日記

ラジオをテープに撮ったのをYouTubeで聴く。

タイトルに書いた通りなので、この動画、真っ黒です。何も映りません(よくこういうのに画像(写真)つける方いますが、この真っ黒のほうがいいですよね。変にイメージつかない)。

これ、中身は大江千里の、1990年と思われます。演奏してる「APOLLO」(アルバムのタイトルチューンで、そのアルバムが1990年リリース)を、『今年リリースしたアルバムの~』と紹介しているので。30分のラジオ番組だったのでしょうか。27分程度で4曲の演奏(途中ピアノの即興演奏もあり)。

この人の、ピアノ弾き語りがまたいい。

この動画(というか音声)。ラジオを、テープに録音してあったのを、ノイズ除去したりなんなりしてYouTubeに上げたもので、投稿者は“音悪い”ってコメントしているんですが、自分にはとてもいい音に聴こえました。

好きな音楽を、ラジオに釘付けになって聴いてたあの頃を思い出しました。

広告

どこでもデスクトップ。

また最近、ブログに戻りたくているんです。

戻りたくて…とは、これまでは「書けてなくて」とか言ってたのを、言い方変えてみただけのようですが、ブログ書けてない間も、各種SNSでは何かしら書いてるわけでして、このブログが書けていない間というのは、物書きの場がSNSに移ったのだと…だから戻りたいんだと…。

ま、モノは言いようですなw

そのSNSは、Facebookだと家族でどこか行ったりして楽しい思い出が作れたときとか、どこも行けてなくても家族のことを書くことが多くなってます。多くなってますが、やたらめったら投稿しなくなりました。あまり家族との時間が作れてないというのもありますし、やたらめったら“リア充”でもありませんしw

Twitterが、やはり自分にとっては一番リアルかなと。思ってるんですが、Twitterでは書かなくていいこともたくさん書いてたりもします。本来書きたいコトを書けてなかったり。

Instagramが、一番いいのかな?と思ったりもしてます。写真というか、いわばカメラアプリから記事投稿が始まるというのが一番ストレスがないように思っているからです(他のは、撮った写真を取りに行かないといけない感覚)。

そんな各SNSの特性を理解しつつも、一番思っていることは、自分が本当に書きたいコトって「好きなモノや音楽のコト」だったよね?と。

SNSという、どこか見てる(つながってる)人達を意識してしまう“書く場所”ではなくて、とにかく書きたいコト書いて、それを良しとして見に、読みに来てくれる場所って、SNSじゃないな?と思っているんです。

そんなことを、事務所ではない仕事場の、仮設デスクトップ?で書いてみました。愛用品達を常に持ち歩いていれば、どこにでもデスクトップは生まれます。

さぁ、また書きますよ。ブログ。

と、とりあえず書いてみたけど、まずインスタとの連携を図りたいと思っています。ただそういう、ちょっとした勉強をするには、まだ時間に余裕のない暮らしが続いています。

出張の移動時間。

昨日一昨日と、青森に出張してました。
あれ?もしかして今年入って初めての出張だったのか?

いや違った…1月に東京にも行ったし仙台にも行ってた。でも随分久しぶりに、他県に出てきました。去年も、2月に行ってた青森出張。いつもは1人で行くことの多い青森出張は、ロングドライブだけど、無駄のないように途中、秋田に用事を作ったりするのだが、今回は仙台から新幹線はやぶさを使おうということで、東北を移動するという意味では初めて、乗り継ぎの移動手段をとりました(仙台まで自家用車、青森まで新幹線、青森内ではレンタカー)。

移動の苦痛は車だけと比較してどうだったか?は、個人的にはよくわからんが、今回複数人での移動でしたので、“みんなの疲労感”として考えると、やはり楽だったかもしれませんね。

でも盛岡通過するなら、駅ビルだけでも見てきたかったなとか、当然かもしれませんが、やっぱり車が便利だなと思いました。

便利?というか、“過ごす時間を楽しめる、活用できる”とでもいうか。

そんな考え方ですので、新幹線の移動中も、有効活用して仕事のこと考えたり、はたまた寝る事に活用したりしましたけど。

むしろ、ぼーっと車窓を眺める時間にしたほうが良かったのかもしれません…

仙台の夕暮れを見ながら、もう少し仙台にいたいなぁ…つまり買い物したり、牛タン食べたかったなぁ…なんて思いながら、マイカー トゥーランに乗り込み鶴岡への帰路につきました。

そしてやっぱり、東北巡りは車がいいなと。もちろん、家族でねと。

ひとり打ち上げ

仕事の“ひとやま”を越えたタイミングで、1人で(家族で行くのとは別に)職場から近いカフェに行って、時間を過ごすようにしています。

それが(ひとり打ち上げ)。

今回のひとやまとは、2月から3月、そして4月1日までにあった、一山どころかいくつもの山を乗り越えて、ようやく一息つけるタイミングを得た…という感じです。

長い道のりというか、連日長い夜を過ごしてたなと…。

方やお邪魔したカフェのほうも、春休みの繁忙期から一段落し、今週は休暇をとられるご予定。リセット、大事ですよね。

正直、今回についてほ少し長い、1週間とか、そのくらいの休みが欲しいけど、そうはいかない状況。

でも、“ちょっとした”時間が、ちょこちょこ産まれ初めているので、それを余裕にしていきたいと思っている今日この頃です。

それにしても、うちもどっか旅行いきたいなー。

今年もよろしくお願いします。

2017年、最初の投稿です。5ヶ月ぶりだそうです…

書けていないことをどうのと書くことはせず、書いていきたいと思っていますよ。

今年2017年は、1987年からの30周年という、自分の中で勝手に決めてたアニバーサリーイヤーです。

30年前の自分は、中学2年生でした。ちなみに、長女“お嬢”が今年中学2年。思春期というか、いわゆる“中2病”の盛り。性別も違いますし、時代も違いますから、自分とお嬢の“中2病”ではだいぶ性質も違うでしょうが、お嬢には、とにかく多感な中学校生活を送って欲しいと願っています。

1987年、中学2年の私は、たくさんの音楽にのめり込んで行きました。

つまり、音楽リスナー暦が30周年。

今でも自分を多感だと思っていますが、数々の、音楽との出会いがあったからこそ今も自分こんな…なんだと思っています。

今年は(前々から)このブログ「モノオト」で自分の音楽遍歴30年をしっかり振り返って書き記しておきたいと思っていました。

そして書きたいことをしっかり書く時間を持てるようにする。それが今年の目標です。

あとは、過去記事の整理をして、ブログというより自身のサイトとして(投稿じゃなくても)日々メンテナンスしてブログを放置しないように心がけていきます。

もちろん“モノネタ”も忘れずに。“好きなモノと音楽”で、皆さんとコミュニケーションとったり新しい出会いもあって欲しいなと思っています。

2017年、今年もブログ「モノオト」をご愛顧下さいますよう、よろしくお願いいたします。

中学生活の始まりは、バンド生活の始まり。

我が家の新年度、1番の“新しい事”は、お嬢の中学生ライフが始まったことによるあれこれです。本人は、普通に授業も始まってるし、委員会活動とか、宿題も今週は始まったようですが、小学校でのそれらが、中学校でのそれらに変わっただけ?…もしかしたら大して変わってないのかもしれませんね、同じ学校生活。

大きく変わったなーと見えるのは、(どの時点でそうなってるのか知りませんが)家では学校指定の運動着を着て過ごしていることです。見ているこっちも、「お、家の中に中学生がいる」と感じます。それが、小学生のときと1番の変化かもしれません(もちろん通学時の制服着用と)。

さて、授業が始まったり、学校での役割が決まったりと書きましたが、これにもう1つ、部活動が決まれば、中学校生活がしっかり始まったとなるのだと思います。部活をどうするのか?小学校で金管(トロンボーン)始めた頃からずっと考え出していたことです。中学には吹奏楽部がなく、お嬢が中学になっても、継続して楽器を吹ける場を作りたい…という思いで始動した金管クラブです(あえて個人的な書き方をしましたが、実際は違いますよ)。

中学になっても、部活がなくても、トロンボーン吹いてる、音楽活動している、という状況をつくることで、学校内の部活動ではないけれど、外部扱いとして、“部活動をやっている”ということにしてもらおう、というわけなのです。それでも、やっぱり学校の部活動には何かしら属したほうがいいのでは…と親としては悩んでしまったり。

お嬢の1週間のなかで、“トロンボーン活動している”と言うには、1週間で、多くて2回の金管クラブの練習では不足なのでは?という思いと、単純にもっと思い切ったレベルアップを図りたいということで、中学に入ったら、自分が元いたバンドに入ってもらおう、そう思っていました。もちろん本人も望むところであり、中学生活の始まりは、バンド生活の始まりでもあるというのが、本人にとってもモチベーションになっていました(最近違うモチベーションのほうが高かったりしますが…)。

 昨日、以前と変わらぬ火曜日の練習日。いよいよということで、バンドの練習に行ってきました。現在、当バンドはサックスパートを除いてはメンバー不足。トロンボーンが1番不足していて、メンバーとしてたった1人いる姉さんも、仕事の都合で毎週は来れなかったりの状況。昨日も来れないとわかっていながら、お嬢は心細かったと思いますが、これからそういう日もあるというのを、初日から経験してもらいました。

昨日は、優しいサックスの姉さんが、楽器はサックスでパートはトロンボーンで付き合ってくれました。何気にお嬢も幼い頃から出入りしているバンドですから、そういう意味では安心なところ。そして、大人たちの予想に反して、楽譜は追えてるし、音も思ったよりは出せています。なかなか大したもんです。若い子は覚えが早いから、3ヶ月もしたらまぁまぁ吹けるようになるんじゃないだろうか?実に楽しみです。

すっかり便乗ですが、お父さんもバンド生活があっさり再開となりました。しばらくは、付き添い保護者レベルでいいかなー…などと思っています。いや、少し離れていた分、気楽でいたいなと思っています。自分がどうこうというより、お嬢を見守っていくくらいの俯瞰がいいのかなと。

火曜日は、夜の活動となるので生活リズム崩してしまいますが、1週間でのリズムとして整えていかないといけません。それも、父と娘の共通課題です(笑・いやまじで)。

バンド活動、バンドのある生活、ちょっと大変になりますが、かなり楽しい日々が始まりますよ。父もしっかり楽しみたいと思います。

改行式と段落式

新年度の初投稿です。

何度かトライしながら、断念してきた書き方で、また書いてみようと思います。書き方とは、キーボードなどツールのことではなく、また、どこで書くか?といった場所のことでもありません。改行についてです。

私はずっと、1行ずつ改行を入れる書き方でブログを書いてきました。糸井重里さんの書く「今日のダーリン」に習ってという意識も強いですが、糸井さんのそれを読むようになる以前から、ずっと改行してきました。よくメールの書き方で推奨される、1行が長くなりすぎないように、区切りのよい文節で改行しましょう、などと言われるあの書き方です。

自分の書く文は、言いたいことに対して前説みたいな、枕言葉が多すぎてまどろっこしいな…と思うことがしょっちゅうなんですが、端的に言葉を綴って、それによってシンプルな文章を書きたい、そのための改行、のはずがなっていないと自己分析するならば、書き方変えてみるのもいいのかもしれません。

出来たものを見るにも、このように段落書き?するより、改行の入ったもののほうが、ぱっと見読んでもらえるような?読む気をそそるような気がしていたのです。自分自身、そうやって文章を見た目で判断するという、悪い癖がついてしまっているんでしょうね。

さて、そしてツールの話になるのですが、どうやら書くにも読むにも、“改行式”は不都合が多くなってきているものですから、“段落式”に変えてみよう、年度かわったついでに…という目論見でございましてね。

まずワードプレスの投稿、今日はiPhoneでアプリで書いているのですが、ここでは改行を入れるとえらく行間が空いてしまうんです。こうなってしまいます…

あああああ(改行)

いいいいい(改行)

段落書きで書いていると、そこまでの行間にはなりません。あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ、このように。

ワードプレスになってから、1番多くはパソコンの投稿画面を使っていましたが、最近ユーザーインターフェイスと言っていいのでしょうか、それが変わってしまったんです。しばらくは旧タイプと新タイプを選ぶことができたんですが、どうやら最近完全に切り替わってしまいました(操作方法をわかってないだけかもしれません)。

そもそもブログは、どっしりも書きたいけど、どこにいても書きたいものなので、いつも持ってるスマホというか、iPhoneの環境下で書きたい、というのが本意です。でもキーボード問題含め、iPhone持つようになってからというのが、あまり書けなくなった…というのが実情です。

ちなみに、奥手だったフリック入力も、今では随分早く入力できるようになったと思います。もうフリックでも長文作成全然平気!とさえ思っています。でもなんか違うな〜と思ってしまうのです。

改行式の欠点、自分でも納得できずにそうしてきたのは、やはり読むときの問題、読んでもらうにも美しくない状態というのが嫌気となっていました。画面サイズに対して、1行がうまくはまらず、“ちょろっと2行”になってしまうあれです。今この投稿画面(iPhone5sでワードプレスアプリ、画面縦使いによる)で再現しようとするとこうなります(実際には1行で書いています)。

あああああああああああああああああああ

いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

画面を横にすれば十分余裕があるんですけどね。基本、スマホは縦で使うでしょうからね。iPhoneでいうと6世代なら画面が大きく、1行で扱える文字数もやや長くても収まってくれているのかもしれませんが、その、相手によってどうなってしまっているのか予測がつかない改行式は、やっぱりダメだな…と、これはずっと思ってきたことなんですけどね。ですから何度も段落式には挑戦してきたんです。

とにかく新年度、新しいことへの挑戦の1つとして、ブログを段落式で書いてみます。

写真と全く無関係なことを書いてしまいました(笑)娘2人が、可愛さ増したな〜なんて…切なくも愛おしい、この春でございます。

今年度、たくさんいろんなこと書けるよう頑張ります。

我が家の卒業製作

お嬢の、小学卒業式から10日ちょっと過ぎました。
昨日は離任式があって、最後の登校もありましたが、
そこで卒業生たちに配れるようにと、卒業式後も
“我が家の卒業製作”は続いておりました。

卒業祝賀会で、子供らにサプライズで流した
親達から子供達へのメッセージDVDを、
人数分、コピーしたりプリントしたりの作業。
ほとんどママがやりました。
ママ、お疲れ様でした。

このDVDが、とてもよく出来ておりまして、
卒業祝賀会では親達ぼろぼろ泣いてました。
送った側の親達が泣いてしまうというw
あ、作ってたママは、夜な夜な泣きながらの作業必至w

このDVDの中味は(冒頭に入れられたメッセージより)、

 卒業する君へ
 ありがとうの想いを込めて…
 私たちからの一番最初の贈り物
 それは…

 名前

ということで、卒業生23名分の
名前と、それに込められた親の想い、
そして“ありがとう”のメッセージを。
写真は、生まれた頃の写真、
小学校入学の頃の写真、
卒業アルバムの個人写真の3枚が
順に流れていくという、シンプルな構成。

見ていると、自分の子供のところだけでなく
他の子たちの、親からの想いに共感したりで
そこに涙腺緩むんだろうなぁ…

統合しても一クラスしかないというのもあるけど、
学年全体が我が子のようなね、
大げさにいうとそんな感じでしょうか。

中学での3年間も同じクラスメイトであり、
親達同士の付き合いも続きますからね。
絆を深めるのに、いいDVDになったかも。

そんなDVD、我が家の製作物ですから
もちろんBGMが重要ポイント!

選曲も全部ママさんに任せましたが、
・下手に(ベタに)親世代の選曲をせず比較的最近の音楽を。
・“直球な卒業ソング”すぎないようにと、歌詞そのものが
 子供達へのメッセージになるものを。
と選びました。

良い歌ズラリです。

● 夢を味方に|絢香

● ありがとう|FUNKY MONKEY BABYS

● シェネル|Happiness feat. 松下奈緒

● AI|みんながみんな英雄

ファンモンの「ありがとう」のPVが、
田舎の小さい学校のストーリーで
ちょっとかぶるなぁ…とまた涙腺緩むのでした。

さて、卒業おわった!
我が家は、この卒業制作をもって
ようやく、お嬢の卒業式を、そして
お嬢での小学校生活6年間を終えることができました。

月末日にお蕎麦を食べることにした。

これは去年からやってたことだったんですが、
2回くらい食べましたかね…。
今年は、毎月できますように。
そして、大晦日の年越しそばを盛大に?

1ヶ月1ヶ月を、何かしらクリアしていって
いい1年だったねと、家族で言い合えますように。

さて。2016年も1ヶ月が経過。
「早いな~」とかよく聞きますが、
自分は全然早くなかったです。
まだ1月なの?まだ?…て感じでした。
年末年始(商戦、仕事の)が長かったからでしょう。

今年は、年明け元旦から親父との口論に始まり、
こりゃ大変な1年になりそ…とは思わず、
まぁこんなスタートの年もありでしょ…と、
元旦のそれ以外にもいろいろありましたが、
よくないことのようでも
“気にしつつも気にしすぎない”ように…
そうしてこの1ヶ月を経過したかな、できたかなと。

まだ1年をスタートしきれてないところもありまして、
旧正月、今年の暦で2月8日(月)には、
しっかりスタートしてたいなと思っております。
これって月相と関係あるのか?2月8日、新月ですよね。

ところで、“月末日にお蕎麦を食べる”は、
つまり1ヶ月のルーティンです。

今年は、その他にも1週間のルーティンに何か?
1日のルーティンに何か?
仕事の取り掛かりに何か?というように、
昨年のラグビー五郎丸選手のルーティンのように
何か自分のなかのルーティンを
作っていきたいなと思っています。

ブログもルーティンにしなさいよって話ですわ(笑)

6月が進行中

  

二人の写真を上げておいて、
これは何を書こうとしてたんだっけ。

年に一度の大きな会議があるのと、
お嬢の誕生月なのと、
夏のセールのことを考えるのと。

例年、6月はそんな月。
特に、“大きな会議”のがたいへんで
それが終われば少しゆっくりできるのが
今年はどうも素性が違う…

6月が終わる頃には
「今年ももう半分が終わって」
などと言われるのだろうけど、
しっかり振り返っておきたいとも思うが、
今年は随分と、詰め込まれて進行中。

そうなることはわかってて、挑んでいる今年ですが
こんなにまでも?とは思っていませんでした。

大変ですが、楽しく毎日が続いています。

でもどうしても、家族との時間が不足がちかな。
それと、こうしてモノ書きの時間もほとんどない。

今朝みたく、朝の時間を有効に使いたいものです。

家族がまだ目覚めていない時間と、
目覚めてからの、四人揃う時間と。

写真を上げたのは6月2日、
文を書いたのは6月17日、朝の投稿でした。