決め手は、実はこの写真。

gallery_utility_02

前回の投稿が5月ということで
相変わらずですが、ご無沙汰しております。
この間、車以外にも
じじ(親父)ともお別れがあったりと…4月、
職場の移籍からこの5ヶ月、怒涛の日々でした。

怒涛といえば「半分、青い。」人生・怒涛編w
そんな話もいつか書こうと思いますが
トゥーランとお別れの投稿以来ですからね、
今の愛車のことからリスタートしようかなと。

写真でもうおわかりのとおり、
ホンダ・フリードが今の愛車です。
2代目が発売になったのが2016年ですから、
もう“新型”とつけるのもどうかと思いますし、
来年にはマイナーチェンジもあるそうで。

2017年通年の乗用車販売台数で5位、
ホンダで言えばフィットを抑え1番売れた車。
今年も販売台数では10位近辺を行ったりきたり。
“売れてる車”の1台ってことで。

これからこの車のコトを、
ここでも書いていくことになりますし、
久しぶりの新車購入でしたので
長い付き合いにしようと思っていたわけです。

ですから、かなり熟慮しての購入でしたが
最後の決め手、背中を押されたのが、
カタログの写真だったかなと思っています。
(この投稿に載せた一枚だけでなく)

しかも、車じゃなくて4人家族っていうことw

我が家の場合、年の離れた二人姉妹だとか、
自分らのほうが“年いってる”夫婦だとか、
4人という共通点以外はちと違うんですけど
被せてみちゃったんだな~、我が家の家族をw

それと、自分のためではなくて、あくまで
“家族のための車を買う”、それが今回購入の
一番のテーマでしたから。

こんな家族に乗って欲しい

という、製品のカタログだけれども、
メーカーの考え方、思い、そういうのが
きちんと表現できているカタログだったし、
製品そのものも、きちんとそうなっている。
(それは購入してから理解するわけですが)

ということで、とても
良い買い物ができたなと思っていますし
カタログに勝る!そんな、家族との暮らし、
カーライフが過ごせたらなと思います。

もう納車されてから2ヶ月経とうとしています。
まだ家族では、それほど遠出もしてません。
何せこの2ヶ月の内に
四十九日も入っていますのでね…

この先このブログでは、原点に立ち返り、
できるだけ大好きなモノと、その買い物、
そして音楽のコト。それらに囲まれた
我が家の幸せな家庭の話を書けるように。

幸せな家庭であるように、
暮らしていけたらいいなと思っています。
その写真のような、幸せな家庭を。

広告

トゥーランとお別れした5月。

5月は、1つも書けずに終わってしまいました。

あれよあれよの…4月(年度)スタートからの
2ヶ月でしたが、我が家には、年明けから
5月に向けての検討課題がありました。

それが、トゥーランの車検を通すか?
それとも、違う選択肢を選ぶか?という、
ファミリーカーについて考えていた年明けと、
新年度になってからは、
新車の納車を待ち続けた日々でした。

そして、決意したとはいえ、トゥーランとの
別れを惜しんで過ごした春だったのです。
三春に滝桜を見に行ったのも、
トゥーランでの“家族ドライブ”、
最後の思い出を作りたかったというわけでした。

買い替えのほうの納車日がはっきりしないまま
結局車検満了前に納車はなく、
5月真ん中の日曜日(車検満了前日)、
市内をぐるぐる走っただけでしたが
最後の最後に、家族でドライブして、
記念撮影に、この春開館した「荘銀タクト鶴岡」
という名の鶴岡市文化会館をバックに写真を。

荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)|鶴岡市

そのお別れからさらに半月経過しまして、
5月は終わり、明日6月1日いよいよ納車。

久しぶりの新車です。

雪道ラン

これ寒波中に書こうと思ってたんですがね…
寒波始まった頃仙台に行ったときの写真です。

雪化粧したトゥーランです。

この日初ってわけではありませんでしたが
雪道らしい雪道をしっかり走りました。

雪道ラン、大好きです。
もちろん安全運転ですが、
“勇気を持って走る”のが雪道ランの心得。

それと、雪道ランが好きなのは
かまくらにでも入ってるような?
“閉ざされてる感”の中にいるって感じが
好きなんですよね。
冬以外のドライブだったら、
開放感を楽しむのがドライブなんでしょうけど。

路面に雪。山道なんかだと雪の壁もあって。
そして雪が降ってると、その雪が
フロントガラスに向かってくるんです。
これが経験ある人にしかわからないですけど、
タイムマシンを映像化したような?あんなようなね。

目に入ってくるものが雪雪雪…という。

その中を、緊張しながら…
これを“勇気を持って”と言い換えてるわけですが
その時間を過ごすのがとても好きです。

だから、雪道ランのときは、
しっかり音楽(CD)を準備して、
タンブラーにコーヒーも準備して、
その時間をしっかり楽しんでいます。
(雪道では考え事もおぼつきません。)

今週、どこにも遠出してなくて、
(基本週一でどこか行っているので)
走りたかったんでしょうね、自分。
昨日ぷらっと往復90キロ弱ほど走りました。

家で過ごす時間とも違う、
カフェとかで手帳を開く時間とも違う。
以前は、車に乗ってる時間が
もったいない(何もできなくて)と思ってましたが、
今は、大事にしたい時間です。

今週末は、久しぶりに家族ランです。
雪道ランに期待します。

今、フォルクスワーゲンに乗っていて思うコト

IMG_7624

今というのは、フォルクスワーゲン社における
ディーゼルエンジンの排ガス不正問題が生じた今、
ということです。

とても残念な事件であり、
はっきり言って“裏切られた感”は
非常に持っています、ユーザーとして。

ユーザーと言っても、
3台乗り継いでますが全て中古であり、あまり
VW社に直結した売上、収益貢献できていない
その程度のユーザーでしかないのですが、
一応、毎日VWのエンブレム付けた車に乗って
一般道を走っているわけです。

車体も、古いタイプですけど、
こんなふうに大事に乗ってるんですよ、
大事に乗れば長く乗れる良い車なんですよって
田舎町で、小さな広告塔になってるかもしれない
私みたいなユーザーも多くいるわけです。

そんなユーザーはもとより、
世界中の多くの投資家の皆さんも
さぞがっかりしてることだと思います。
あっさり手放す人も多いんでしょうけど、
投資家も絶大なる信頼を持っている
そんな企業の一つだったと思います。

嘘は、たくさんの人をがっかりさせます。

これに関するニュースが出たとき、
まっ先に感じたのが、
小室哲哉氏の詐欺事件があったときと、
自分の感覚がとても似ていたということ。

自分が大好きで影響を受けた人、モノから
裏切られた感覚、とてつもなく残念な思い。
許せないし、何か自分も恥ずかしい思い。

本当に好きだから、そう思う。

逆にというか、
“本当に好き”なのを確認できたというか…

とにかく今後の動向を見守り続けたいと思います。
個人的には、もう絶対に“ゴキゲン♪ワーゲン”には
戻れないだろうなと思っています。
そこまでは期待しません。

ただ、誠実な企業に戻って欲しい…そこまでです。

ありがとうママカー、こんにちはママカー。

  

今年9月1日は、奥様の車
“ママカー”ポルテの車検満了日でした。
で、8月31日、ぎりぎりで
買い替えの納車日でした。

月曜日でしたし、利用者奥様が
納車に立ち会えなかったところ、
ま、名義は自分ですし…
家族を代表し、納車を受けた次第。

新しい車の話の前に、
ポルテですが9年乗りました。

   

15万キロまでいきませんでしたが、
家族で考えると一番年数乗った車だし、
上の子お嬢はポルテで育ったようなもんです。
3人家族時代で考えると、ポルテを
我が家の“ファミリーカー使い”してました。

青森、埼玉~那須に行った家族での遠出や、
荷物が増えるバンドやフラの関係も、
ポルテがしっかりこなしてくれました。

とにかくとっても使い勝手がよかった。
便利な道具であり、
家の外の部屋みたいな存在でしたね。

 

そんな、ポルテちゃん?とお別れしましたが、
9年、もうちょい乗ってても良かったか?
と、まだ思っちゃってます。

支払いが残っているわけではなく、
いくら燃費に難あり?とはいえ、
買い替えでの出費を考えれば、このまま
乗ってるほうが経済的だったかも。

買い替えたかったのは、
(そう、買い替えたかった 笑)
トゥーランを買ったことで、
我が家のファミリーカーが2台に?
なってしまった感が引っかかってしまい、
そこを解消したかったんです。

4人になった家族での遠出は
これからはトゥーランがあるし、
買い替えで経済性を問うのであれば
必然的に軽自動車だし…
買うなら新車がいいし…
という今回の、我が家の車購入でした。

イヴ子に続いて、
とっても可愛い家族が
我が家に加わりました。

祝9万キロでございます。

前回77777のゾロ目でお知らせしておりましたが、
3月末頃に祝8万キロ(投稿してませんが)。
そっから5ヶ月弱で1万キロ走行…早かったです。
飛び回った感はありますね、この5ヶ月。
9万キロ行ったこの日も、
山形市内まで行った帰りでした。
到達地点は毎日の通勤路でしたが。

ちょうど駐車帯があったので路駐でなく記念撮影。
テレビ塔のある、高館山という山と青空をバックに。

BGMも、♪青のあ~おさに…の
Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜
YEN TOWN BAND でした。
(9月に復活ライブありますね。)

そういえば88888のゾロ目も、
メーターの写真は撮ってましたが、その日仕事で
上司達と一緒だったので記念撮影は避けました(笑)

これだけ走ってるのは仕事が大半。

この8月は、特に走り回っている。
走り回った分、成果もあげないと。
トゥーランの走りを無駄にしてはならない。
今のところだと、夏を締めくくれないというか、
次の秋を始められない…

もうちょい走るぞ、相棒トゥーラン。
今月いっぱいで一通り決着付けたい。

1年経ったトゥーランと、

  

1年ですか、思い立った決断から。

先週、1年点検でしたが、
残念ながらすんなり終わらず…
今日もう一度ディーラーさんへ。
後ろのブレーキパッド交換でした。
点検費用と合わせて5万まではいきませんでしたが
そのくらいの出費となりました。

中古輸入車オーナーには、こういう覚悟は必要ですし、
トラブルが起きる前に消耗品を替えておくことで
車自体の寿命が延びるわけですから、必要経費ですね。

1年前の納車時の走行距離は63,000km。
今日の点検時で82,557km、2万キロ弱ですか。
このペースじゃ来年10万ですな。

2007年式(初期モデルの最後の年式、
同年にマイナーチェンジ)ですから年数では8年。

10万キロとか10年とか、
そんな尺度でこの車に乗ろうとは思っていません。
まだまだ走り続けますよ。

そうですねぇ、年数、走行距離で考えるより、
例えばお嬢が高校を卒業して、
大学に行くのかどうかわかりませんが
家族が、4人暮らしから3人暮らしに?
なってるとして、その時イヴ子が小学校かぁ…とか。
それ以降、家族4人での車って必要なのか?
とか考えると、次期買い替えの節目は
お嬢の高校卒業後かもしれませんね。

そもそも、イヴ子きっかけの車買い替えでしたし、
お嬢が中学あがる際、大きい車が欲しいなぁ
のイメージからの約1年の前倒しでした。
車やワーゲン自体もちろん好きですが、

暮らしに合わせた車が欲しい、

それがあると楽しく生活できるような…
そんなふうに車やモノとは付き合っていたい。

やはり、車は家族なようなモノですね。

ところで、生意気盛りなお嬢ですが、
トゥーランに乗るときは、
必ず自分のお気に入りCDを持ち込んでは
パパママは大して聴きたくもない音楽を(笑)
聴かされるというね…それもまぁ、
お嬢がトゥーランを気に入ってくれてるからだし、
車内が、家族で音楽を共有できる場でもあるから、
車が、家族にとって大事な空間になっている
ということだと思います。

最近は、金管クラブに通うのに
楽器運搬車としても重宝してますし。
(借り物ですが、お嬢も
 自前のトロンボーン持って通っています。)

夏にはまた、仙台までライブに連れて行く予定です。

そういえば、去年ポロを手放す前の
家族でのラストロングランも仙台にライブでした。

その時の写真が下の。
ポロのどっしりした後姿もやっぱりいいなぁ。

  

それにしても、お嬢の成長っぷりが
1年でこんなに?って思ってしまいますね。
身長どんだけ伸びたんだこいつ…
そう思うと、ポロに乗ってたのが
1年よりもっと前のことのように感じます。