
変な感じでした(ほぼ2時間描きっぱなしの中)

でも楽しかった。
描くってやっぱり楽しかった。
描けているかどうかは置いといても楽しかった。

でも本質は描くコトにあらず。
デッサン、デザイン…やはり奥が深い。

実践的じゃなくていい。

20140515-063039.jpg

今月は、火曜日が「ゼミ曜日」です。

また宿題をせず(全て完成させず)に
出席したダメな生徒っぷりです…。
これではお嬢に宿題しろ!って言えませんw

ゼミに通うというコトは、
その時間をしっかり確保するというコトと
宿題なり、ゼミそのもの以外でも
時間を確保しないといけないという、
覚悟と、計画的な行動が出来ていない…
というコトでですね。
(正直、宿題あるっていうのは想定外でしたが)

さて、ところでなんのゼミなの?
って話は書きましたっけ?
まだでしたね。

3回出席しまして、先生にも
今後はもうちょっと実践的な内容にしようか?
と言われたんですけど、
実践的じゃなくていいんです。

その道で飯を喰っていくわけじゃないので。

ただ、そのモノゴトの「道(どう)」を勉強したいのです。

実際、まだ3回ですが
けっこう脳には刺激的になっているようで
最近モノゴトの見方考え方にひねりというか?
ですね、何かの答えを“ひねり出そう”とする自分がいます。

もともとあきらめは悪いほうなので
しつこくモノゴトを考えるほうなのですが、
答えの導き方に効能がでてきている?
出るようになるんじゃないかと期待しています。

それが自分にとっての実践的なんでしょう。

本当は、もっと書いたり作ったりするのが
多いんだと思っていましたが、いまのところ
考えるのが多い勉強の場となっています。
そりゃそうですよね、勉強とは考えるコトでしょうから。

そして仕事の大半も考えるコトです。
考えてばっかです。
正直、考えるのが一番疲れるような気がします。

というか、考えるじゃない、体力的な疲れなら
回復方法を理解できていると思うのですが、
思考の疲れの回復方法って、
いまいち理解できていませんよね。

体を動かすコトも、結局は
考えながら動いているわけで、思考というのは
実際休ませるのが難しいのかもしれませんね。

こういう考え方が、禅とかにも結びつくのか?

禅は禅でね、深く知りたいと思っておりますが
今はそっちじゃありません。
でも「道」とか「禅」とか、

追求したいのはいたってシンプルなモノ。

そんなお勉強。
で、なんのお勉強?w

ゼミに通っています(まだ2回目)。

20140423-223631.jpg

通っていますと言っといて、
ふとゼミナールって?と思って意味を調べると

「専門性の高い授業を少人数で行う形態」

なのだと。
なるほど、納得理解です。
その通りのに通い始めました。
まだ2回目です。

とりあえず、楽しいですw

自分が、まだ子供(学生)だった頃に
もしかしたら勉強したいと思っていたコト。
そして今、仕事をしていて
自分に必要なんじゃないか?と思っているコト。
たまたまかもしれませんが、
その二つがイコールだったので、
一応大人になった今、勉強するコトにしました。
(今でしょ…的にw)

今年一つのテーマである「勉強」。
一つ目は、マーケティングの勉強でした。
週1回のを4回の単発でしたが、
今回のはどうなんだろ?半年サイクル?
期間は短くても1年は続くものです。

時間を自分で作っていけるか?というのも
課題のひとつになりますね。

あと、宿題があるんですよ…w
子供に宿題しろ!って生半可に言えなくなりました。
(1回目に出された宿題を、
 すでに2回目でやっていかなったという…w)

何かを得るための努力。
時間を作るコト、費用をかけるコトというのを
「忙しい」というのにかまけて、
今まで怠っていたと思っています。

その「忙しい」というのも事実どうだったのか?

精一杯やってたつもりですが、
全然精一杯じゃなかったんだと思うし、
ただそれを悔やんでばかりいれないし、
今からでも遅くないという思いと、
多分今やっとかないと!このタイミングしかないかも!
という思いで、このゼミ通いを決断しました。

ただ、とにかくやりたかったコトなので、
それが出来て今とても楽しい、のです。

楽しんでばかりいると足元をすくわれますからねw
そこんとこも注意して、しっかり学んで
目的を見失わず、自分のモノにしていきたいと思います。

何のゼミなのか?っていうのは
追い追いというか、書いていくうちに
お解りいただけるかと存じますw

とりあえず、次は宿題ちゃんとやっていきますw

マーケティング入門講座

20140212-225653.jpg

一ヶ月に渡る、とは言え週に一度2時間ばかしの、
つまり4回(日)開催だった“お勉強”が終わりました。

今年は、いろいろ勉強したい。と思っていて、
その1番目に取り組ませていただいたのが、
今回の「マーケティング入門講座」でした。

庄内産業振興センターというのがありまして、
そちらが主催元の講座です。

庄内産業振興センター

去年、会社から出席するようにと
言われて出席した講座があったんですが、
そのとき、久しぶりに外部の勉強会的なものに参加して
あーこういうのしばらくなかったな、またしたいなって思ってて。

考えて見れば、そこで催されるイベントというか
講演会とか、けっこうチェックしてて
いつも気にはしているんですよね。
随分以前になりますが、
日産の中村史郎氏の講演を聞いたのも、
自分にとってプラスがあったなとよく思い出します。
(当時、日産リバイバルプランの頃です)

近場に、というか
職場と目と鼻の先レベルの場所にあるそこですので
通いも楽でしたし、なんかこう仕事を定時に切り上げて
そのあと何かする!みたいなw
バンドやってたときはそんな感覚でしたが
久しくそういうのを生活の中に取り込めていませんでしたので
勉強以前にそれだけでも楽しかったわけです。

講義は、座って講師の方の説明やら話を聞いて
それをつらつらメモとって…というスタイルではなく、
参加者の1分スピーチで始まったり、
講師の話というよりはグループワークでみんなで考える、
そしてそれを発表する、さらにそれに対して意見もらう、
といったような内容。

言ってしまえば「普段の仕事」に近い感じでした。
(職場内でミーティングしているような感覚です)

その感覚を得られただけでも、
参加して良かったなと思っています。
マーケティングについて学びたいというのが
もちろんありましたけど、もう一つの目的が
職場以外で、

日頃失いかけてる緊張感、ストレスを得たい

というのがあったんです。
その点で今回はとても目的達成できました。
どうしても毎日いる職場では、それが薄れてきますからね。
で、そこで得た緊張感を持って仕事に臨める、
結果職場でも緊張感持って仕事ができる、となります。
(朝活もそういうコトなんですけどね)

週一の、見知らぬ人達での集合でしたが、
4回も会えばお互いの親近感も芽生えるものです。

正直なところ、職場のご都合もあったでしょうが
たったの4回、全員が毎回参加だったらもっと良かったのに
と思ったりしましたが(そうでもなかったので)、
みんなで何か一つのコトに取り組むという
大人になると、こんな短時間で距離感つかめるんだ?
というのを体感できたのが、
今回一番の収穫だったかもしれません。
(20代の自分だったら難しかったかもしれません)

今日で終わりましたが、近々オフ会があるそうですw

いいですよね、こういうコミュニティ。
また興味をそそる講座があったら、
積極的に参加してみようと思っています。

ちなみに、次に用意されてある勉強は
こういうコミュニティじゃないんですけど
それはそれでまた、楽しみです。
(3月後半~4月スタート予定)

あ、マーケティングの話が一切出ませんでしたが、
以上今回のレポートとさせていただきますw