【読了】関係人口をつくる

今年は読書のペースが速いw

1月なのにもう2冊も読みました。
特に読書を今年の目標に掲げているわけではありません。
たまたま年明けに、本屋でポポンと
読みたい本が目に付いて買ってあったのと、
そういうのを鞄で持ち歩いてしまうので
早めに読んで鞄の中をすっきりさせたかった次第です。

今年というか、今月はとにかく身辺整理がテーマ…

そんな話はさておき、読み終えた本は
人口減少がテーマな1冊。

本の感想の前に早速ですが、
私が住んでいる市にもこういうサイトがあります。
つるおか移住・定住促進サイト「前略 つるおかに住みマス。」

同じサイト内ですが、こういうのもありまして…
『田舎暮らしの本』第4回日本「住みたい田舎」ベストランキングで東北第1位に!

輝かしい?人気を?誇る我が市でございますが、
山形県内においても“すすんで”人口が減り続けております。
仕事柄、山形県の庄内地方の人口推移を
いつも気にしているんですけども、
この人口減少について考えると、
とてもとても前向きにはなれない…というのが本音です。

人口が減っていることにより、自分の気持ちが滅入ります。

ですがそれは内心で、結構前向きに
仕事に取り組んでいると自分では認識しています。
仕事のほうは商売ですので、売上とか利益とか
とにかく“右肩上がり”をイメージというか
目指さなければならないわけなんですが、
人口が減る、マーケットが縮小されていくなかで
さらにこの先それがもっと…と解っている状況からすると
ほんとキツイんです…でも前向きにね、やってますよ。

人口の減少について、
仕事以外でも認識していないといけないのが、
同じ市内の、住んでる漁村のことです。

ちなみに漁村にもこのようなサイトがあります。
ゆらまちっく

この漁村、約300世帯、人口にして
1,000名をまもなく切りそう…というところです。
この漁村で、わたくし45歳の若輩者だと思っていますが、
自治会の役員を仰せつかっておる身でして。

かといって何か躍起になって
活動しているってわけではないんですけど、
やっぱり考えてはいかないとねぇ…くらいの、
まだその程度の認識なのですが、
今回本屋でたまたま「関係人口」という言葉に目がとまり、
本を手にしたのでした。

ちなみに木楽舎の出版ということで、内容についても
雑誌「ソトコト」とも切っても切れない内容でした。

「ソトコト」も、いつもチェック(立ち読み)したり
わりと買ってるほうです。
最近の、地域コミュニティとかソーシャルとか、
気になる題材が取り上げられていますのでね。

うん…こういうの、流行りになってるんですよね。

本の中にも書いてありますが、
今私たち過疎地に住んでるほうって、どちらかというと
流行りの事象がこっちまで届かなかったりw
はっきり言って時代遅れだから過疎化しちゃってるんですけど
人口減少の時代に突入したと思ったら、
どうやら我々過疎地に住んでるほうが
時代の先端に立つようになってしまったわけです。

地区の小学校の閉校に関わってから、
そのことをずっと感じていました。
今自分たちの地区で起きてることが、
いずれ(まだ一応人口のある)街のほうの学校でも
起きてくるんだろうなと…。

話が読後の感想とか、
「関係人口」のことになかなか進みませんけれども、
正直もっと「関係人口」のことについて
あれこれ書いてあるんだろうと読み進めたところ、
これがそうでもなくて…ということを、
著者も本のおわりのほうで触れてらっしゃいました。

でも、移住までいかないけど「交流人口」ともまた違う
「関係人口」という切り口があること、
そこにヒントがあることを知ることができたかなと思います。

ただ、今はちょっと、そこに躍起になるより
まずは自分自身が、この地区、この地域での生活を
しっかり楽しむことが先かなぁ、と思っています。

以上…いつもそうですが、書評じゃありませんw
読んで、自分が何を思ったか、感じたか、を書いています。

※「関係人口」についてはちょうど今発売中の
「ソトコト」最新号でも特集していましたよ!
ソトコト 2018年2月号 関係人口特集

広告

GIVE YOU A BEAT ~ NERVOUS|TM NETWORK

gorilla_tmnetwork

GIVE YOU A BEAT ~ NERVOUS|TM NETWORK

GIVE YOU A BEAT/作詞・作曲:小室哲哉、木根尚登 編曲:小室哲哉
NERVOUS/作詞:川村真澄 作曲:小室哲哉 編曲:小室哲哉

1987年、私は中学2年生でした。

1学年2クラスという少人数の中学でしたが、
2年になるときはクラス替えがありました。
その2年になったときにできた友達が、
私に2本のカセットテープを貸してくれました。

そのカセットは、どちらもTM NETWORKのアルバムで
3rdアルバムの「GORILLA」と、4thアルバムの「Self Control」。
「Self Control」のほうが1987年2月のリリースで
当時の最新作だったわけですが、
私にとってのTM NETWORKとの出会いは
「GORILLA」と「Self Control」が2枚同時でした。

そして、先に出たほうの「GORILLA」から聴きましたので
アルバム1曲目の「GIVE YOU A BEAT」が、
私にとって“初めて聴いたTM NETWORKの音”だったわけです。

「GIVE YOU A BEAT」は短い曲で
アルバムの世界に引き込むための誘導曲とでも申しましょうか、
そしてなおかつ次の曲との曲間がなく
2曲目の「NERVOUS」になだれ込んでいきます。

実の話、私はそれをしばらく1つの楽曲だと思っていました。

借りたカセットには、曲のタイトルがちゃんと書いてありましたし、
歌詞でも「ソウ、ナーヴァス、ナーヴァス~」と
はっきり歌っているにも関わらず、
『2曲目のNERVOUSはどれなの?』と思ってました(笑

そんな思い出もあって、私にとってはずっと
「GIVE YOU A BEAT」は「NERVOUS」のイントロなのです。

「GIVE YOU A BEAT」は、前述もしましたが
アルバム「GORILLA」の世界観を表す1曲であるのと、
ピアノとシンセサイザー、それとメンバー3人の
コーラス(メインボーカルはもちろん宇都宮隆)で出来ており、
短いけれども(当時の)TMの世界観そのものだったと言えます。

それに続く「NERVOUS」(というかアルバム全般)は、
生ドラム、生ベース、生のブラスセクションも入っています。
TMというと、デジタルな感じを思い浮かべる方が多いと思いますが、
本作(このころ)はそうでもないんですね。

ここで参加ミュージシャンを(敬称略)。
ドラムス/青山純 ベース/伊藤広規
ギター/清水信之、佐橋佳幸、北島健二
シンセサイザーマニピュレート/迫田到、松武秀樹
コンピュータプログラミング/久保 “COZY” 浩二
サックス、ホーンアレンジメント/中村哲
トランペット/兼崎順一 トロンボーン/早川隆章
サックス/Lenny Pickett
コーラス/渡辺美里、Curtis King
コーラス & ラップ/Brenda White-King、Tawatha Agee
ラップ/The Wild Bunch、DJ Nellee、3D “The Cool Breeze”、
Mil’o、Papagee、M.C. Williwee
フィンガーティップス/小室哲哉、小坂洋二

1986年のリリースで、ニューヨークやロンドン、
いわば本場のラップを取り入れているというのは
かなり先進的だったのではないかと本作は評されていましたが、
自分にとっては初めて触れた音楽(TM)がこれでしたので
こういうもんだと思って聴いてましたね。

アルバム「GORILLA」は、FUNK色が強い作品です。

当時TMは、そのファンのことを「The FANKS」と言っていて
私たち(私と友達)も“ファンクス”を名乗っていたんですが、
この「FANKS」というのは、小室哲哉が考えた造語で
(この方は造語をよく産み出す方である)
音楽的な「FUNK(ファンク)」と、楽しいの「FUN」、
そしてTMのファン「FAN」、その複数形…
つまり、その時のTMの音楽性と、
それを共有する人すべてを「The FANKS」と総称したんですね。

TMを好きになった私は、徹底的に情報収集しました。
(というか何かを好きになると、徹底的にそれをします。)
雑誌が主な情報収集源でしたが、もう一つがラジオです。

当時、東海ラジオ放送の「SF Rock Station」という番組で
小室哲哉が火曜日のパーソナリティーでした。
私は、ラジオを聴きながら、TMのこともそうですが
小室哲哉という一人の人間にどんどん興味を抱いていきました。
小室哲哉…ここでは“てっちゃん”と呼ばせてくださいw
てっちゃんがどんな音楽を聴いてきたか?
それを自分も追いかけることで
どんどんいろんな音楽に耳を傾けるようになりました。
洋楽ロックと、クラシックについてはほとんど彼の影響です。

当時のラジオですから、番組にハガキを出したりもしてましたね。
番組のコーナーで「The FANKSおとこ組」というのがあったんですが
(そんなのがあるくらい、FANKSのほとんどが女性w)
その限定メンバーズカードが当たったのは本当にうれしかったです。
(50枚限定で、ナンバー49!)

この原稿、何日も前から書いてあったのですが、
そろそろ投稿しようと思った昨日、きな臭い一報があり…
今日本人の口から引退表明がありました。
そうか…と受け止めつつ、彼に対する自分の想いに
何か変わるのか?と、自分に問いかけても何も変わりはありません。

小室哲哉…てっちゃんは、私にとって人生最大のアイドルです。

TMと、小室哲哉という人間を追いかけることで
私の、“音楽が好き”が始まったのでした。
その始まりが、アルバム「GORILLA」「Self Control」であり
「GIVE YOU A BEAT ~ NERVOUS」だったのです。

1987年、中学2年、あれから30年が経ちました。

自分の娘が今中学2年生。
同じように、音楽ばかり聴いています。
それもこれも、元を辿れば、小室哲哉であり、
カセットテープを貸してくれた、中学2年に出会った友人なのです。
彼も、今日の引退表明をどう聞いたかな…。

【読了】デスクと気持ちの片づけで見違える、わたしの仕事時間

年末年始に、職場のデスク周りを片付けておりました。
(年末年始というか年末にね、済ませておきたかったわけで。)

片付けたいところは、他にもたくさんあるわけなんですが
職場と家庭で言えば職場のほうがまだ片付いているほうで
家のほうのね…あちこち片づけが、
2018年がんばらないと…そう思っている新年です。

現状、職場の机だけ片付いているような状態です。
(今日のところは写真とか証拠をお見せしませんがw)
ちなみに職場同様片付けたいのが、
・通勤バッグの中(←かなり重症)
・自宅デスクの上(←かなり重症)
・車内
あと、金管クラブの音楽室とかね…とにかく片付けたい。

整理できてないから片付けたいというのがもちろんですが
今仕事をしているうえで、
“このタイミングで諸々整理しておかないと…”
という、1月(年頭)だからってわけでもなく、
今ね…そういう“境遇”なんですわ。

で、片付けの本なら今までも買ってましたし、
本屋に行けばたくさん、役立ちそうな本があるわけですけど
“働く女性的な”、そんな切り口の本はないものか?
と見に行ったらすぐさま見つけて買ったのが、
今回購入した本でございます。

なぜ女性的な片付けのを…と思ったかというと、
自分ちの奥様見ててももちろんですけど、
正直なところ“主婦の要領の良さ”には
男性はかなわないと思っていて。
主婦の方々の片付けとか、時間の使い方とか。

子供がいれば育児もでしょ。
そして今や“女性が働きやすい社会づくり”なわけです。
これからは、女性にますます頑張ってもらおう!とか、
根本“働き方改革”とか言ってるご時世なわけです。

持論がありまして…
女性が働きやすい、がんばる社会を作るには、
男性は今より5倍以上がんばらないといけない…
今そんな時代を迎えていると思うんですね。

学ぶべきは“女性の働き方”なのかなと。

全然本の中身に触れてませんでしたけど、
写真の多様とか、基本見開きページで1項目完結型とか、
とても読みやすい本でした。
おかげで新年1冊目をすんなり読了することができました。

そして何より、仕事(職場デスク)の本のようで
生活、暮らしとのバランス…つまりワークライフバランスを
整えることの大切さをこの本は教えてくれます。
自分のワークライフバランス、
そして我が家においても、どう奥様をフォローしたら
家族全体のワークライフバランスを整えられるか…
とても参考になる本でした。
あれこれ実践したいと思います。

著者が主宰するこちらも、とても興味深いものでした。
OURHOME

2018手帳開き~リドミニプランナー編

手帳開き、2冊目はメイン手帳のリドミニプランナー。
2014年から使っているので今年5年目ですね。
12月に伊東屋銀座本店で、
青のカバーが店頭在庫なくてちょっと焦ったけど
今年もしっかり青カバーです。

今年の手帳開き(書き初め)については
ツイッター上げた内容をそのままで割愛いたします。
例年との違いについてご興味ある方は
過去の投稿もご覧下さい。

手帳書き初め2016_準備編
手帳書き初め2016_書き方改め編

スケジュール欄は年々縮めてきてたのね。

つまりガントチャートとしての使い道が合ってるんだと思います。

今年は事務所のデスクでの手帳開きでした。
その時、その場所をイメージできずに
7日まで経過してしまってましたが、
去年の手帳を見ると、セッティングを済ませたのは
去年より1週間早かったようです。

本当は元旦にしたいんですけどね。
来年それができるか、
そんな1年にできますでしょうかね。

2018手帳開き~ほぼ日5年手帳編

ぎりぎりお正月でしょうか。
7日を迎えてようやく新年の手帳を開きました。

仕事“だけ”の手帳(クオヴァディス・エグゼクティブ)は
4月はじまりを使っていますので
1月に切り替えるのはリドミニプランナーのほうでしたが
今年はほぼ日手帳からの新作
「ほぼ日5年手帳」を購入していましたので
2冊の手帳の手帳開き、書き初めでございました。

「ほぼ日5年手帳」をご存知ない方はほぼ日のサイトをどうぞ。
https://www.1101.com/store/5year/


とりあえずパーソナルデータを書きましたけど、ちなみに
この5年手帳を外に持ち出すつもりは全くなく、
家に置こうか会社に置こうか?はまだはっきりさせてませんが
とにかくデスクトップダイヤリーの予定です。
予定なんですが…今日使ってみたら、
考えてみればA6サイズだし、
厚めの文庫本持ち歩くようなもんか?
とか思ったりで持ち歩いてみようか?とも思ったり。
何にしろパーソナルは書いてみました。


続いてむかったのが、家族それぞれの誕生日と、
結婚記念日。いわば家族でお祝いする日のページ。
そこの上のところにBirthdayとか結婚記念日とか書きました。


そして5年分の、年齢を書き込みました。
これについては似たようなことを毎年やってましたので
どういう効果があるかっていうのは十分理解してましたが
家族それぞれの5年先までいろいろ考えますわね。


これは家族のでありませんが、職場のアニバーサリーも。
サラリーマンなので5年同じ職場で働けているか
保障はないんですけど…とか言って15~6年選手です。


今日が7日でしたので、
書いてなかった6日分のあれこれを書いたんですが
西暦と曜日が書いてあるところの
右から書こうか下のところから書こうか?
両方試した結果、写真のとおり右のところから書いて
下のところは空けて書くようです、自分。
方眼を無視するのは以前にほぼ日手帳使ってたときと同様です。
無視して5行が、自分にとってはちょうどいいみたいなので
とりあえず5行日記になりそうです。

これ、無条件で購入を決めた手帳でしたが、
無条件に楽しめそうな気がしてます。5年続けばねw

さて、引き続きで
リドミニプランナーの書き初めもしたんですけど、
それはまた別の日に。

音楽リスナー30周年(くらい)記念、歳の数だけ45曲のプレイリスト!

2018年、新年明けましておめでとうございます!

2017年中に投稿したかった内容でしたが
この投稿をもって新しい1年をスタートします。

そして投稿としては未完成のこれ。
1曲1曲へのコメントを加え、この原稿を完成させるのが
2018年はじめのほうの、主な投稿になろうかと思います。

本年も、何卒ブログ「モノオト」をよろしくお願いします。

今回は、ほんとやっつけのようですが、
45曲を列挙してるだけです。

私が音楽を聴くようになってだいたい30年くらい。
好きで聴いてきた音楽ですから、その中から
好きなだけで45曲ピックアップするのは到底無理な話。
ここに挙げた45曲は、
この30年くらいの私の人生のなかで、
特別な楽曲となっているものです。

そんな四方山話もいずれ書くことにして…
今日はほんと列挙だけ…では!

Here We Go!

【disk1 ~ 80年代(中学・高校時代に聴いてた音楽)】

・GIVE YOU A BEAT ~ NERVOUS|TM NETWORK
※いきなりなんですが、ここは2曲で1曲扱い。

・ミッドナイト・レジスタンス|米米CLUB

・Long Night|渡辺美里

・塩屋|大江千里

・Self Control|TM NETWORK

・One More Chance|Pet Shop Boys

・Luka|Suzanne Vega

・君の瞳に恋してる|Boys Town Gang

・うれしい!たのしい!大好き!|DREAMS COME TRUE

・あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう|岡村靖幸

・Forget-me-not|尾崎豊

・陽のあたる坂道で|東京少年

・This World Over|XTC

・Gospel John|Maynard Ferguson

【disc2 ~ 90年代(CDが凄く売れてた時代、凄く買ってた時代)】

・Replay|Mr.Children

・太陽|橘いずみ

・太陽の理由|かの香織

・歩き続けよう|古内東子

・WOW WAR TONIGHT ~時にはおこせよムーブメント~|H Jungle with t

・I’m proud|華原朋美

・CAN YOU CELEBRATE?|安室奈美恵

・アジアの純真|PUFFY

・ぼくらが旅に出る理由|小沢健二

・ロマンス|原田知世

・あくまでドライブ|奥田民生

・すばらしい日々|矢野顕子

・Time After Time|Miles Davis

・You’ve Got a Friend|Carole King

・楽しい時-Fun Time|佐野元春

・River’s End|鈴木祥子

【disc3 ~ 2000年以降から今現在】

・忘却|鈴木祥子

・あたしをみつけて|JUDY AND MARY

・HANABI|Mr.Children

・ぼくが一番欲しかったもの|槇原敬之

・x|石野田奈津代

・青いエアメイル|松任谷由実

・くちなしの丘|原田知世

・Newdays|Schroeder-Headz

・I am|TM NETWORK

・How do you feel now?|安室奈美恵

・あーだこーだそーだ!|ウルフルズ

・I’m So Glad I’m Standing Here Today Lyrics|The Crusaders

・Isn’t She Lovely|Stevie Wonder

・Father Figure|鈴木祥子

・WE ARE MUSIC!|米米CLUB

WE ARE MUSIC!

あまり日数、時間がなくなってきましたが、
今年中、いやなんとか20日まで…
45曲のプレイリスト作りは、日夜…進行中。

いろいろあれこれ進行中だし、だいたい師走だし。
とにかく2017年をやりきれるか…
そんな追い込みで毎日やってます、あれこれを。

さて。
自分にとって2つある“音楽好きとしてのルーツ”
の1つ、

米米クラブ

今年はツアーもあって、宮城のとか
行きたかったんですけどね、かなわず。

実は、再活動後の彼らの音楽ってあまり聴いてなくて
何か聴いてみようと思ってつべってみたら、
知ってた曲でしたが、映像(ライブの)見たら
メンバーの楽しそうな姿を見てたら、
ほんと良い音楽だなって思いました。
(たらたら変な文章でした。)

一度解散して再結成、再活動のバンドは、
どこもだいたい楽しそうにやってますねw

楽しいが、何より。