ポロと我が家のラストラン

photo1 (1)

TMのライブには
当初自分ひとりで仙台に行き、
その日のうちに帰ってくればいいと思っていました。
実際、ライブには一人で行きましたし、
家族の分までチケット買うつもりはなく、
妻子にはそこまでTMへの興味はなく…w

で、土曜日は希望休で確保していましたが
日曜日は休みとってなくて「早番以外を希望」
にしてありました(遅番か休みをはめてくださいの意)。
で、遅番だったんですが、つまり
土曜日はPTA行事2つ済ませてからの鶴岡出発、
日曜日は午後の出勤に間に合うように仙台を出発という
もったいないというか、強行なスケジュールだったのです。

そんなスケジュールを予め理解のうえで
GWもどこも行かないし、遠出というか
“一泊旅行気分”を味わえれば…と思って
家族も連れて行ったというわけです。

そして、これに合わせるかのように
車買い替えの予定がババババッと決まり、
今回の仙台往復が家族揃っての
ポロとのラストランとなったわけです。

行きは、急いで行く必要があったので
高速道路使って休憩1回のロングラン、
帰りは、ホテル朝食を済ませて8時半に出てきましたが
時間を存分に使って、高速は使わず
ドライブイン系(コンビニを使わず)で休憩を何回もして
ポロとの家族写真を撮ったりしながら帰ってきました。

行きも帰りも、ナイスランなポロでした。

我が家の車は、ポロとトヨタのポルテ。
名前も似てますが、どっちも小型車。
車内空間や、シートアレンジの関係から
家族使いはポルテのほうが優秀だと思うのですが
遠出に限ってはかならずポロを使ってきました。

やはり走りが、ポロのほうがしっかりしているし
イコール、ドライバーが疲れにくいのです。
(あと、ポロのほうが燃費もいい。)

あとはいつも言っているように、
家族3人の密集度合いが、ポロのほうがいい。

言っても、大半お嬢は後ろで寝ていますw
起きていれば、つまらん駄洒落を延々聞かされたりw
BGMの選曲やりとりとかも、
何かと近いのがいい感じでした。

買い替えについては、
やはりポロじゃなくなるコトに関しては
「えー?!なんで?!」と言いつつ、
大きいのになるんだよと伝えると、
「やったー!」なのでした。

今回の決断は、お嬢、きみのため。

車のコトだけじゃない、今我が家にとって
すべてと言っていいほど、中心はお嬢。
お嬢のために、
いろんな判断、計画、行動がある。

何かと、お待たせもしたけどさ。
まだまだ、きみが中心の我が家だよ。

広告

愚痴った後は爆発…

仕事を終え帰宅してから、
じじ(親父)と大喧嘩をしました。

久しぶりに人とどなり合いました。

不謹慎でありますが、
やめときゃ良かったと思うより、
なんか爆発してスッキリした感のほうが強く…。

そう考えれば考えるほど、
相手に申し訳なくも思えてくるんですけど、
爆発した原因以外のコトでも
自分の中に溜め込んでたコトがあったので
それらぶちまけたコトが
ちょっと爽快感につながってしまったと思います。
なおさら相手には申し訳ないのですが。

地域のお祭り(神事)参加のコトが引き金。
もう来週にせまったいるのだけれど、
その先一年間、「当屋」というモノを
受けていかなければならない。
非常におもやみな話なんですが。
こういう、地域を巡る問題って、
自分んちだけの話じゃないし、
自分の地域だけの話じゃないでしょう。

究極、だから田舎に人が住まなくなっちゃう話。

もしそうなら、お祭り、神事ってなんなの?
なんのため?誰のため?って思っちゃうわけです。

いやいやコトを大事にしなくても…
家庭内でよく話し合ってればいい話でしょ…
という問題でもあるんですが。

でも根深いかなぁ、この問題。
個人的にも、我が家的にも、住む地域にとっても。

お祭りとか、あとお寺のコトとか、
もうちょっと年齢的に先の話だと思っているし、
自分の年代にとっては、まだまだ仕事が優先であり
家族も、子供が義務教育の間っていうのは
地域自治的なモノって、ある意味「役不足」だと思います。
そんなコト言ってちゃ、地域とか田舎とか
変わらないじゃないかって問題になるかもしれないけど、
まだまだ元気な人生の先輩たちが
変革に凄い前向きなはずもないですし、
お祭りとかお寺のコトとかって、
ある程度(それは自分世代よりもっと)の人生を経た人たち、
すなわち人生の先輩方の役回りなんだと思うんです。

そう思う私なんかは、家の中、地域の中にいても、
立ち位置が中間管理職なわけですよw

今はとにかく仕事(働き盛り)。
それは家族のため。
子供、学校、PTAの関係があるから
地域との関わりが発生しているので
その分では、しっかり地域と関わっていこうと
思っていますし、事実関わりがスタートしたところ。
※仕事によって(ある意味間接的に)地域貢献、社会貢献
 しなければならないのであって、
 直接的にそれをやるならば、お役人とか議員になってやるべき。
 それは自分にはできないのだから。

これからまだ先、地域との関わりは十分あると覚悟はあります。

うちのじじも、地域の重鎮的に、
やるならやる、やらぬなら任せる、
任せたならわーわー言わない…会社じゃそれが常識。

そこんところ、理解してほしいのです。

若輩は若輩なりに、いろいろあるのです。

お嬢と並べる机が欲しい。

20140405-083957.jpg

天気もよくありませんでしたが、
お嬢と二人、家の中で過ごした休日でした。
午前中はお嬢宿題、おやじメール仕事。
午後はそれぞれ机上を片付けたり。

前にも書いたけど、お嬢が小学校の間(あと2年)、
お嬢が嫌じゃなければ、長いテーブルを二人で共有して
勉強・ワークスペースを共有したい。
(お嬢は今のところ全然嫌がる様子はない…)

それにはやっぱり、足が脚立になってる必要はないけど
天板が一枚板の、長いテーブルが欲しいのです。

シンプルに準備したからって、
シンプルに使う自信はありませんけどw
(おやじもお嬢も)

んー…でもこれはやっぱり
思い立ったんでやっちまいたいw

プレゼンしないとな…w

失敗したなぁ…切りよく春休み中に実行すべきだったw
まだ間に合うか?(いや無理だ)

がしかし、イメージ膨らんできた。
スケジュール、予算、完成形のイメージ。
ここまで来たら“やる”が早い。

GW照準か。
GW照準、仕事がわんさかなんだよなぁ…w

がしかし、詰め込んじゃおう、そうしよう。

中学からはそうもいかないだろうけど、
お嬢とはしばらくいろんなコトが共有出来そう。
むしろ離れたほうがいいのか?
と思うくらい今はべったりだ…w

お嬢には、ここまで約10年で、
もっと違うフィールドも見せてあげれたんじゃないか?
と思うし、もっとそうしたかったと思うんだけど、
けっこうおやじの考え方みたいのは
刷り込んじゃったかなぁ…と思う。

この先違う価値観を求めるようになるだろうし
それを否定したくないと思っているので、
自由に、自分で考えてほしいなって思うんだけど、
何かと比較対象となる価値観というのは
ほぼ出来上がってしまったんじゃないか?
などとも思ってしまいます。

小学校のあと2年というのは、
おやじももっと広い世界を見たいと思うし、
一緒になって同じ方向を見れる、もしかしたら最後の?
そういう期間かもしれない。

だから、同じ方向を見れるよう、
二人で並んで使える机が欲しいってわけ。

春休みは続く。

新年度に入りましたが、
お嬢の春休みは続いているので、
家庭内はまだ新年度でもない。

自分の起きる時間ものんびり。

今週はシフトが、休みか遅番ばかりだからもあるけど
のんびりできるときにさせてもらおっかな、
お嬢と居れるときは、できるだけ一緒に居よう
と思うラスト1週間です。

ラストってわけじゃないけど、
子供の長期休暇中というのは、
その期間特有の“気の張り”があり”ます。
(のんびりしてるくせに…)

年度末からの年度替り、この時期というのも
いわゆる商売の忙しさとは別の忙しさがあるし、
商売もだらっと忙しかったりする、
今年は税率うんぬんのコトもあったり、
部署内の体制のあれこれもあったりで、
なんとなく、過去最高に気が張っている年度替り?
と思っているんだけど、少し余裕もあるか?
なんとなく、自分の状態と心情のギャップを感じています。

実際、余裕なんて言ってる場合じゃないんだけど。

はじまったこの年度の山積な問題、
一方で新しい「面白いコト」をいくつもしようとしている、
PTAとかスクールバンドとか閉校行事とかの学校関係、
地域のあれこれ(正直今はこれが一番おもやみ…)
家のコトだっていろいろある。

余裕なんてどこにもないんだけど、
そういうコトがあるんだよ、というのは見えている。

見えているコトをスケジュールにしっかり落とせるか

が、頑張りどころかな。
完璧じゃなくていい、スケジュールとは予定だから。
予定してないものが割り込んでくる世界だから。

だから余裕は必要なのだ。

お嬢は、自分や家族に余裕を与えてくれる存在なのかな。
「パパ、私のコトは心配しないでお仕事頑張って!」
なんてコト言う良い子じゃなくていい、
「パパ、もっと私にかまって!」というのが
本当の良い子なんだと思うよ。
(ただもっと自分のコトは自ら進んでしなさい、もう5年なんだから)

春休み、残りは生活リズム整えていこうぜ?
な、父と娘の話でしたw

ばたばた生きた母の、ばたばたの三回忌。

母の三回忌でした。

でしたというか…
まずそれをするのを決めたのが三日前。
実際には命日から1年半にもわずか足りない。

お葬式のときに七日法要、四十九日法要も、があり
約一年後に一周忌がある。
その次に大きな?大き目の法事としては三回忌、
で、三回忌なのに2年目にしなければいけない、
だから今年の秋ごろには三回忌をしなければならない、
そこまでの認識、心の準備はあったのですが、
あっさりとその日を迎えることになったのです。

なんで三回忌なのに2年目なの?というのなんかは
しっかり調べておこう、お寺関係者に聞いてみようと思っていましたが、
つまり、単位の違いのようですね。

・お葬式が一回目の法要
・一周忌は一年後の
・一回目:お葬式、二回目:一周忌 その次の三回目の法要=三回忌

なるほどね。納得理解。
(もっと難しい意味もあるようです。)

それより何より、急に三回忌をやった訳というのが。

4月の、具体的には15日と決まっているのですが、
住む漁村の春のお祭りがあります。
こっちは神様の話です。

当屋?頭屋?と書くのでしょうか、
言い方としては「とや」と言っているのですが、
その年その年のお祭りを受け持つ、
地区内で巡り巡ってくる、その「とや」に来年当たるんです。

来年が「本とや」、で今年は今年で
来年受ける側の「とや」だから「受けとや」というのに当たります。

仏神の関係なので、家庭内で
神様を避けなければならないような事柄、例えば
家庭内で誰か死んでその後一年未満で「とや」に当たる、
逆に子供が生まれた、生まれるというのも
神様ゴトには迎えないらしいのですが、
そういった特別な事柄があると「とや」を受けるコトができません。

うちは、母親が死んでからは1年は過ぎている、
ただ去年も縁の深いところでの親戚の葬儀ゴトがいくつかあり
今年が「本とや」だったら、もしかしたら避けていたかもしれません。
(最終的には家主の判断ですから)
避けるべく条件を満たしていたかもしれない?

家の中の人が死んでから1年は過ぎているし、
言っても「本とや」は来年だし、今年の「受けとや」は
受けなければいけないんではないか、そんなコトで
「受けとや」を受ける準備もしていたわけです。
(これもけっこう面倒くさいんです…)

そしたらですよ、目前になって。
「受け」でも「本」でも、「とや」を受ける家において
三回忌法要を要するコトがある場合は、
お祭り前、しかも3月末までに三回忌を
済ませておかなければならない…そんなお決まりなんですと。

なんなの?誰がこんなに
仏様と神様の関係をややこしくしたの?w
そう思わずにいられない、この3日間(での法要準備)でした。

何にしろ、三回忌は家族のみでとり行う予定でした。
この後親戚には「終えましたので悪しからず」的な
はがきを送ったりで後仕事もありますが、
そんなこんなで、肝心な母の供養になったのか?
いまひとつ疑問が残りますが、先日のお彼岸だったり
お墓とかお寺とかは、何となく距離感縮まった気がします。
(実際家からすぐ近いんですけど)

神様に対してが…なかなか距離感縮まらないんだよなぁ。

「父親離れ」に向かって思うコト。

3月最終週、年度末であり、
何かと忙しいところでもありますが、
そんな週に3連休が当てはまっております。
希望を出した休みではありません。
シフト制というのは、こんなふうに休みが巡ってきたりします。

何かと忙しいとはいえ、
こういう休みをこなしてこそ
しっかり仕事が出来る…そう思うこの頃であります。

そしてうちのお嬢が春休み期間中ですので
こういう時間は大事にしていきたいと思っております。
ていうか平日は、大人は全員稼ぎに出ている我が家。
お嬢は長期休暇だと自宅にぼっちです。
4年(今度5年)にもなり、それほど心配はないとはいえ
でも小学生が一人ですからね…何かと心配です。

宿題してるかとか、YouTubeばっかり見てないかとか。

そっちの心配ですw
冗談さておき。お嬢といれるときはできるだけいる。
この3連休は、大事にしたいところです。

今日は、午前中は離任式があって登校でしたが、
その後髪(お嬢の)をカットしに行ったり、
あれこれ用事を済ませる程度の「二人時間」でした。
全部の用事を済ませてから、
アイス食べて、雑貨屋さん行ったりと、
ちょっとデート気分な時間もありました。

こういう時間は、別の意味で貴重になってきているかもですね。

最近は、父親離れしない娘さんが増えている?
なんて話をテレビで以前見たコトがありましたっけ。
実際どんなか?うちのお嬢がどうなるか?
よくわかりませんけど、一般的には
今後近い将来の間に「父親離れ」の時期がきます。

どうなるにせよ、ちょっと楽しみだと思っています。
(強がり言うんじゃなく、どっちでもいいと思っているのです。)

この本、ちょっと面白そうです。

なぜか「娘に好かれる父親」の共通点|新講社

お嬢と一緒に車に乗ると、
お嬢は勝手にBGM選び(iPhoneから)してくれます。
単に自分が聴きたいモノを選んでいるだけですが、
その季節、その時間帯にちょうどいいようなのを選んでくれます。
そもそもが自分(おれ)のiPhoneなんで、
自分が好きな音楽ばかり入れているから
ハズレにあたるコト自体少ないんですけどね。

なんとなく、しめしめと思っているのは、
音楽の趣味が、完全に父親と一緒になっているというコト。
それこそ「父親離れ」になったら、どうなるかわかりませんけどね。

でも、根っこのところ、変わらない何かのところは
しっかり残せたかなと思っています、音楽だけじゃなしに。

家族の記念日にはディナーを。

20140314-071108.jpg

奥様の誕生日でした。
誕生日とか、あと結婚記念日とか、
そういう記念日は、外に食事に出かけます。
って、別にそれも普通のコトかもしれませんが
普通のコトを普通にしてたいもので。

以前はあまり出来ていなかったというコトです。

そのもっと以前は普通にしてたわけで、
家庭的なイベントもそうだし、何かとあります、
若い頃と同じように出来ていないコト。

子供のせいにするわけじゃないけど、
子供が小さかったから出来なかったコトも
いろいろあると思います。

今夜のような食事のところだと、
お子様のメニューがなくて一緒に入れなかったり
じゃあ子供あずけてこようか…ともいかなかったり。

食べモノと子供事情て、けっこう関係しますよね。
家のカレーが当面甘口になっちゃうとかねw

娘も10歳、
ある程度大人と同じにできるようになって、
うちら夫婦も以前(若い頃)と
同じように出来るコトってのが(食べるコトに限らず)
これからもっともっと増えるんだろうなって思います。

かしこまった席でいただく食事中にしている会話も
随分大人だし、妻子の会話はすっかり「女子トーク」。
そんな家族の時間を持つのに、
家族の記念日にはあえて?外食したいと思っています。

外で食べるコトが、
奥様にとって何かしらの休みになれば御の字?
ではないかなどと…せめてもの思いでございます。

いつもご苦労様です、ありがとう。

って直接言えよ、って話でしたw