家族

13歳になったお嬢へ送る、13曲のプレイリスト。

6月も1回の投稿でしたか…って最終日に書いてるこれだけとなります。今年も半年経過しましたが、ブログは指折り?程度の投稿でしょうか。facebookの投稿のほうが多くなってますがそれだってそれほど。今日ここに上げるこれは、先にブログで下書きしてあったのを、facebookにコピペしてあげるという、言い訳的になりますが、どうもブログは、しっかり書こうという意識が強くなってしまっているようです。ささっとでいいのにね…って自分でも思うのですが、「しっかりと」でも「ささっと」でも、上手くその時間を作れていないのが現状のようです。

さて、先にfacebookに上げてましたが、よりたくさんの方に見ていただけるのがブログ。好きな動画をシェアできるのもブログのほうが有効だと思いますので、こちらにしっかり書いておきたいと思います。内容は、タイトルのとおり…今月13歳になった長女“お嬢”に送った13曲のプレイリスト、その解説です。facebookに書いたのより、字数(すなわち内容)が多いです。

● Everything You Do|M2M
はっきり言って「M2M」という二人組み?アーティストのことは全然知らないんですが、この曲が好きでiPhoneに入れてありまして。車で出かけるとき、お嬢が真っ先にBGMに選ぶのがこれでして(これかテイラー・スイフトの「MINE」)。お互いこういうpopsが好きなんだなと。

● やさしさに包まれたなら|松任谷由実(荒井由実)
13歳になった少女というか魔女が修行のために知らない街に住むっていうアニメ映画の主題歌。オープニングのほうの「ルージュの伝言」とどっちがいいか悩んだけど。歌詞的にやっぱこっちかなと。

● 風になる|つじあやの
ジブリ映画の主題歌続きで。自転車通学のお供にいかがでしょうか。最近だと反抗期的な態度がずいぶん多くなってしまいましたがね、根本的には、つじあやのの音楽のような“のほほん”とした性格のお嬢です。

● 青春の輝き|カーペンターズ
今年の誕生日の、自分が生まれたその時間にカーペンターズを聴いてたようで。「(カーペンターズの)音楽が綺麗すぎて聴いてるだけで涙出てくるときがある。」って言うんですけど、あなたの心もいつまでも綺麗でいてくださいよ。この曲を選んだのは「青春」という言葉が好きだから。“青”いハルって書くでしょ。

● JOY|YUKI
これもお互い好きな曲かなと。死ぬまでドキドキ・ワクワクしてたいですな、お互いね。

● チェリー|スピッツ
“チェリー”を2曲続けますが。2曲とも“桜ソング”なんでしょうけど、山形でチェリーと言えばさくらんぼ。その最盛期に生まれたお嬢なわけですが、実は4月か5月…つまりもっと“はっきり春生まれ”にしたかったところ、6月梅雨時期のぎりぎりというかね、まだ夏ではない…という“春”生まれなんです。スピッツの「チェリー」は、いろんな方々のカバー含め大好きな曲(家族揃って)。

● CHE.R.RY|YUI
チェリー2曲目は、今まさしくこんな状態のお嬢に捧げます。好きな男の子とのやりとりが、メールじゃなくてLINEになりそうですけどね。それよりも「何気ない会話から育てたい」ってYUIちゃんも言ってるじゃないかw まずは毎日の学校生活のなかで、たくさん会話を交わしてほしいものです。

● 逢いたい理由|AAA
家庭内で、いつでも好きな音楽を聴いている環境で育ってきましたから、父親と母親の影響は存分に影響を受けていると思いますが、数年前から、自分で“今が旬”の音楽を見つけては聴くようにもなっていました。E-girlsやAAAがそれなんですが、自分が中学で好きになった音楽家である小室哲哉の音楽と、娘が好きになった音楽が、30年くらいを経て結びつくという。これって必然だったのかなー、なんて。

● STAR TRAIN|Perfume
Perfumeも、AAA同様そういうの凄く感じます。スタートライン、あなたにとっても今がそれ。

● 君の瞳に恋してる|ボーイズ・タウン・ギャング
金管クラブ2年目の今年、新曲として練習しています。これは娘にだけでなく、メンバーみんなに思っての選曲なんですが、この音楽を好きなら、楽しめたなら、ずっと音楽好きでいてくれるんじゃないかって思っています。動画はMISIAの!これ好き。

● マーチングバンド|ASIAN KUNG-FU GENERATION
ゼミのCMソングの印象が強いってのもありますが、始まった中学ライフ、その先にある何かを見据えて日々過ごしてほしいなと思っています(お父さんは中学の時点で全然でしたけど…)。

● 海街diary(エンドロール)|菅野よう子(作曲)
去年お嬢と二人、映画館で見た映画(先日テレビでも見た)。自分ら住んでるところは海街というより漁村ですけど、やっぱり海のある景色ということで、見ていてすごく感じる映画だったなと思います。そして四姉妹じゃないけど“姉妹仲良く”よろしくねということで。あ、お嬢の誕生日は広瀬すずさんと一緒です。
動画のは耳コピだそうです。

● 青空のように|鈴木祥子
お嬢も小さい頃から聴いてるこれ。大瀧詠一さんのそれ(カバー)。アルバム「NIAGARA CALENDAR」の6月の曲。この曲は父と娘にはぴったりだと思う。そして、祥子さんの、お父さんへの思い、大瀧詠一さんへの思いがつまった1曲だと思います。お嬢は、自称「晴れ女」だと言っていますが、確かに、あなたが生まれた日は梅雨時期の雨の降らなかった日でした(つまり曇り空)。なんかほんと、ぴったりなんです、この曲。
リンクは大瀧詠一さんのです。

今のところ、音楽大好きで育っているお嬢。これから先さらに、たくさんの音楽に出会っていくと思いますし、どんどん自分で興味を持ったものを広げていってほしいなと思います。そして、もう始まっているのか?これから始まるのかよくわかりませんが、「中二病」をw 楽しんでほしいなと思います。音楽が、多感な時期を楽しくしてくれるはずだから。

節約がテーマの機種変。

我が家の携帯環境を見直しまして、今回は、ワイモバイルで「iPhone5s」を2台購入しました。自分の分と、お嬢(中学1年)の分です。

我が家というか、自分と奥様は、長きに渡りPHSユーザーです。「ワイモバイル」に合併される前の「ウィルコム」、その前身である「DDIポケット」時代からずっとです。途中、「au」を使用したときがありますが、それも同じKDDI系のキャリアだったからと言えます。

そして「iPhone」ユーザーになるべく「ソフトバンク」ユーザーになり今に至ります。当時はまだ1社独占でしたから。なんの因果か、かつてKDDI系のサービスだったPHSは、ソフトバンク系の「ワイモバイル」が引き継いでいる…ということになりますが、この短期間(5年〜10年?)での通信キャリア業界の移り変わりを、我が家はPHSサービスを通して見てきました。

さてさて。小難しい話から入らせていただきましたが、要は、家族それぞれ、iPhoneとPHS端末の2台持ちだったものを、iPhone1台に集約することができた、ということです。物理的にもですし、お支払いもスッキリとなりますのでとても良かったなと思っています。

それでもまだ、ソフトバンクとワイモバイルの2社に支払いが生じていますので、まだスッキリさせられる要素があります。図解のとおりですが、奥様のがまだソフトバンクですので、いずれこれもワイモバイルに替える、そうすると月々の料金も下がる…そう、今回の我が家の取り組みは、はっきり言って“節約”、目的はそこに尽きます。

アップルから「iPhone SE」の発表があって、あ、これで次の2年しばりが終わったらSEに買い換えよう、アップルさん、小さいスマホも出してくれてありがとう!個人的にはそう思っていました。個人的に、時代に乗り遅れているな…と思っているのが、どうしても大きいスマホに興味が持てないというところ。スマホは、今使っているiPhone5sやSEのサイズが限界…自分はそう決め付けてしまっています。

そう思っていなければ、今回の自分の機種変(契約上は奥様のPHSからの機種変)、5s→5sなんて何の魅力も感じなかったでしょう。せめて色だけでも変えようと、「白にする」って言ったら奥様とお嬢から総スカンくらいw それには少しがっかりしていますが、今回の機種変は、個人的にはとても納得しています。機種代金残存支払ってまでの機種変でしたけど。

しかも、64Gだったのを16Gまで落としました。コースも、最低料金の2980円てやつです。これに関してはお嬢の分も、本人もちろん大容量、高い料金コースを望みましたが、最低容量、最低料金コースにしました。なぜならば、今回の機種変のテーマが節約だったからです。

節約がテーマなら、iPhone持つこと自体をやめたほうがいいw

そうじゃなくて、持ちたいiPhoneを持てるわけだから、それ以上の贅沢はいいでしょ?ってわけです。自分に対して、お嬢に対しての戒めですw

それは冗談ではなく、これを機に、スマホとの向き合い方をしっかり見直したい、少しスマホと距離を置いてみようと思っている自分と、中学生のお嬢にスマホが必要なのか?なぜ今買い与えるのか?そこをしっかり自分でも考え、お嬢にも、ちゃんとした使い方を教え込んでいこう…そう思っています。

ハード(端末)やキャリアの整理の話になっていますが、今回の見直しに至るのは、やはりLINEの存在が大きいです。家族間のやりとりは、ほとんどLINEになっていますし、電話しないことから考えると、キャリア各社は通信料では食っていけないだろうな?と思います。国がそれを安くしろと言ってくれてるわけですし。

話が我が家のことだったり業界大筋の話に行ったり来たりですが、要するにそれイコールなんでね。これからも業界の動きを見ながら、家計だったり、家族とのコミュニケーションについて考えていきたいですね。

なんたって大事なのは、一緒にいる時間をいかに大事にできるか。節約よりも根底にあるテーマはそこなんだと思います。

「子供にスマホ」な話は、また改めて書いてみたいと思っています。

平成27年度分として、最後の投稿です。
ここ数日分の投稿は、どれも同じように
27年度を総括するように書いたつもりです。
家庭内(地域内)の振り返りとして
お嬢の卒業式(6年生での1年間)があり、
仕事の振り返りとして、
この3月の行動・活動がありました。

家庭内、仕事においてもということにして
27年度を象徴するというか…
もっとも自分のモチベーションが高まったこと
というのが、お嬢の夏休みの自由研究でした。

6年間、娘と父とで取り組んできた
夏休みの課題である自由研究。
1年のとき、市の社会科展に
出展してもらったことをきっかけに、
これを毎年のモチベーションにしよう、
さらに、市の社会科展での入選を目指そう、
そうして取り組んできた夏休みの自由研究でした。

達成できたのは、6年間欠かさず
市の社会科展に学校の代表として
出展してもらうことができたこと。
残念ながら、6年間で一度でいいので
入選したいという目標は、達成できませんでした。

ちょっと流れを割愛しますが、
最終年度となった6年での自由研究を
全国のコンクールに出そうということになりました。
担任の先生の計らいでした。

全国のコンクールというのは、旺文社さんが
主催されているコンクールで、
理系の研究のほうが応募総数が多いのですが、
社会科自由研究部門においても、この年度
1,877件(小学生の部)の応募があった
大きなコンクールです。
6年間自由研究をやってきて、
その存在をはじめて知りましたし、
もちろん初めての応募でした。

4年5年6年で行った研究は、テーマとして
“商業”ということで一環した中味であり、
6年の内容では、4年5年での研究内容についても
盛り込んだ内容(総まとめ)としていました。
応募にあたり、全国コンクールということで、
少し手を加える時間ももらって
肉付けした内容にもしていたのですが…

実はこの出展において、
全国3位となる「銅賞」を頂くことができました。

全国学芸サイエンスコンクール(第59回サイエンスジャンル受賞者)

こんな、華々しいところに
名前を載せてもらうこともでき
受賞の事実を知ったときは、
お嬢本人もだし、家族全員で大喜びでした。

割愛した部分など、このことに関しては
書きたいことたくさんあるのですが、
先日ようやく出展したファイルが戻ってきたので
はっきり言って自慢の投稿にてお知らせでしたw
(賞状も2月の終わりにいただきました。)

4年5年6年での、テーマ“商業”については
きっかけが「パパの仕事について調べたい」
という、娘お嬢の言葉でした。

あまり直接的に、携わっている仕事
そのもののことを研究課題にはしませんでしたが、
“地域の商業のことを考える、知る”という点で
日頃自分が調べたり、考えていることを
研究課題にすることができたと思います。

低学年で調べたことも地域のことでしたし、
6年間一貫して、自分達が生活する
地域、身の回りのことを調べてきました。

それは自分達の生活、身の回りのことに
とにかく“興味を持つ”ということを
徹底して教え込もうというか、
興味を持って欲しいな…という親の思いでした。

その結果が全国3位!

やってきたことが認められるって
こんなにうれしいことなんだなと
本当に誇らしいです。

こういう思いを、仕事でも得たい!w
次年度はそれが自分自身への課題だなと
今回の受賞を、モチベーションにして
仕事にも取り組んでいこうと思います。

我が家の卒業製作

お嬢の、小学卒業式から10日ちょっと過ぎました。
昨日は離任式があって、最後の登校もありましたが、
そこで卒業生たちに配れるようにと、卒業式後も
“我が家の卒業製作”は続いておりました。

卒業祝賀会で、子供らにサプライズで流した
親達から子供達へのメッセージDVDを、
人数分、コピーしたりプリントしたりの作業。
ほとんどママがやりました。
ママ、お疲れ様でした。

このDVDが、とてもよく出来ておりまして、
卒業祝賀会では親達ぼろぼろ泣いてました。
送った側の親達が泣いてしまうというw
あ、作ってたママは、夜な夜な泣きながらの作業必至w

このDVDの中味は(冒頭に入れられたメッセージより)、

 卒業する君へ
 ありがとうの想いを込めて…
 私たちからの一番最初の贈り物
 それは…

 名前

ということで、卒業生23名分の
名前と、それに込められた親の想い、
そして“ありがとう”のメッセージを。
写真は、生まれた頃の写真、
小学校入学の頃の写真、
卒業アルバムの個人写真の3枚が
順に流れていくという、シンプルな構成。

見ていると、自分の子供のところだけでなく
他の子たちの、親からの想いに共感したりで
そこに涙腺緩むんだろうなぁ…

統合しても一クラスしかないというのもあるけど、
学年全体が我が子のようなね、
大げさにいうとそんな感じでしょうか。

中学での3年間も同じクラスメイトであり、
親達同士の付き合いも続きますからね。
絆を深めるのに、いいDVDになったかも。

そんなDVD、我が家の製作物ですから
もちろんBGMが重要ポイント!

選曲も全部ママさんに任せましたが、
・下手に(ベタに)親世代の選曲をせず比較的最近の音楽を。
・“直球な卒業ソング”すぎないようにと、歌詞そのものが
 子供達へのメッセージになるものを。
と選びました。

良い歌ズラリです。

● 夢を味方に|絢香

● ありがとう|FUNKY MONKEY BABYS

● シェネル|Happiness feat. 松下奈緒

● AI|みんながみんな英雄

ファンモンの「ありがとう」のPVが、
田舎の小さい学校のストーリーで
ちょっとかぶるなぁ…とまた涙腺緩むのでした。

さて、卒業おわった!
我が家は、この卒業制作をもって
ようやく、お嬢の卒業式を、そして
お嬢での小学校生活6年間を終えることができました。

部活どうする?

3月、プライベートでは
長女“お嬢”の小学卒業式があり、
そのことなどはたくさん書きたいこともあります。
(それが、学校の統廃合を振り返ることでもあり。)
そのあたりはまたいずれ…

ということでお嬢は春休み中。
入学式というか、始まる中学校ライフのことを
どんなふうに考えているのやら。

家族としても、まだ決めかねていることがある。
部活動のことだ。

小学校が統廃合するほどの地区にある中学ですから
中学も人数が多いとは言えない。
自分も通った中学であり、その頃は
1学年2クラスあったが今は1クラスしかない。

何かと深刻なのが、部活動の数が少ないということ。
さらには、団体種目でメンバーが組めないということから
女子だと、辛うじてバスケがあるが、あとはテニス。
以前なら、運動能力の高い子がやってるイメージの陸上部が
未だと消去法的にメンバーが集まりやすくなっているのだという…。
あとは芸術部。自分らの頃は文化系部活は何もなかったが、
運動が不向きな子らの受け皿になっているのがそれだ。

今も昔も、吹奏楽部はない(大昔あったらしい)。

さてうちのお嬢、どうしましょうかということだ。

実は決意がすでにあって、
だから自分も重い腰を起こして
金管クラブを発足させている。

小学主体の金管クラブだが、
これを中学も参加できるものとし、外部の活動だが
その活動をしていれば部活動をしているという
ことにならないか?

外部の水泳教室に通っている子たちが
そういうことらしく、同様に
金管クラブも適用してもらえないか?

という、中学校側との調整も実は済んでいて
お嬢だけでなく、友達も学校の部活ではなく
金管クラブの活動を続けたいと言ってくれてる子もいる。

何も戸惑うことはないのだが、
本当に学校の部活を何もせずに?それがいいのか?
というのが、今父親の悩みどころである。

学校生活の中で、部活動という団体行動って
大事だと思っていて。それが大して好きでもない、
むしろ嫌いであっても、それでも必要なことじゃないかと。

嫌いなこと、不向きなこと、かつ団体行動。
そういうストレスなことも、どんどん経験してほしいなと。
そんなことを思っている父親です。

なんにしろ、楽器を吹くことは
精一杯頑張ってほしいと思います。
本人もその気は十分みたいだから。

2016ブログお書き初め

慌ただしい年末年始をやり過ごし、
今年最初の都内出張で時間と場所を確保して
今年最初の投稿でございます。

1月も半ばとなり、大変遅くなりましたが、
本年も何とぞ、ブログ_monooto よろしくお願いします。

去年は1月だけ、ずいぶん頑張って書いてたようでw
今年もマイペースで…と言いたいところですが
マイ“ペースを上げて”いきたいと思っています。

手帳の書き初めも、
今朝出張先のホテルで済ませるなど、
年始は、年末からの慌ただしさでどーにもならず、
と言う一方で家に帰ればコタツ寝しかなく…
そんな感じで年初めらしいことが
全くできずにスタートしてしまった2016です。

今年はこんな年にしよう、これを目標にしないと、
といった、イメージはなくもないのですが、
それを書き留めたりとか全然していません。
ですので、今朝の手帳書き初めや
こうして書くブログに書き留めて…というところでして、
ようやく1年がスタートしたという感じです。

今年、2年か3年?ぶりに石のブレスを買いました。
毎年、初売で買って、それを1年身につけるというのを
続けていたんですけどね。どうしてだったか。

それも毎年、自分のなかでこうしたい!
厄払いとか。わかりやすい目的があったのもあり、
石に願掛けしてたわけです。
今年は、そういうのもまだ特になく…
なんとなく健康面だけは気につけよう!
と思って、石屋さんに健康面に気をつけるよう、
あとはお任せで!って頼んだら
このように作ってくれました。

で、今年はこの石のブレスの受け売りでいこうかなんてw

いいじゃないですか、
・若々しい気持ちと元気な体をキープ、とか
・心に潤いをもたらす、とか
・他人に左右されない強さを養う、とか
・不安感や恐怖心を取り除く、とか
・意思を強くする、とかとか。

おみくじ引くように買ったブレス、ということで。

健康面は、自分だけでなく、
子供らも当然気をつけないといけないけど
誰より奥様に気をつけてもらわないといけないので
今年は(まったく同じじゃないですが)
奥様とお揃いのものにしました。

子供らは、幸い本当に丈夫です。
(お嬢は年末、冬休み入って早々熱出してましたが…)
ありがたいです。
ですから、うちら親が弱ってられませんからね。
今年というか、これから将来は、
親の方が元気でいることを意識していかないと…
と思います。

健康が一番!を意識して今年はがんばります。

ありがとうママカー、こんにちはママカー。

  

今年9月1日は、奥様の車
“ママカー”ポルテの車検満了日でした。
で、8月31日、ぎりぎりで
買い替えの納車日でした。

月曜日でしたし、利用者奥様が
納車に立ち会えなかったところ、
ま、名義は自分ですし…
家族を代表し、納車を受けた次第。

新しい車の話の前に、
ポルテですが9年乗りました。

   

15万キロまでいきませんでしたが、
家族で考えると一番年数乗った車だし、
上の子お嬢はポルテで育ったようなもんです。
3人家族時代で考えると、ポルテを
我が家の“ファミリーカー使い”してました。

青森、埼玉~那須に行った家族での遠出や、
荷物が増えるバンドやフラの関係も、
ポルテがしっかりこなしてくれました。

とにかくとっても使い勝手がよかった。
便利な道具であり、
家の外の部屋みたいな存在でしたね。

 

そんな、ポルテちゃん?とお別れしましたが、
9年、もうちょい乗ってても良かったか?
と、まだ思っちゃってます。

支払いが残っているわけではなく、
いくら燃費に難あり?とはいえ、
買い替えでの出費を考えれば、このまま
乗ってるほうが経済的だったかも。

買い替えたかったのは、
(そう、買い替えたかった 笑)
トゥーランを買ったことで、
我が家のファミリーカーが2台に?
なってしまった感が引っかかってしまい、
そこを解消したかったんです。

4人になった家族での遠出は
これからはトゥーランがあるし、
買い替えで経済性を問うのであれば
必然的に軽自動車だし…
買うなら新車がいいし…
という今回の、我が家の車購入でした。

イヴ子に続いて、
とっても可愛い家族が
我が家に加わりました。

夏休みは残り1週間。

  

先日も、ちょいと家族で温泉一泊という、
家族での行事があり2連休したわけですが、
今週も、お盆には珍しく2連休を過ごしました。

田舎のお盆ゆえ、親戚がそれなりに
訪れてくるわけですが、その方々から
「今年は休み?」などと言われ続けました。
毎年居ませんからね、お盆のこの日は。

お墓参りは辛うじて毎年行ってますけど。
で、お盆が終われば、来週でお嬢の夏休みも終わり。

ここまで切羽詰まってからの自由研究始動です…。
前日の休みは、調べごとでお嬢と1日動いて、
本日ようやくレポートに取り掛かったという。

今年もあまり期待はできませんね…。
期待できないというのは、頂点的な目標に対しての。

それでも学校の代表として、
市の社会科展に出展してもらう、そこは外せない。
そこはいける!と思っているこの余裕こいてる様が
今この状況です…。

学校統合により学年の人数が増えていますから、
過去5年間よりハードル上がってるというのにねぇ。

“6年連続で社会科展出展”は最低限の目標。

そこは誰にも譲れない意地がね。
それはお嬢本人にもあるみたい(笑)
今回は新しいまとめ方というか、
初めてのサイズの用紙、横長に使ってみたり、
自分達の中でも変化を持たせたいと意識しています。

さて、どうなることやら(笑)

8月7日に海を見に行く。

  

8月も、ズルズルと経過中。
ほんと全然だめ…いろんなコトできてません。

毎日暑い日が続いていますし(前述の言い訳)。
毎日、青い空、青い海。夏ですね。

海のそばに住んでいると、
これは私が特異かもしれませんが、
夏になると海から遠のきます。
そんなコトはないのかもしれませんが、
気持ち的に遠のいています。

夏は、よその人が海に来る時期。

お招きする時期というか。
だから自分はいいというか。
お盆が過ぎたり、9月入ってから、
じっくりまた海を見に行きます。

去年はお嬢と一緒の、
学校の遠泳があったので海に入りましたが
今年は中止だったので海に入らず終わりそう。
そもそも海で泳ぐというのも
夏の恒例行事ではありません。

自分が特異なんだと思います。
普通は、海が目の前にあれば入りますよね。

8月7日。イヴ子を連れて海に行きました。
波打ち際まで来たのは初めてのイヴ子。
波の音が気になって、海をじっと見ていました。

それとも誰か見えていたかな。
誰も泳いでいない海に。

毎日、ニュースでは海水浴の事故。
どうか皆さん、海では十分気をつけて。
悲しい思いをする人が
これ以上出ませんように。

誕生日プレゼントはチェキ。

  

今週もいろいろあるなかで、
メインのイベントはお嬢(上の娘)の誕生日。

当日は、お父さん勤務シフトを休みで調整していましたが
夜に、お休み中のバンドのライブ公演があり、
そこにゲストで、自分の大好きなトランペッター
高瀬龍一さんがお見えになるということで、
だったらお嬢連れてライブ見に行こう、
ケーキ食べたりのお祝いは、前後日で…
と予め思っていたんですが、どういうわけか
当日自分もライブに出演することになりまして。

ケーキ食べたりのお祝いは、
お誕生日イヴということで前夜祭にしました。
随分久しぶりにでしたが、
ケーキはじぃじに買ってもらって
我が家(ママ)にとっては
懐かしく味わうことができました。
じぃじ、これからは、
お嬢とイヴ子の誕生日には
必ずケーキをプレゼントしてくれるというので
よろしくお願いします。ありがとうございます。

今年のお嬢への誕生日プレゼントは「チェキ」
どうなんですか?今時チェキって…

instax.jp<チェキ>|富士フイルム

1998年に生まれた商品。
そろそろ20年選手じゃないですか。
販売台数も増えているとか…凄いなチェキ。
というか世の流れが面白い。

チェキに関する|NEVER まとめ

どうやら若い女性に人気のようですね。
お嬢も、若い女性(つまり自分より大人の女性)
が持ってたり興味を集めるモノに、
興味深深のお年頃ですからねぇ。

「最初の一枚に何撮ろっかなぁ」
と言ってましたが、やはりイヴ子でしたか(笑)

こうして、世界に一枚きりしかない写真を手にすると
なかなかいいもんですね。
スマホにパシャパシャ溜め込んだ写真に比べて、
何度でも見たくなるし、
とにかくこの一枚しかないというのが貴重。

一枚一枚にフィルム代かかってしまうのはもちろんだけど
だから大事に撮りたいし、大事に保管しておきたくなる。

そして世の中(市場)に残った、唯一の(と言っていい)
インスタントカメラ、だから強いんでしょうね。

欲しかったモノをプレゼントしましたけど、
飽きっぽいやつでもあるので、大丈夫か?
と心配もしていますが、お嬢に限らず、
家族で大事に使って行こうと思います。

あ、お嬢、12歳のお誕生日おめでとうね(笑)

そうだ、じぃじにも、チェキで撮った
お嬢とイヴ子の写真、プレゼントしよう。