ラジオをテープに撮ったのをYouTubeで聴く。

タイトルに書いた通りなので、この動画、真っ黒です。何も映りません(よくこういうのに画像(写真)つける方いますが、この真っ黒のほうがいいですよね。変にイメージつかない)。

これ、中身は大江千里の、1990年と思われます。演奏してる「APOLLO」(アルバムのタイトルチューンで、そのアルバムが1990年リリース)を、『今年リリースしたアルバムの~』と紹介しているので。30分のラジオ番組だったのでしょうか。27分程度で4曲の演奏(途中ピアノの即興演奏もあり)。

この人の、ピアノ弾き語りがまたいい。

この動画(というか音声)。ラジオを、テープに録音してあったのを、ノイズ除去したりなんなりしてYouTubeに上げたもので、投稿者は“音悪い”ってコメントしているんですが、自分にはとてもいい音に聴こえました。

好きな音楽を、ラジオに釘付けになって聴いてたあの頃を思い出しました。

広告

どこでもデスクトップ。

また最近、ブログに戻りたくているんです。

戻りたくて…とは、これまでは「書けてなくて」とか言ってたのを、言い方変えてみただけのようですが、ブログ書けてない間も、各種SNSでは何かしら書いてるわけでして、このブログが書けていない間というのは、物書きの場がSNSに移ったのだと…だから戻りたいんだと…。

ま、モノは言いようですなw

そのSNSは、Facebookだと家族でどこか行ったりして楽しい思い出が作れたときとか、どこも行けてなくても家族のことを書くことが多くなってます。多くなってますが、やたらめったら投稿しなくなりました。あまり家族との時間が作れてないというのもありますし、やたらめったら“リア充”でもありませんしw

Twitterが、やはり自分にとっては一番リアルかなと。思ってるんですが、Twitterでは書かなくていいこともたくさん書いてたりもします。本来書きたいコトを書けてなかったり。

Instagramが、一番いいのかな?と思ったりもしてます。写真というか、いわばカメラアプリから記事投稿が始まるというのが一番ストレスがないように思っているからです(他のは、撮った写真を取りに行かないといけない感覚)。

そんな各SNSの特性を理解しつつも、一番思っていることは、自分が本当に書きたいコトって「好きなモノや音楽のコト」だったよね?と。

SNSという、どこか見てる(つながってる)人達を意識してしまう“書く場所”ではなくて、とにかく書きたいコト書いて、それを良しとして見に、読みに来てくれる場所って、SNSじゃないな?と思っているんです。

そんなことを、事務所ではない仕事場の、仮設デスクトップ?で書いてみました。愛用品達を常に持ち歩いていれば、どこにでもデスクトップは生まれます。

さぁ、また書きますよ。ブログ。

と、とりあえず書いてみたけど、まずインスタとの連携を図りたいと思っています。ただそういう、ちょっとした勉強をするには、まだ時間に余裕のない暮らしが続いています。

出張の移動時間。

昨日一昨日と、青森に出張してました。
あれ?もしかして今年入って初めての出張だったのか?

いや違った…1月に東京にも行ったし仙台にも行ってた。でも随分久しぶりに、他県に出てきました。去年も、2月に行ってた青森出張。いつもは1人で行くことの多い青森出張は、ロングドライブだけど、無駄のないように途中、秋田に用事を作ったりするのだが、今回は仙台から新幹線はやぶさを使おうということで、東北を移動するという意味では初めて、乗り継ぎの移動手段をとりました(仙台まで自家用車、青森まで新幹線、青森内ではレンタカー)。

移動の苦痛は車だけと比較してどうだったか?は、個人的にはよくわからんが、今回複数人での移動でしたので、“みんなの疲労感”として考えると、やはり楽だったかもしれませんね。

でも盛岡通過するなら、駅ビルだけでも見てきたかったなとか、当然かもしれませんが、やっぱり車が便利だなと思いました。

便利?というか、“過ごす時間を楽しめる、活用できる”とでもいうか。

そんな考え方ですので、新幹線の移動中も、有効活用して仕事のこと考えたり、はたまた寝る事に活用したりしましたけど。

むしろ、ぼーっと車窓を眺める時間にしたほうが良かったのかもしれません…

仙台の夕暮れを見ながら、もう少し仙台にいたいなぁ…つまり買い物したり、牛タン食べたかったなぁ…なんて思いながら、マイカー トゥーランに乗り込み鶴岡への帰路につきました。

そしてやっぱり、東北巡りは車がいいなと。もちろん、家族でねと。

ひとり打ち上げ

仕事の“ひとやま”を越えたタイミングで、1人で(家族で行くのとは別に)職場から近いカフェに行って、時間を過ごすようにしています。

それが(ひとり打ち上げ)。

今回のひとやまとは、2月から3月、そして4月1日までにあった、一山どころかいくつもの山を乗り越えて、ようやく一息つけるタイミングを得た…という感じです。

長い道のりというか、連日長い夜を過ごしてたなと…。

方やお邪魔したカフェのほうも、春休みの繁忙期から一段落し、今週は休暇をとられるご予定。リセット、大事ですよね。

正直、今回についてほ少し長い、1週間とか、そのくらいの休みが欲しいけど、そうはいかない状況。

でも、“ちょっとした”時間が、ちょこちょこ産まれ初めているので、それを余裕にしていきたいと思っている今日この頃です。

それにしても、うちもどっか旅行いきたいなー。

平成29年度の手帳布陣

前回書いたのが年明け。
その次の投稿ということで年度明け…。

この3ヶ月、本当に長かった…。

「おかえり、自分」と自分に言いたい。

そして書かないことには始まらない。
毎日つぶやいてんだから、ちょっとくらい書けるだろ。
とも自分に言いたい。

さて、やはり手帳の話から始めましょう。

前年度と変更ありませんが、
クオバディスエグゼクティブ4月はじまりを新調し、
今年度をスタートしています。

前年度途中から使い始めたので、
まだ使用暦は1年になっていませんが、
2年度目突入です。

週間の管理がクオバディス、
長期の、かつガントチャート的な
使い方が定着してきたリドミニプランナー、
そしてメモ帳づかいのライフ、バーミリオン。
この3冊と、ビックのボールペン。

これらは変わりないのですが、
前年度と変わったのが…

ほぼ日手帳カズンの購入をしなかったこと。

理由は、正直なところ節約。

カズンで一番使っていたのが月間スケジュールでしたが、
一方クオバディスのマンスリーは使ったことなくて。
使いづらい、慣れないかもしれないけど
1冊で事足りるのでは?ということにしました。

年度末の多忙で、手帳の準備が
しっかりできなかったせいもありますがね…。

使用する手帳の冊数は減りましたが、
仕事の量はかなり増えています。

上手い使い方で、この29年度を
しっかり“マネジメント”していきたい…
それが今年度の目標です。

今年もよろしくお願いします。

2017年、最初の投稿です。5ヶ月ぶりだそうです…

書けていないことをどうのと書くことはせず、書いていきたいと思っていますよ。

今年2017年は、1987年からの30周年という、自分の中で勝手に決めてたアニバーサリーイヤーです。

30年前の自分は、中学2年生でした。ちなみに、長女“お嬢”が今年中学2年。思春期というか、いわゆる“中2病”の盛り。性別も違いますし、時代も違いますから、自分とお嬢の“中2病”ではだいぶ性質も違うでしょうが、お嬢には、とにかく多感な中学校生活を送って欲しいと願っています。

1987年、中学2年の私は、たくさんの音楽にのめり込んで行きました。

つまり、音楽リスナー暦が30周年。

今でも自分を多感だと思っていますが、数々の、音楽との出会いがあったからこそ今も自分こんな…なんだと思っています。

今年は(前々から)このブログ「モノオト」で自分の音楽遍歴30年をしっかり振り返って書き記しておきたいと思っていました。

そして書きたいことをしっかり書く時間を持てるようにする。それが今年の目標です。

あとは、過去記事の整理をして、ブログというより自身のサイトとして(投稿じゃなくても)日々メンテナンスしてブログを放置しないように心がけていきます。

もちろん“モノネタ”も忘れずに。“好きなモノと音楽”で、皆さんとコミュニケーションとったり新しい出会いもあって欲しいなと思っています。

2017年、今年もブログ「モノオト」をご愛顧下さいますよう、よろしくお願いいたします。

手帳の手持ちの良さ。

明日(9月1日)になれば、ほぼ日手帳のリリースがあったりと、そんな時期になりましたが、ここ数年は、あまりこの時期では“次の手帳”のことは考えていなくて、というかそういう余裕がないのか…。

今年は、7月に入る週から、クオヴァディス・エグゼクティブの使用を開始し、今ちょっといい感じだなぁ、と思っているので、来年の手帳にあまり興味を持てずにいるのかもしれません。

「ちょっといい感じ」というのは、そのクオヴァディス単体の使用についてもだし、もう一つのメイン手帳である、リドミニプランナーとの相性的なことについてもだし、それぞれのカバーとの関係もそうだし…ということで、“手帳の手持ち”というのを、ここ最近楽しめているなぁ、なんて思っています。

とはいえ、2冊を持ち歩くときというのは、通勤時(鞄の中)だったり、事務所内(クオバディスは基本デスクトップのみでの使用)くらいであり、リドで仕事とプライベートの両方を網羅しながらも、クオヴァディスを持たないことで、オン・オフの切り替えが上手くできている…という感覚なのかもしれません。

・手帳としてうまく機能させることができている。
・快適に持ち歩くことができている。

これが、“手帳の手持ちの良さ”なのかなと思います。

などと言いながらも、いろいろと、モノも情報も整理できず、決してスマートとは言えない日々を送っております。怒涛の秋にならないよう…気をつけながら、繁忙期を楽しむことができたらいいなと思っています。